04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

2014年のダニ対策まとめ

2014年08月25日
6月30日
撮った写真を整理していてダニ発見
何枚か例をあげると

クチバシのわき
ダニ1

左の子 耳のところ
真ん中の子 クチバシ
右の子 胸
ダニ2

首回り
ダニ3


ツバメに限らず野鳥の巣にダニが湧くのは珍しくない
ダニがいても驚くに当たらない
ヒナの成長に影響のない程度の数なら問題なし
しかし、大量発生すると、弱い子は生命の危険にもさらされる

そんな事態になって、ヒナを保護せざるを得ないような
状況にだけはなってほしくない

すべてのヒナが健康に育つためには
ダニを退治したほうが良いに決まってる


ということで、

翌7月1日 巣を下して確認することにした




だけど、目視では全然ダニを確認できず
ヒナちゃんたち元気だし、ダニもそんなに多くないのかな
と、写真を何枚か撮ってもとに戻した

そのあと、お掃除していたら小さな動くものを発見
拡大鏡を持ってきて見てみたら、やはりダニ

巣を動かしたことで、ダニが落ちたらしい
(写真は拡大してあります)
ダニ5

ダニの小ささは、新聞の文字と比べてください

気が付けば、お掃除していた大家の手のひらから手首の上あたりまで
吸血していない白いダニがモソモソとたくさん這いずりまわっていた



ヒナちゃんたちを撮った写真を拡大して確認
ヒナちゃんたちの頭にダニ、翼にもダニ、
吸血後の赤黒いダニ、やっぱりいた
 ダニ4
 

また巣を下して、今度はヒナちゃんたちを一時避難させ
巣を振るってゴミを落としてみた
ダニ9
表面から見ただけでは分らなかったが
巣の中にはたくさんのダニが隠れていた


ピレスロイドは、温血動物には、悪影響ないとのこと
だけど、ヒナちゃんに薬品が触れることは心配もあり
巣台と、巣の裏側から噴霧しておいた
これで、おおかた、退治できるはず、との算段

ヒナちゃんを一時避難先から元の巣にもどしたら
ヒナちゃんから落ちたダニたちが右往左往
ダニ8

ダニは皆無であることは理想だけど  
たくさん退治できたはずだから
そう神経質になることもないか

だけど、そんな、なまやさしいことで話は終わらなかった


そのあとで撮った動画を見て驚いた
ダニが這いまわっている
ヒナちゃんのクチバシを見ていると分かる
http://video.fc2.com/content/20140701ew3qKZq7/

巣の裏側にキンチョールしたことで
ダニが巣の奥から表に逃げ出てきたのかも



7月2日
巣の写真を拡大して見ると、ダニが巣の周りにいっぱい
(拡大しないと見えません、クリックしてみて)
ダニ6

きゃ~まだ、こんなにウジャウジャ
これじゃあ、ヒナちゃん可哀そう


もう捨てるしかない巣からは、また、こんなにたくさんのダニが出てきた
ダニ7

直射日光に当てられて右往左往するダニたち
http://video.fc2.com/content/20140702ReaUHrFc


こんなにたくさんのダニが入れ替わり立ち代り
ヒナちゃんたちを襲いにきたんじゃたまらない
ダニを退治できても卵が残ってることもある


籠巣への引っ越しを決行することにした
(これは一時避難先) 
ダニ10

籠巣の中の工夫は、こちら↓の記事をご覧ください
http://tubamedayori.blog53.fc2.com/blog-entry-788.html



7月3日 
はたして除虫菊の粉の効果は?

写真を拡大してもダニ見えず 頭についていたダニも無し
ダニ13


その後、
何度か巣のお掃除を兼ねてダニの確認するも見当たらず
7月7日のヒナちゃんと籠巣
ダニ11



たぶんトリサシダニ
吸血してない時は白っぽく、吸血すると赤褐色色になる
マダニのように長く食いついてるわけではなさそうで
ヒナちゃんに付いているダニも次第にヒナちゃんから離れて這出てくる

ヒナちゃんについているダニはアルコールや薬品で取るよりも
自然落下のほうがヒナちゃんへの負担が少ないと思う

アルコールの使用はヒナちゃんに危険が伴う
しかも、アルコールに殺虫作用はなくダニは死なない
(一時的に気絶したようにはなるが復活する)

巣にいる大量ダニを駆除できたら、あとは
ヒナから落下したダニが死滅する環境をつくれば良い
ヒナちゃんに悪影響を与えないことを考慮しながら
安全な方法で鳥に無害な殺虫剤を使用してダニを退治しよう
殺虫剤を使用しなくても、何度か巣の掃除をするだけでも十分効果あり


ちなみに
人工巣 ふちの高さは2センチ程度がベスト
深さ2センチ
タオルのような
爪がひっかかったり、絡みやすい繊維の使用は不適当


・今年の教訓
ダニは小さいので、その発生は目視では確認が難しい
撮った写真を拡大してみることで確認できる
ダニは巣材の奥に隠れているので、
表面的に見ただけではその被害状況は把握しきれない
そして、常に観察怠らないことが大事
ツバメの行動に不審なことがあったら迷わず原因をさぐること

ダニは吸血しなくても2~3週間は生存可能
ダニの寿命は2~3ヶ月
この間にメスが産む卵の数は50~100個
卵は1~2日後に孵化し、1~2週間で成虫になる


・こちらの記事もどうぞ
ダニについて(2013年02月02日)
ダニの駆除について(2010年06月26日)


・面白い記事を見つけた
都会の鳥は吸い殻で巣を守る
City birds use cigarette butts to smoke out parasites
http://www.natureasia.com/ja-jp/ndigest/specials/44529
ポイ捨てされたタバコの吸い殻を巣の内張りに利用することで、都会に住む鳥は、ダニの寄生を防いでいるらしい。


≪追記≫
ツバメに限らず、野鳥にはダニがいても、それが自然なのですが
やはり、こんなに多くのダニを見てしまうと
ツバメの巣作りを敬遠したいと思われるかもしれませんね
でも、たいていの家主さんはダニに気づかないままで
巣立ちを迎えていることのほうが多いと思います

ヒナが巣にいる間は、ダニが巣を離れ出てくることはありませんし
ほとんどの場合は、家主さんに被害が及ぶことはありません

どうしても、ダニが気になるようでしたら
巣立ったあとの巣を撤去なさることでご心配は解決できますが
ツバメの古巣がたくさん並んでいるお家でも、私の知る限りでは
ダニの被害が人まで及んだことをお聞きしたことがないのです

くれぐれもツバメの巣作りを忌避なさいませんように・・
と、よろしくお願いしたいと思います


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
関連記事
web拍手
ダニに関して | コメント(20)
コメント
あゆみさんへ
昨年のお話をお聞きして、その時のお気持ちをお察しいたします
ツバメの家主となることは嬉しいですけど、大変なこともありますね
本当に毎日がハラハラドキドキ、でも巣立った時の感動は何事にもかえがたい感動がありますよね
我が家でも、母ツバメが子育て途中でいなくなったことあり
ヘビにヒナを食べられてしまったこともあります
そういう経験をなさった家主さんは多いと思います
掲示板のほうでは、同じような経験をなさった皆さまからのアドバイスも受けられるかと思いますので、ぜひお越しくださいますように
ツバメさんが帰ってきたら、ぜひ様子を教えてくださいね
お返事ありがとうございます
早速お返事下さりありがとうございます!
本当に有難いです。

実は毎年うちのツバメは蛇に狙われ、無事に巣立つ年もありますが時には蛇に獲られたりする年もあり…今年こそは守ってあげたいと思っていまして、一応壁にビニールを張ってみようと思ってはいるのですが、うちは毎年巣立つと巣を落としていたのですが、巣を新築している期間に卵が産めていたら蛇が活発に動く時期になる前にヒナが育つのでは…?と考えたりした為、今回は巣立ち後も巣を落とさず一年間残していたのですが、やはりダニの件が気になりご質問させていただきました。
蛇も怖いけど、ツバメからしたらダニも辛いのかな…と悩んでしまいますが、ご意見も参考にさせていただきながらきちんとツバメが帰って来る前に決めようと思います。

昨年は蛇以外にもツバメにとって災難が続き、見守っていた私もとても辛い年でした。(ヒナがまだ孵って数日のところで親ツバメのつがいの一羽が居なくなり、一羽だけでの子育てが始まったり、ヒナが大分大きくなってきてからなぜか他のツバメがヒナを襲いに毎日来たり…と大変な年で、何とか出来る限り守ろうとしましたが力不足もあり……悲しくてしばらく思い出しては泣いてしまう毎日でした)
今年は昨年つらい思いをさせてしまった分、幸せな子育てや巣立ちになってくれたら…と祈るような気持ちでいます。

また何かあったら質問させていただけたら嬉しいです。
わかる限りの事でいいのでアドバイスいただけるだけで本当に有難いです。

今回も本当にありがとうございました。

長文失礼いたしました。


あゆみさんへ
はじめまして。
今年もいよいよですね。空が気になる時期となりました。
昨年はいろいろ大変だったようですが、今年は順調だと良いですね。
ツバメがいなくなってから孵化したダニは吸血相手を求めて移動したと思います
孵化しないままで越冬し半年以上生き続けている卵があれば問題ですね
そういうことがあるのかどうか、そこまで詳しく知らないのですけれど、
ご心配であれば、古巣は取り去って新築してもらうことに問題はないと思います。
我が家も、今年は新築です。
はじめまして。
ツバメの帰ってくる時期がもうすぐなので、気になることがあり調べていたらこのブログにたどり着きまして、もし良かったら伺いたい事がありコメント欄にお邪魔しましたm(__)m

昨年はツバメにいろいろな不運が重なり、いろいろあったのですが、その一つに、巣で一羽だけになっていたヒナが亡くなったという事があるのですが、亡くなってから巣から取り上げ埋葬する前に見てみるとダニがヒナにわいていて、巣を確認すると巣にもダニがわいていたので、アルコールスプレーや、数時間後にはキンチョールやダニ駆除スプレーなどして駆除しました。

その巣の事なんですが、そのまま今も残してあるのですが、ツバメがまた今年帰って来る前に巣を落としておいた方がいいのか…気になっています。
その巣をまた今年ツバメが使うと、去年わいたダニの卵が孵ってツバメに付いたりしてしまうのか…。
気にせずそのまま巣を使わせていいのかどうか。
ご意見やアドバイスをいただけたら嬉しいです。

よろしくお願いします。



ちやこさんへ
無視なさることが一番良策と思います
めげずに頑張りましょ!
ご心配おかけしました
大家さん、ありがとうございます。

管理人さんは大変ですね。

色んな意見は当たり前だし、つらくても、嬉しくても、受け止めなければと思いますが、他人のニックネームで掲示板に投稿することは?です。
ちやこさんへ
対応が遅れてご心配をおかけしました
ときどき変なことが起こりますね
削除しておきましたのでご安心ください
「ツバメさんを嫌いになることは絶対にありません。」
のお言葉は削除するには惜しいので
残しておきますね~^^
掲示板に
私が投稿していない

これは?

というのがありました。

削除の仕方がわかりません。
ちやこさんへ
追記をありがとうございます
ツバメがいなくなると害虫だらけになるでしょう
「ダニを運ぶ以上に幸せと暖かな気持ちを運んでくれる」
そのとおりですね
ちやこさんへ
ちやこさん、大いなる励ましをありがとうございます!
昔からツバメは益鳥として大事にされてきましたよね
ツバメには天敵がいっぱい、守ってあげたいですね

ワイルドベリーさんへ
ワイルドベリーさんにとって、今年は、特別な年になりましたね
ツバメと深くかかわると、辛い思いをすることもありますけれど
それ以上の幸せや感動を運んでくれるように思います
他の野鳥や飼い鳥では経験できない貴重な体験ですよね
そういう体験をさせてくれるツバメさんを大切にしてゆきたいですね
追記
ツバメは蚊やハエ、その他害虫を沢山食べてくれますよ。

農薬や殺虫剤より余程人間に優しいはずです(*^^*)

そして何より、ダニを運ぶ以上に幸せと暖かな気持ちを運んでくれます!

大家さんがダニ対策を公表した勇気に対して、どうかご理解くださいね(*^^*)
ダニも生き物
大家さん、こんばんは!

私は、あえてダニの存在を公表する大家さんの勇気に拍手です!

琴音さんのお気持ちも理解できますが、地球は人間だけのものではないし、小さな命を大切にすることが、ひいては人間を守ることになります。

ダニ対策は、バードリサーチや、ツバメ観察全国ネットワークで詳しく紹介されていますよ。

どうか、ツバメが益鳥として大切にされてきた理由、わかって欲しいな(*^^*)
つばめと人
野鳥と言えども、ツバメは本当に人と関わる貴重な野鳥だと思います。つばめさんはスピリチュアルな生物でパワーを感じる家に巣を作るという説もあるようです。たまたま 巣を作った先の家主さんが面倒がって巣を壊してしまう例は多いようです。燕さんの営巣を受け入れると後々燕さんの危機を目の当たりにしますし無事に巣立ちを迎えられる事も難しいようです。私は始め、軽い気持ちで営巣を受け入れましたが観察しお世話してみると 本当に燕さんは人の気持ち(言葉も)通じていると思います。色々と危機もありましたが、本当に特につばめさんと関わり過ごした今年の夏は私の人生で忘れらないほどの数々のドラマと感動がありました。つばめさんを受け入れるには生活と心に余裕がないと無理だと思います。愛くるしい燕さんの声を聞くと、その姿を見ると とても幸せな気持ちになります。
琴見さんへ
まあ、それも、、
人それぞれにご事情もおありでしょうから、良かろうかと思います
こんなにダニを運んで来るんじゃ、
燕はお断り。
もし来たら、水道水で巣を破壊しちゃいます。
琴見さんへ
初めまして~
ダニを見ちゃうと、、そのお気持ちも分かります
ダニは嫌われ者ですからね~
でも、まあ、そう仰らずに
もしツバメが来たら迎えてあげてくださいね
害虫ダニには絶句!
管理人さん、初めまして。
ダニダニつばめの雛。
無数の拡大ダニの巣映像。
「うわ~、つばめはお断りだわ!」
ワイルドベリーさんへ
ダニが大量にわくと、親ツバメも巣に近寄るのをイヤがるようになるので、ヒナちゃんたちは、ダニの吸血と餌不足のダブルパンチになりますね。我が家も、気付くのが遅れたらどうなっていたことか、、、6羽そろっての巣立ちが危ぶまれたかもしれません。
そちらでも、末っ子ちゃんの元気な様子が見られて、そんなときは本当に感動しますね
ツバメに深く係っていると、悲しく胸の痛むこともあるかもしれませんが、こういう時はとても嬉しく、家主冥利につきますよね~
また、来年もめげずに頑張りましょ!
ダニについて
そうですね、私も大家さんにアドバイスを受けてから一度は、巣の中のダニを確認したんですがその時は気が付かなかったんです。だけど二度目には本当にたくさんの動く小さい黒い物体を発見して驚きました!中の巣材を全部捨てるしかありませんでしたから、急遽、人口巣材(ダニが目立つように白いTシャツを切って敷き詰めました。それから毎日お掃除して、3日後くらいには ダニは見当たらなくなりましたが ひなちゃんたちは けっこう痒がっていたみたいで体についてるダニが心配でしたが、やはりひなちゃんに薬品などかけるのは心配なので巣のお掃除だけにとどめました。末っ子ちゃんはもしかして餌が足りないだけでなく、ダニに刺されてダメージを受けていて成長が遅くなったのかも知れないと思いました。巣の周りの糞も ダニの原因になるかと きれいに毎日掃除してあけてました、親燕も巣台に乗った糞など こまめに捨てていましたが、私もお手伝いしました~。
こうして大家さんのダニ駆除を真似してとても参考になりました。親燕は大量発生していたダニに気がつき、子を落としたりしていたのかも知れないとも思いました。小さな末っ子ちゃん、まだ未熟な体で上の子を追うように巣立ちしてしまったので 心配してましたが、胸の模様を覚えていて 毎日のようにお父さんが連れてきてくれ並んだひなちゃんたちのなか私がそばによっても飛んで逃げず これは末っ子ちゃんねと、特に末っ子ちゃんを見つけては感動してます「元気なの~!よかったね!」と思わずひなちゃんたちにも話しかけてしまいます。

管理者のみに表示