05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

鳥インフルエンザは野鳥から人へは感染しませんツバメを温かく迎えてね

2014年04月21日
熊本にて鳥インフルエンザが発生し
『渡り鳥が運んできた可能性、野鳥との接触に注意』と報道され
ツバメが巣を造ることへの不安を感じる方もおいででしょうか

でも、鳥インフルエンザの鳥から人への感染は
感染している鳥との濃厚な接触によって糞塵や血液から
ウィルスを多量に取り込んでしまったことが原因となっています
普通の生活をしている限り、人にうつる可能性はゼロに近いのです

野鳥から人へ感染することは、まずありえないと思ってください

インフルエンザが怖いからと
ツバメが巣を造ることを阻止しようとする方がおられたら
安心していただけるようにお話してください


野鳥の会HPより

世界的に見ても、野鳥から人へ鳥インフルエンザが感染した例はこれまでにありません。鳥インフルエンザは、「強毒の高病原性」であっても人へ簡単には感染しないのです。これは、ウイルスへの適合性があるたんぱく質の種類が鳥と人では違うためです。
アジアでは、鳥インフルエンザがニワトリから人へ感染して尊い人命が失われています。これらの感染例は、飼っていたニワトリのフンの粉塵を吸い込んだり、食用に処理する時に鳥の血液がかかるなどして、ウイルスを大量に取り込んでしまった特殊な例と考えられています。
川や池のカモ、ベランダのハト、庭の餌台に来る小鳥、ゴミ置き場のカラスなど野鳥は身近にいますが、普通に人と野鳥が接している限り、感染につながる大量のウイルスの取り込みはまず考えられません。そのため世界的にも野鳥から人への感染は発生していないのです。
軒先に巣をかけるツバメが鳥インフルエンザを運んでくるのではと不安に思われている方もいらっしゃるようです。しかし、鳥インフルエンザがツバメから人にうつることは考えられません。小さな体で海を越え数千キロも旅をして日本にやって来るツバメたちを、温かく見守ってください。


ツバメを怖がる必要はありません。
鳥が鳥インフルエンザウイルスに感染した場合、1~2週間にわたって糞などにウイルスが出続けることがあります。そのような場合でも、体外に出されたウイルスは、他の鳥に感染しなければ、速やかに感染性を失います。また鳥インフルエンザウイルスは、日光(紫外線)や高温に弱い事も知られています。
鳥インフルエンザが鳥から鳥に感染することを繰り返していると、ウイルスは鳥の集団の中に保たれてしまいますが、春から夏にかけて、鳥たちは繁殖期に入り、ツバメなど多くの鳥はなわばりを作ってつがいごとの生活となり、鳥同士の接触も減ります。このような中では、もし渡ってきた時にウイルスを持っていた鳥がいたとしても、他の鳥に伝染する機会がないまま、体の中に抗体ができて、ウイルスも消滅してゆくと考えられます。

今回の鳥インフルエンザ(H7N9亜型)に、ツバメが感染した例はこれまでありません。ツバメは人家に営巣しますが、軒先など開放環境に営巣するので、ツバメどうしでの感染の心配はありません。またツバメが日本に到着してから、卵を産むまでにふつう1ヶ月以上が経過しますので、仮にウイルスを持ったツバメがいたとしても、そのウイルスがひなに伝染していくことはまず考えられません。



swallow tokyoさんより
2008年日本獣医学会学術集会講演要旨集で藤田さんらの報告によると、10羽のツバメに鳥インフルエンザウイルスを接種する感染実験を行ったところ、3日までにすべて死んでしまった
つまり、ツバメが鳥インフルに感染した場合すぐに死んでしまうので、ウイルスを運ぶのは考えにくいということ。


ツバメかんさつ全国ネットワークQ&Aツバメと鳥インフルエンザ
ツバメから人間に鳥インフルエンザが感染するのではないかという「風評被害」のために、ツバメの巣が落とされてしまうことがあります。しかし、ツバメから人間に鳥インフルエンザが感染する可能性は、ほとんどありません。

鳥インフルエンザ ツバメの巣は大丈夫です(NEVERまとめ)
鳥インフルエンザが話題になっていますね。ツバメの巣を不安に思う人も多いのではないでしょうか。しかし、過度に心配する必要はないようです。また、最近中国で流行しているH7N9型については、渡り鳥がウィルスを運ぶということもないようです。
更新日: 2014年04月16日

国内野鳥から検出されず=H7N9型鳥インフル―環境省
 中国で感染が拡大したH7N9型鳥インフルエンザについて環境省は7日、国内にいる野鳥から同型のウイルスは検出されなかったとの調査結果を発表した。(時事通信)
2013年6月7日(金) 18時26分掲載


手洗いうがいは習慣にね
1位ですthank you
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

こちらも1位、ありがとう  


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
関連記事
web拍手
鳥インフルエンザ | コメント(2)
コメント
名無しさんへ
こんばんは~
ご意見をありがとうございます
そうですね、インフルエンザに限らず何かの病気を持っている可能性もありますし
むやみに接触はしないほうがイイですね
玄関での営巣については、
まあ、人それぞれの考え方ということでご容赦ください
インフルエンザは変異性が高いから、いつ野鳥から人に感染するかわからないし、今まで例がなかっただけで可能性はゼロじゃないから無闇に渡り鳥に接触しない方がいいと思うけどなあ。せめて屋外にした方が

管理者のみに表示