07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

換羽中のパパ「ここは君の家じゃないからね」

2012年08月07日
お仲間4~5羽と一緒にご訪問、午前8時半
巣立ったチビちゃんたちかな~ 右端がパパかなぁ~
8月7日


ありゃパパったら
いきなり隣にいる若ツバメさんに咬みついた~
8月7日

若ツバメさんは男の子かしら・・


パパここはお前たちの家じゃないんだからね
8月7日
来年は、育った場所から離れて生きるのがツバメさんの掟
それは「近親交配」を避けるため


わかってるよぅ~ お別れに来ただけだよぅ~
8月7日


こわいパパだなぁ~・・
8月7日

ひとり立ち出来た子どもたちに対して
パパとしては、女の子はまあイイとしても
男の子はパパのなわばりから出て行って欲しいよネ


パパ換羽中 顔まわりバサバサ
8月7日
(クリックして見てね~)

今年はもうお別れだなぁ~
8月7日


来年もきっと来なくっちゃな~
8月7日


それにしてもママはどこだ~
8月7日


お仲間と一緒、右端がパパ ママいません
8月7日

ご訪問は朝のうちのいっときだけ・・
なんとなく今回が今年最後のご訪問なような気がした大家でした


応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
関連記事
web拍手
2012年 | コメント(8)
コメント
ぱんさんへ
ご報告ありがとうございます。
もう巣立ち間近かのヒナちゃんだったのですね~
羽ばたきの練習をしていたとのことで、安心しました。
大事な一人っ子ちゃんの前途に祝福を!
No title
今朝7時30分ごろ見に行った所母ツバメが給餌をしてました。
その1時間後の8時30分に見に行ったところ母ツバメと並んでもう1羽が母ツバメの横で雛を見守り他2羽が巣の周りを飛び回り巣立ちを促しているみたいでした。雛は巣の壁につかまり羽を羽ばたかせてました。
もしかすると今日巣立ってお別れかもしれません
よっし~さんへ
暑いですね~ あっ巣立ったんですね、良かったです~
そちらの大家さんも、ちゃんとツバメさんのお世話をしてくださってるようなので
きっと来年も来てくれるでしょうね。
来年もツバメさんが来たら、ぜひ教えてくださいね~
ぱんさんへ
親ツバメが揃っているところを確認できないと
心配で気になりますよね~
そちらのツバメさんと同じように、
換気口を巣の支えとして営巣している例はよくありますね。
休憩場所としてもよく利用されているようです。
孵化してからどのくらいの雛ちゃんでしょうね。
母ツバメさんの頑張りで、無事に巣立ちを迎えられますように祈っています。
No title
こんにちは^^まだまだ暑いですね!フゥ^^近所のツバメさん達ぶじに巣立ちましたヨ~良かったヽ(;▽;)ノ!!ここの大家さんは、一回目の巣立ちの時は、周りのアミアミはそのままだったんですが、今回は、<あれ~巣立ったのかな~>って見ている間もないぐらいにすぐに、アミアミ全部外してました。もうこないことを知っているんですね!!私ならずっとそのままにしてしまいそうです。来年と言わずまだまだ来てね~って!エヘヘ(^┰^;)ゞもうあんまりツバメさん自体を見かけなくなり、また来年ですね^^
No title
回答ありがとうございます
母ツバメと子ツバメが暮らしているのは駅のロータリーの側の公衆トイレの換気口です。2つ換気口があり一つが巣もう一つが親ツバメの休憩場所になっています。非常に高いところに巣がありとても人間が巣に近よれそうもないのです。
今日の様子は、母ツバメは人間が巣を下から見てる状態では、エサやりをやらないようです。ただ休憩してる所を見ているのは大丈夫みたいです。
トイレの前ということで長く観察できないのですが朝は母ツバメが雛の側にいるのは確認できました。夕方に
は母ツバメは巣の側にいなかったですが雛はピッピッと鳴いていました。これはもしかしておなかすいてるのかな~と少し心配になりました
ちゃたろうさんへ
つばめさんとのお別れのとき、
それは別の地域ではつばめさんを迎える時期ともなりますね
つばめは春に営巣しにやって来るのですが、
南への渡りの前に初秋に集まってくる地域もあって
つばめを見ると「秋だなぁ~」と感じるそうで、
そういう話を聞くとなるほど~と思います。
内田百閒の日記、私も読んでみたくなりました。
ご紹介ありがとうございます。
争いや事故のない平和が、人にとっても動物にとっても大切ですね~
No title
今年もつばめさんとのお別れの時
なんですね。来年も元気で来てくれることを願っています^^ 優しく見守る大家さんに感謝してます^^
内田百閒の戦争末期の日記で5月16日に四谷駅に巣作りするつばめの記述があり、10日後の大空襲で焼け出された百閒が、四谷駅のツバメを心配するところがあり
読むたびに切なくなるんです。
つばめが安心して暮らせる平和
がどの生き物にとっても一番大切
ですね。

管理者のみに表示