05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

巣立った瞬間&チェルノブイリとツバメ

2011年09月07日
9月8日は、昨年(2010年)の巣立ち日でした
まだ大家宅周辺にはたっくさんのツバメさんが飛んでました
今年は、もう、ツバメさんを見かけることはありません
我が家だけでなく、今年は早くに子育てを終えて早く移動を始めたようですね

移動先では、ツバメの集団を見ることができるのでしょうね~
ツバメが来ると「春だなぁ~」と感じる地域と「秋だなぁ~」と感じる地域があるんですね

本日は8月4日の巣立ちのときの動画をご覧いただこうかな





ところで、

先日、「動物たちのチェルノブイリ」という番組でツバメのことを言ってました

今のチョルノブイリは人間がいないので動物たちの楽園となっている
放射能に汚染された環境でも動物たちに異変は見られない
それはガンが発生する前に寿命を迎えることが一つの要因かもしれない
しかし何代にも渡っての放射能の影響については未知である
その中でツバメの異変が報告されている
「アゴに赤い羽毛がある変異種が事故後生まれました
繁殖することなく一代で死に絶えました
突然変異体はたいてい生存能力に乏しいため天敵に狙われやすいのです
チェルノブイリでも自然の掟は適者生存です」



放射能の影響を受けたツバメに関してはこちらでも鳥に現れた異常、チェルノブイリと動物

鳥類の種は非汚染地域の約半分に減り、個体数は約40%まで減少し、脳のサイズも小さい。
一方で何も影響を受けない鳥もいる。目立たぬ体色で渡りをしない種がそうだ。



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


 
大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
関連記事
web拍手
2011年