FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

中組ヒナちゃん誕生して6日目、外組さん巣作りクッション運び、軒下ヒナちゃん誕生して17日目羽が伸びてきました

2018年06月21日

中組ヒナちゃん、長男さん誕生して、早6日目
6 21 (3)



ママさんが持ってきたご馳走はなにかなぁ
ごはんよ~、チュイ!
6 21 (29)


さあ、おいしいわよ~
6 21 (30)


ほらしっかり食べてね
6 21 (32)


ちゃんと飲み込めて良かったわ
6 21 (33)


ウンチはママのご馳走よ
6 21 (34)



パパさんが持ってきたご馳走はなにかなぁ~
ごはんだよ、チュイ!チュイ!
6 21 (38)


これ、おいしいぞ~
6 21 (39)


がんばってゴックン、食べるんだよ~
6 21 (40)


パパにウンくれるのかーい
6 21 (42)


ウンはパパにはご馳走なんだよね~
6 21 (43)


愛があればウンも美味しいのだ
6 21 (44)





外組さん
巣の外形が整い
ときどきクッション巣材を運んできている模様

6 21 (5)

なかなかお会いできず、写真撮れません




軒下ヒナちゃん、誕生して17日目

背伸びしてるのかな、巣が狭くなってきたよね
6 21 (21)


翼の羽も立派に伸びてきた
6 21 (25)


こんちは~
6 21 (14)

下をのぞいて挨拶してくれた


パパママさん、頻繁な給餌で大忙し
おかげで5羽のヒナちゃんたち、皆健やかに育ってます

6 21 (28)




今日もたくさんの写真にお付き合いいただき、ありがと
いつものことながら、写真はクリック、大画面でぜひどうぞ~

------------------------------------

【6月21日大家宅周辺の本日のお天気】
曇り
最高気温 26度
最低気温 19度
最高湿度 96度
最低湿度 76度
風向風速(m/s) 北北東1北西1北北西1東南東1南南東3南東2東北東1北北西1


----------------------------------


昨年の記事ですがご紹介

家の中にツバメの巣 昔ながらの風習 養父・大屋
2017年06月08日

『 旧家の壁の穴から、ひっきりなしに出入りするツバメ-。このほど国の重要伝統的建造物群保存地区に選ばれた兵庫県養父市大屋町の大杉地区には、ツバメのために抜け穴をこしらえた民家が残る。作物に害を与える虫を食べてくれることから益鳥とされ、農家ではその営巣を助けているのだ。
 築65年の河辺操さん(67)宅には、玄関扉の上に木枠で囲まれた十数センチ四方の「ツバメ専用出入り口」がある。玄関内側の土間の天井付近にわざわざしつらえた板の上で、ツバメは巣作りしていた。親鳥が戻ると、ひなが盛んに鳴きだす。親鳥は餌を与え、再び穴から屋外へ飛び去った。
 河辺さんは「ツバメは農家にとって幸運をもたらすから」と目を細める。
 兵庫県教育委員会などによると、ツバメの抜け穴を設けた民家はかつて、農村部では珍しくなかったという。しかし、都市化や住宅の建て替えなどが進み、抜け穴は減っているとみられる。
 同地区には江戸末期や明治時代の建物も多く残るが、最近は「卵を狙ってヘビが寄りつく」などと抜け穴をふさぐ家も多いそうだ。河辺さんは「昔はもっとたくさんの家にツバメが入っていた。昔ながらの風習は残したい」と話す。
 国の文化審議会は先月、近代養蚕業の風情を残す大杉地区を重要伝統的建造物群保存地区にするよう答申した。』



日本のツバメは、人が住んでいる建物を選んで巣を造る
ヨーロッパのツバメは、人が全くいない場所でも巣を造る
アメリカのツバメは、人家にはほとんど巣を造らない

とのこと

アメリカやヨーロッパの方が
ツバメのために抜け穴をこしらえた民家に出入りしているツバメさんを見て
人家での営巣にまず驚いて、それを見守っていることに感動するのではないでしょうか

アメリカやヨーロッパでは、動物は人が支配し管理する存在

でも、日本においては、古来より、動物と人はお互いに共存するものでした
そして、日本では稲作において、ツバメさんは害虫を食べてくれるので大事にしてきました

そういう違いが、ツバメさんの習性にも表れているのかも
ツバメさんが、人が住んでる家に巣を作る日本って素敵ですね!


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
1位 thank you

大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
関連記事
web拍手
2018年 | コメント(6)
コメント
海子さんへ
こんにちは~
まだ巣立ちしないうちに次の巣作りを始めたのですね~
まあ、そういうこともあるかと思います
うちでは一番早いときで巣立ち四日後で、次の産卵をしたこともありますが
海子さん宅のママさんも次の産卵が早めなのかもしれませんね
巣の新築にかかる日数を考えて、早めに巣作りを始めたのでしょうか
ちゃんと餌を運んできているのなら問題ありません
ツバメさんもいろいろ考えてるようで興味深いです
それにしても、育児と巣作りで大忙しですね~
ぴっこさんへ
こんにちは~
外組さん、可愛い巣が出来ました
うちの一番子ちゃんたちは、もう帰って来ていませんが
そちらの一番子ちゃんはいつまでも甘えん坊なんですね~
中組さんの一番子ちゃんたちは、巣立ってから一度も帰って来ませんでした
帰って来てくれるのは、とっても嬉しいですけど、
あんまり長く帰ってきてると、早く自立して逞しく生きて欲しいと思いますね
こんにちは。
一羽だけのヒナ順調に育ち逆算すると本日23日が巣立の日。巣の縁で羽ばたきや毛繕いをするも今の所まだ巣にいます。
親ツバメが痺れを切らしたように今までの巣から横に1メートルずれた場所に新たな巣作りを
始めてしまいました。たまにエサも運んでいます。巣立ちしていない子がいるのに次の巣作りを始めるってあるのでしょうか。
いつも質問ばかりで申し訳ありません!
教えて下さい。
こんばんは^ - ^外組さんの巣、たくさんの枯れ草が混ざって丈夫そうですね!もう、一番子の雛ちゃん達は親離れし、戻ってはこないのでしょうか、、、うちの一番子、二羽だけが今日も夜戻ってきたんですよ!もう最後の子が巣立って明日で2週間になるというのに。いつまで戻ってくるのやら。大丈夫かな。パパにツピーと弾きとばされても、懲りずに近くにいます。こんな事は初めてです。どうせなら、六羽全員に会いたいですが、、でもお別れはもう、すぐにですよね。
中組パパさんママさん丁寧に餌をあげ、うんを食べて。。燕さんのうんはぷるんとしていて汚さを感じませんです(^◇^)
軒下さんも羽が見えてあっという間ですね。高い場所ですから観察大変でしょうが、毎日の見守りお疲れ様です。
ユユキさんへ
こんばんは~
残ったヒナちゃん、元気に育ってほしいですね
餌はちゃんともらっているようですので
あまり悲観的にならずに見守ってあげてくださいね
No title
大家さん、おはようございます!
先日はアドバイスありがとうございました。
ダメかなと思った雛ちゃん、何とか頑張っています。大家さんちの中組さんの子と同じ感じになってます。
ただ、やはり元気はありません。
巣のなかで、ペとっとしてます。
見守るしかありませんが・・・

管理者のみに表示