10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手
スポンサー広告

巣の掃除、ダニの冬越しはあるのか?

2016年08月07日
皆さん、巣立ったあとの巣をどうされてますか~

たぶん、そのまま~が多いと思います
または、撤去してしまう、のかな・・

どちらでもOKだとは思うのですけど
来年もツバメさんに来てほしいな~と望まれるなら
巣は残しておいてあげたほうがイイかな、と思います

もし、カラスなどの襲撃があって巣が壊れてるようでしたら、
壊れている部分を取り去って、少し整えておきましょう

ツバメさんたちが、渡りの前に見回りに来ることが多いです
その時に「ここの巣は安全」と思ってもらいましょうね

もし出来るようであれば
来年のために、お掃除もしてみましょうか

ほとんどの場合、巣の中は、表面上は綺麗に保たれてますが
巣材を持ち上げてみるとけっこうな量のゴミが溜まっています
羽管のクズ、食べ残した虫、消化できずに吐き出した虫のカケラ・・


そして、気になるのは、ダニ、ですよね


ダニが湧いたけど来年もこのまま使えるのか?とか
ダニは殺せても卵が残ったままになるのでは?とか

気になるところではありませんか



◇ツバメさんがいなくなった後の、巣に残されたダニはどうなる?

ツバメさんに付くダニは、たぶんトリサシダニが多いと思うので
トリサシダニについて調べてみましたら

「トリサシダニは吸血しなくても2~3週間は生存可能」

、、ということは、
2~3週間以上経てば死ぬってことになるし

「吸血源がなくなったダニは新たな吸血源を求めて移動してゆく」

巣にダニはいなくなるわけだ・・


◇そして、ダニの卵は?

「卵は1~2日後に孵化し、1~2週間で成虫になります」

ツバメが巣を使わなくなる8月後半くらいでは
まだまだダニが繁殖できる気温と湿度

ダニの卵は低温や乾燥には強いらしいので
冬まで卵が孵らなければ越冬ということも考えられるけれど
ツバメが巣を使わなくなる時期の温度湿度を鑑みると
この時期の卵がそのまま翌年まで孵らないってことはないはず



トリサシダニは鳥に体に卵を産み付けるとのことなので
たとえば
巣立ち直前のヒナちゃんに卵が産み付けられたとして
卵がヒナちゃんの体から落ちて巣に残ったら
   ↓
2日後に孵化
   ↓
吸血源なく、2~3週間で死ぬ
または、吸血源を求めて移動



つまり、ダニの湧いた巣でも
翌年にはダニはいないってことになりますね
卵が残っているってこともないと思います


トリサシダニは鳥の体に寄生して生きるダニ
鳥の体は温かく適度な湿度もある
ダニは巣にはいなくなっても
鳥に寄生した状態で冬でも生きている

翌年に巣に湧くダニのもとは、新たに親が運んでくる

ヒナは水浴びも砂浴びも出来ないので
ダニにとっては格好の餌食となり、どんどん繁殖が進む



◇トリサシダニのまとめ

ダニは親鳥についていたものが巣に運ばれてくる
巣にいるヒナが格好の餌食となりダニの繁殖が進む

ヒナが巣立ったあと、巣に残されたダニは
吸血源がなくなって死ぬか、または
吸血源を求めて移動するので巣にダニはいなくなる

ダニの卵については、巣立ち後の気温や湿度を考えると
卵が孵らずに半年間以上そのままの状態であることは考えにくい

巣立ち後に卵から孵ったダニは吸血源がないので、死ぬかまたは移動する

移動したダニは、吸血源が見つからなければ死滅
運が良ければ新たな鳥に寄生できる

寒い時期も鳥の体には大なり小なりダニが生息し続ける
鳥の営巣が始まり、気温も湿度も高くなってくると
ダニは巣の中のヒナを餌食にしてどんどん繁殖を重ねる

そして、また
ヒナが巣立ったあとに巣に残ったダニは、死ぬか移動・・・


というサイクル


つまり

「今年湧いたダニも、ダニの卵も、来年への持越しは無い」

という結論に達しました


ダニで悩んでおられる家主の皆さまへ、ご参考までに・・
大家がお届けいたしました~


専門家ではありませんので、情報には誤りがあるかもしれません
あくまでも大家の見解、その点、ご承知おきくださいますよーに



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
関連記事
web拍手
ダニ | コメント(10)
コメント
ぴっこさんへ
もしかしたら、今年のツバメさんは、
去年の巣が天井スレスレ過ぎるのが、お気に召さなかったのでしょうか
コルク粘土の巣は月日が経つと縮んでしまうようなので
造るのはツバメさんが来る間際になってからが良いように思います
縮み方によっては、毎年作り直しになるかもしれないと思っています
来年は、子育てしてくれると良いですね
お返事ありがとうございます(^-^)
そうなんです、六年前からあったこの家歴代の古巣が、自然に半分壊れかけていたのを、去年の燕さん使わず、、その巣の数十cm横に去年新たに作った巣が壁の位置的に天上スレスなので人間のゆびが半分入るかどうかで,…
でも大家さんおしゃる様に、コルク粘土の巣を作り直して、再度付けとこうと思います。粘土が締まりすぎてか?上の方がしぼんで、小さくなってしまったので、一旦外したんです。
来年の為に、できる限りの準備をしておきたいと思います(^-^)
アドバイスありがとうございます
!またよろしくお願い致します。
ぴっこさんへ
こんにちは~
巣と天井のすき間が狭くて
お掃除するのも簡単じゃありませんね
今年は新しい汚れはないと思いますので
特にお掃除はしなくても大丈夫ではないでしょうか
消毒や除虫菊の粉も必要ないと思います
来年はコルク粘土の巣を選んでくれたら
取り外してお掃除できますね



大家さんこんにちは(^-^)毎度失礼致します^_^;
古巣のお掃除ですが、うちは今年燕さんが来る前に巣の中をガムテープで、ペタペタやってゴミをくっ付かせて取ったんですが、その他にやっておいた方が、良い事ってありますか?今年は燕さん飛来の時、ほんの数日間巣に入っただけでしたが…。
巣と天上のすき間が5.6cm程しかないので、掃除が難しいです。消毒?とか…防虫菊粉はどの様な使い方がいいですかねぇ…
ポコココさんへ
こんばんは~
ツバメの古巣があって
毎年戻って来てくれるのは嬉しいですね
ご実家のお家でも楽しみですね
そのままの方が良いです^^
こんにちは!!!^^
久々のログインです…^^;

私の実家の巣はそのままにして有ります
また来年も来ますよ!!!^^

母が毎年楽しみにしてましたから^^
ぴっこさんへ
こんばんは~
はい、ダニは残らないという結論です
引き続き同じ巣を使っても大丈夫
渡りの前に様子を見に来てくれると良いですね
大家さんこんばんわ(^-^)
ダニ残らないんですね!安心しました(^-^)
燕ちゃん達、渡りの前に我が家の巣にも立ち寄ってくれないかなーと、毎日外を気にしております^_^;
ケンさんへ
こんにちは
モズが巣のヒナを襲うこともあります
他に、チョウゲンボウ、ハイタカ、イソヒヨドリも
カラスの場合と違って巣は壊れてないことが多いようです
夜はフクロウに狙われた例もあり
本当に心配すればキリがありませんが、、
出来る範囲で守ってあげたいですね
No title
大家さん、ケンです。
昨日はコメントに返信していただいてありがとうございます。

その後、色々ネットなどで調べたのですが、ツバメの雛を襲った生き物がモズという可能性はないでしょうか?
振り返れば最近、モズが家の近くでよく鳴いていました。
モズがツバメの巣を直接襲うことはあるのでしょうか?

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。