FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ツバメはなぜ卵を温めるのか、ヒナを育てるのか

2019年08月23日
今日のテレビで

*なぜ鳥は卵を温めるのか
*なぜ鳥はヒナに餌を与えるのか

について、解説されていました

卵を温めたり、ヒナに餌を与える
その行為は「愛」ではない、って

が、ひねくれ者の私は、ちょっと言いたい
素直じゃない大家

鳥さんに聞いてみたわけでもないんですから~
こうだ!って、決めつけることはできないでしょ

『たぶん、そうではないかと思われる』

という言葉なら、ある程度納得もできるけど・・
どんなに研究を重ねても、鳥さんの心の奥に秘められた
真実までは推し量れないかもしれないじゃないですか

理屈は正しくても、
生きものは理屈だけで生きているんじゃない、でしょ

どんな動物にも感情はある、というのが近年の考え方
ツバメさん親子にも情愛があるのではないかと、大家は思う



さて、

*なぜ鳥は卵を温めるのか

「体を冷やすためでしょ、」ってすぐに答えた大家でした、さっすが~デショ

でも、本当にそうなの?それだけの理由?

そこに、卵に対する愛はない、って言ってたけど、どうかな~

なんか、ママさんの卵に対する愛、感じてしまう大家

体を冷やすためだけなら
ドカッって座り込んでもイイじゃない?

でも、
ママさんが卵を抱くときの優しい動作や
卵を慈しむような眼差しには

「愛」を感じる

専門家さんに言わせれば
「それは、感情移入に過ぎない、人の価値観で観てはいけない」
ってことになるのかなぁ

メスが巣を離れたときに、オスが卵を守っているのはどうして?
じーっと卵を見つめていたりするのは、どうして?

他の鳥から自分の卵を守るのは
それは、単に、自分の所有物を守りたいだけの行為だって

それは卵に対する「愛」ではない、と

でも、やっぱり、大家は、なんか違うような気がする


*なぜ鳥はヒナに餌を与えるのか

ヒナが口を開けたときの、黄色や赤色に反応して
餌を与えることへの衝動にかられるから

うん、そうですね

そして、、やっぱりそこに、愛はない、って言ってた

だけどさ、生まれたばっかりの小さなヒナちゃんを見つめるパパママさん

口を開けてなくても「ちゅい、ちゅい」って話しかる
口を開けてなくても「ちゅい、ちゅい」って、食べるように促すよね

黄色い口が開いてなくても、餌を運んで来るじゃないの
おなかいっぱいでヒナちゃん寝ていても「ちゅい、ちゅい」
虫をくわえてきて「ちゅい、ちゅい」 ご飯よ起きなさい、って話しかける


ツバメさんの子育てに「愛」など存在しない!

と断言するなら、

人にだって同じようなことが言えるのかもしれない

単に、ある本能で、子育てするけど、そこには「愛」はないのだ、と・・


なんか、もやもや、ひねくれ大家のタワゴトでした~

============

《追記》

こちらのぱっぺるぽっぺる様
なかなかのご意見、ご参考に
https://youtu.be/T2LHV2oQSwo



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 
 


大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(12)

テレビでのツバメさんの話題、ダーウィンが来た!

2019年08月20日
さて、皆さま
「ダーウィンが来た」っていう番組ご存じだと思いますが
18日の「東京生きもの調査隊」ご覧になりました?

第610回 東京生きもの調査隊 春編
8月18日(日)19:30~20:00

番組内では、都会で生きるカエル、タヌキ、ツバメ、ヤゴなどを紹介
カエルについても、タヌキについても、とても興味深かったですが
やっぱり特にツバメにはね

観なかった方のために
かいつまんで、内容を記しておきますね

=========

高級店立ち並ぶ銀座
ここで今、驚きの復活をとげつつある生きものがいる

春を告げる おなじみの鳥 ツバメ
近年、東京都心では子育てする数が減っていると言われている

東京駅周辺で行われた調査では
80年代に半減したまま、その後数はほとんど回復していない

銀座でも巣の数は減少、去年はたった2カ所しかなかった

銀座のツバメを観察し続けて45年の都市鳥研究会 金子凱彦さん
「銀座周辺でツバメがどんどん減っていって、
いずれゼロになっていなくなってしまうと言う心配を今までしてたんです」


ところが、今年の5月、嬉しい発見があり

去年はたった2カ所だった銀座の巣、今年、なんと、6カ所で子育てが始り
こんなに多く確認されたのは、12年ぶりのこと

なぜ、子育てするツバメが増えたのか?

親がどんな獲物を運んでくるのか、調査隊が張り込んで撮影したところ
1番多かった獲物が、ミツバチ

47回撮影したうち、少なくとも16回の獲物がミツバチ
およそ3分の1に及ぶ高い割合

でも銀座にミツバチってそんなにいるんでしょうか?

実は、ツバメの巣に程近いビルの屋上で
蜂蜜をとるための、養蜂が行われていた

街角にある多くの花壇や街路樹、そこで咲く花々から蜜を集め
銀座産の蜂蜜を作るプロジェクトが、2006年から始っていた

飼育されているハチの数は年々増え、今では50万匹以上

ツバメは人が育てたミツバチを獲物にしていた!

開発が進んで 虫が減った銀座はツバメが暮らすには不利な環境

そこに人が育てるミツバチが増えたことでツバメが子育てしやすくなっていた

銀座のツバメがこれほどミツバチを利用していることには、研究者も驚き

全国でツバメの生態を調査している神山和夫さん
神山和夫さん バードリサーチ研究員

「ツバメが運んでくる虫の3分の1がミツバチだったというのは、けっこうビックリする話で
ここで暮らしているツバメにとって、それだけ大事な獲物になっているんですね
人が、関与しているものではありますけれど ひとつの新しい自然をつくっているのではないかなと思います」
 

人間がつくりだした環境を活用して子育てする銀座のツバメ
復活の兆しが見え始めているけれど

ツバメが都会で子育てするには ほかにも大事な条件がある

それは、巣作りの場所
最近の建物の多くは壁の表面がなめらかで
泥がくっつきにくく ツバメが巣作りしにくい

今回銀座でツバメたちが巣を作ったのは、天井の照明器具の上
照明器具の一部を切り取って平らに伸ばして、巣が滑り落ちないよう土台を作っている
しかも、巣が熱くならないよう蛍光管まで外してある

巣が落ちないように壁に板が取り付けられている巣もあって、これなら安心

ほかにも壁に人工の巣を用意したり
銀座ではツバメが子育てできる場所を増やす手助けが行われている

ヒゲじい
『なるほど~ 獲物が増えるだけじゃダメで 人間の優しさが必要 というわけですな』

金子凱彦さん
「ツバメは人のそばで暮らす そういうツバメですから
受け入れてくれる場所、そういう場所を好んでやってくるんですね
最も大事なことは ツバメをやさしく見守ってくれる人たちがいるということです」



子育てを見守る人の優しさが
大都会でツバメが復活するためには欠かせない


ヒゲじい
『う~んそういうことか 銀座の人とツバメたち 
いい関係が いツバメも いツバメも 続くといいですな~』 

 

========= 


《追記:あくまで大家の推論》

ヒナちゃんがミツバチを食べれるようになるのは
ある程度大きく育ってから、ですよね
ヒナちゃんが小さいうちは、ミツバチは大きすぎて食べれないので
ミツバチだけが増えても、それが営巣が増えることには繋がらない

なので、
銀座には、小さな虫たちも、思いの外生息している
ということになる

銀座は、日比谷公園と浜離宮という二大緑地に挟まれており
銀座には街路樹や花壇が多くあり、近年増えてきた屋上緑地もあり
小さなヒナちゃんが食べられる小さい虫も十分に生息しているのだと思う




ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 
 


大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(2)

外組ご夫婦さん、ご挨拶にお立ち寄り~

2019年08月10日

あら、こんにちは
ご夫婦さん、お揃いで~

8 10 (2)



大家さん、お久しぶりですね
8 10 (3)



チュピクリチュピクリチュピクリチュピクリ
8 10 (4)

この時期のピチクリは控えめ、大声張り上げない
可愛い声で、いちおうの縄張り宣言

来年もここで再トライのおつもりですか
期待して待ってるからね~
元気にね~


はーい、行ってきま~す、さようなら~
8 10 (1)


ほんの数分のご滞在で、これっきり

来年のために巣を確認しにきたのかな



1枚目の写真の蜘蛛の巣、気になりますね
でも、巣よりずっと手前です、ご心配なく
とは言え、このあとすぐに撤去しておきました



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 
 


大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2019年 | コメント(12)

久しぶりのツバメさん

2019年08月06日

今日も朝から暑くて
午前9時頃、すでに30度超え

犬猫の世話やら、一通りの家事を終えて汗だくになり一休み
クーラーのかかった部屋でテレビを見ていた、

そのとき、小さなチュイひと声に

大家の耳が、ピピッ と反応した



ほら~いた



パパママさんと、1羽のヒナちゃん
どちらさまかなぁ~

ほんのわずかな時間休憩したら、去って行った

今年は、青空のツバメさんをほとんど撮れなかった
やっぱり、青空背景はイイね~
ツバメさんのお別れの記念に載せておきましょう



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 
 


大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2019年 | コメント(6)

巣台を片付けました

2019年08月04日
7月28日以来、一度もご訪問ないので
本日、早めに巣台を片付けました

出入り口窓にも鍵がかかりました

巣台は洗って日光消毒
電線も取って巣台と一緒に保管
籠巣も粘土巣も保管


空を見渡しても、ツバメさんの姿、どっこにもないし
耳を澄ましても、ツバメさんの声聞こえず、セミの声ばかりが喧しい

巣立ちの時に、たくさんのツバメさんたちが集まってきてたけど
そんな気配も全くなくて、どーして巣立ちの時だけにやって来るのか・・
巣立ちお助け隊さんの存在は、ツバメさんの不思議のひとつ


ああ~今年も、お終いなんだなぁ~


と、感慨深い気持ちを抱えていたとき
通りすがりに、ご近所の巣をチラッ見たら

2羽のツバメさん、巣にいるのが見えた
暑そうに身を乗り出して、もうすぐ巣立ちそうなヒナちゃんたち


どうか無事に巣立ちますように・・

皆さまも、暑い夏を元気に乗り切ってくださいね~



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 
 


大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2019年 | コメント(8)
 | HOME |