07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

玄関内の巣を下ろしました

2017年08月31日
8月も本日でおしまい
ツバメさんの姿は、もうありません


大家が気づいたご訪問は8月17日が最終

電線で


電線で


未練がましくそのままにしていた玄関内の巣は
先日27日日曜日に取り外しました

玄関外のスワローボウルは、見上げるとチクりとします
来年は新しい巣に換えましょう

軒下の巣は、自然のままに置いておきます



また来年ね
ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2017年 | コメント(26)

今年までに巣立ったヒナの数

2017年08月10日
2017年の営巣を終えて
今までに巣立ったヒナの総数は、117羽となりました

この数は多いようでもあるけれど
翌年に帰ってこれるヒナちゃんは、約1割程度とも言われていて
とすれば、その数は、たったの11羽か12羽程度

帰って来られるヒナちゃんの数
13年間で、11羽か12羽
ざっと1年当たり1羽くらいにしかならない

と考えると、この117という数字は多くはない


今年だけを考えても
6羽の親が21羽を育てて、帰って来られるのは2~3羽程度
6羽の親のうち、もし2羽が帰って来られなかったら、、、
ツバメさんの総数は変わりないってことになる

なかなか厳しい現実の数です

ツバメさんの数が減ってしまわないように
丈夫で健康なヒナちゃんたちを巣立たせること、大事です
もっともっとツバメさんを大事に守ってあげないと、と思いますね


ヒナの数まとめ↓
クリックしてご覧ください

ツバメ営巣記録



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
巣立ったヒナの数 | コメント(4)

外組さんのご訪問生後2週間で巣立ったヒナちゃんも一緒、パパママさんたちは換羽中

2017年08月07日
本日は
ときおり数羽が大家宅周辺を飛んでる雰囲気

どなたさんかなぁ~

と思ってたら

あらまあ
外組さんではないですか!

外組ご夫婦さん


7月23日から今日までの2週間
この電線にとまるツバメさんを見かけることはなかった
今日は、嬉しいなぁ~



しばらくぶりだね~ジュジュ
ほんと何日ぶりかしらね

外組ご夫婦さん



周りを飛んでるツバメさんを気にしてる

外組ご夫婦さん

外組ご夫婦さん

外組ご夫婦さん



ご夫婦さんの横に並んで1羽がとまった
(写真撮れず)



飛んでるツバメさんを撮ってみたら

巣立ちヒナちゃん

巣立ちヒナちゃんたちではないですか


外組ご夫婦さんと一緒に来た
ということは、、、

巣立ちヒナちゃん


これは、きっと、
早めに巣立ったヒナちゃんたちが成長した姿

巣立ちヒナちゃん


巣からいなくなったあの日から2週間経って、、、
普通の日数で巣立ったとしても、巣立ってちょうど一週間になる時期

無事に育ったヒナちゃんたちを見せに来てくれたのかな、ありがと~


おおやさん、大丈夫ですからご心配なく
ちゃんと育て上げることができましたわ

ご夫婦さん

ツバメさんって、すごいね~

大家は嬉しさで感無量になると同時に
パパママに申し訳ない想いでいっぱいになった

大家が手出しをしなければ
きっとあとの2羽も、今頃は一緒に・・




昨日は、チリッと声がしたので
あっツバメさんだ!
と玄関行ったら中組パパさん止まり木

カメラ持って引き返したら
ツバメ専用出入り口窓からのぞいてた

おおやさん、お久しぶり~、チリ
中組パパさん換羽中

いつも一人でこそっと来る中組パパさん


パパママさんたち、
繁殖期を終えて、どなたも換羽中でぼさぼさ

子育て終えたと思ったら換羽で体力使うので
たくさん食べて栄養付けてくださいね


元気な成長おめでとう
ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2017年 | コメント(22)

ツバメを猫から守るためのもの

2017年08月06日

ツバメの天敵
人間、カラス、ヘビ、ダニ、猛禽類、スズメ、そして猫

猫の被害が増えているように感じる

猫は、人が想像する以上に身体能力に優れているので
そんなところまで上れないはず、と思っても
実は猫にとってはお茶の子さいさいのこともあり、お気を付けください



我が家の猫対策グッズ

猫まわれ右びっくりスプレー
猫避け

センサーが猫を感知するとピーッと音が鳴り
自動でスプレー噴射し猫をびっくりさせる天罰方式
24時間赤外線センサーが監視
スプレー成分はアルコールなので人畜無害



野良猫シャット
猫避け  

猫を傷つけずに追い払う忌避 ジェル
ベタベタの不快感と特殊成分の香りで猫を寄せ付けない
足の裏などに付いてしまったベタベタを舐めとろうとすると 
特殊成分の香りで猫はますます不快になる
主成分は、植物精油



フマキラー 強力猫まわれ右粒剤 


メントールのスーッとする刺激が猫に警戒心を抱かせ
猫が嫌がる刺激成分〈ペッパーオイル〉で猫を寄せつけない
約2~4週間効果が持続とのこと
実際は割と早くに臭いが消えてしまうように感じる



◆トゲトゲマット  これは、気休め程度



◆気になる商品

ピューマピー(山ライオン尿)
ピューマを知らない猫にも効果あるかな~


害獣駆除機 スプリンクラー ネコよけ
本当に困っている方にはお勧めかも




どんなに困っていても、猫を傷つけない方法で!


猫は迷惑かけないように飼いましょう
ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
| コメント(2)

ツバメのヒナちゃんが落ちていたらどうしましょう

2017年08月05日
今年の出来事を踏まえ
来年に向けて頭を整理しておこうと思います


ツバメは、3週間ほどを巣で過ごしてから巣立つ
そのときには、すでに十分な飛翔力が備わっていて
巣立ってすぐに親と一緒に大空を飛べることが多い

ということを考えると
まだ飛べそうにないように思われる日数で巣から出て
地面に落ちていると、「巣から落ちた」と判断してしまう

だけど、そのときは、あわてて拾わずに一呼吸置いてから
親鳥とヒナちゃんたちの様子を、そっと観察してみよう


まず、生まれてからの日数
ツバメ以外の小鳥の巣立ち日数と比べてどうか
2週間くらい経っていれば
何らかの理由があっての早めの巣立ちかもしれない、ということ

親鳥の様子として、巣立ちを促す鳴き声や
ヒナちゃんを誘導しようとする行動があるかどうか
給餌の様子はどうか

ほかのヒナたちは、どうしているか
みな巣の中にいて、落ちているのは1羽だけかどうか
ほかにも巣から出たヒナがいるのかどうか

巣から出たヒナの様子
元気かどうか、怪我はなさそうかどうか
親の声に反応しているかどうか
成長は生後日数からみて順調な様子かどうか

そして、巣の確認
ダニが湧いてないかどうか
ほかにも異常がないかどうか
巣から出ることになった理由は何か



*生後2週間が経っていて
親が誘導する様子があり
複数のヒナちゃんが巣から出ているときは
そのまま、ツバメさんに任せる

*1羽だけの場合は、
続けてほかのヒナちゃんも出るかどうか、しばらく様子を見る

*早い巣立ちではなく、落ちたと判断できたら巣に戻す

*巣に戻すときは、
必ず巣に異常がないことを確認してから戻す
拾ったヒナにダニが湧いてないかどうか確認する


そして、何よりも、
早めの巣立ちをせざるを得ない状況にならないよう
ダニの発生や天敵には気をつけること



ヒナを拾わないで
ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ヒナが落ちていたら | コメント(0)

ツバメのヒナちゃんが地面にいても、落ちたのではなく早めの巣立ちだという考え方

2017年08月03日
「巣立ったヒナを拾わないこと、巣に戻さないこと」

これは、皆さんもご存じのとおり
野鳥の巣立ちヒナを見かけたときの鉄則

胸が痛くなるほどに弱々しく見えて
助けてあげないと絶対にダメになるように感じても

そこには
人の尺度では測れない逞しさが存在する

親鳥は絶対にヒナを見捨てない

見捨てることがあるとすれば
それは、むしろ、人の手が及んだときかも

親鳥とヒナの関係を壊さないように
人は親鳥を信じて任せることが大事



と、いう基本の考え方はツバメさんにも当てはまるはず


ツバメのヒナは普通は十分に飛べるようになってから巣立つ

だけど、早めの巣立ちもあり得ると思うようになった


早めに巣立ったヒナを
「巣から落ちた」「巣から間違えて飛び出した」と思ってしまって
拾ってしまったり巣に戻してしまったりするけれど
それは、間違いなのではないかと思うようになった


ほかの野鳥ならば、
ほとんどの場合人に気づかれることなく巣から離れることができるが
ツバメは人のそばで営巣するので
巣立ちを見かけるチャンスがほかの野鳥よりも多い

ツバメのヒナが地面に落ちていたら人目に付きやすいし
ツバメは飛べるようになってからの巣立ち、という先入観もあり
「巣から落ちた」と思って拾ってしまう、ということになる


もちろん、本当に「落ちた」場合もあるけれど・・


例えば、メジロやヒヨドリはわずか10日で巣立つ

2016年のヒヨドリ子育ての観察では
まさに「巣立つ」というより「巣から落ちる」状態での巣立ちだった
ヒヨドリさんの巣立ち2016.7.27

ほかの小さな野鳥についても、ツバメのように3週間も巣にいることはなく
だいたい10日~2週間程度で巣立つのが当たり前
ヒナはほとんど飛べない状態でも、懸命に親の誘導に付いて行って成長する
十分に飛ぶことが出来なくても親鳥の庇護の元で育ってゆく


ツバメも何らかの理由で長く巣にいることを選ばず
巣立ちを早めることがあるのではないか

そうであれば、
人が保護したり、巣に戻すことはしてはいけない
人の優しさも仇となり、ツバメさんにとっては、有り難迷惑



2019年今年の出来事は
ダニがヒナちゃんの体力を奪ってしまわないうちに
巣立ちを早めたのだと思うに至った

もし、ヒナちゃんにダニが湧いていても
巣から出ればダニは次第に自然に落ちてゆくはず
ほかの野鳥のヒナたちは、、そうして生きていってる


大家は、余計な手出しをして親子を引き離し
せっかく意を決して巣立ったヒナちゃんを巣に戻して苦しめ
結果的に2羽のヒナちゃんを死に至らしめたことになる

特に、最後のヒナについては
必死に親について行こうと4度も巣立ちを試みとうとう力尽き
親の方もヒナを見失ってあきらめ来なくなった、と想像する



そして、
健康なヒナちゃんが3週間を無事に巣で過ごすためには
可能な限りのダニ除けはもちろんのこと
チェックもさらに確実にすべし、という教訓も得た


*****************************

早目の巣立ちと思われる今年の報告例を載せておきます
お寄せいただいたコメントを一部転載させていただきますが、
ご了承くださいますようにお願い致します


以前ご近所ツバメの巣立ち雛が、例年より小さいとお伝えしましたが、その中でも極めて幼い雛達もいました。全身産毛だらけで、何故親が巣立ちさせたのか?と疑問だったのですが、ハプニングで、巣立ちに至ったのかもしれない。特に小さい一羽が他のツバメに、ぶつかられてたのですが、怯まず電線の上で喧嘩して、追い払ったのです。小さくても強い子もいますね。大家さんの3羽の雛ちゃんも、大丈夫な気がします
(モンちゃんさんより)


アパートのドアの上に巣があり、雛が成長して来たんですが、ある日姿がいなくなり、まさかと思ったら、階段の裏側と置いてある自転車と挟んでひっそりと潜んでました。
かなり成長してて、まあまあ巣立ち前の気がします。


保護されて人工巣に移されましたが飛び出たとのことです
私がダニ駆除をしたヒナの記事をご覧になって

私が捕まえた時は正に写真のとおりの姿でした!
(ちゃぼさんより)


今困っているのは、昼間に一度は脱走するんです。「いないっ!」と思って、冷や汗かいて探すと、近くにいました。昨日は、巣のすぐ近くで見つかったのですが、今日は、巣から20mくらい離れたところで見つけました。親鳥は、周りで旋回して心配そうにしていました。巣に戻してあげると、安心したように、また親から餌をもらって、お昼寝したりしています。
どうして脱走してしまうんでしょう?
10mくらいは飛びますが、まだ、電線とかまでは飛べないようです。

(ふくふくさんより)


孵化後16,17日目での巣立ちはご経験ありますか?
その日は、親が子供たちに飛ぶよう促してるみたいだと話してはいたのですが、巣立ちにはちと早いような、かといって、何かに襲われた形跡はないのです。気付かない内に襲われることもあるのでしょうが、レスキュー隊もスタンバイしており、何かに襲われるタイミングはなかったはずです。親と一緒に飛んでいる子らしき姿も確認しました。何かに襲われる状況というのが非常に考えにくい状態とタイミングでしたので、巣立ちだと思っているのですが、、。
孵化後16日.17日であれば、十分巣立つことができるでしょうか、なにか、そんなお話を聞かれたことがございますか?
最初に3羽、翌日に2羽いなくなりました。

(ぴょん子さんより)


ほかにもありましたら、ご連絡よろしくm(_ _)m

*****************************


自然のままに、ツバメさんの力を信じることも
とても大事なことだと痛感した今年でございました

ツバメ可愛さのあまりに
野鳥であること
野鳥の尊厳を守ってあげること
それを忘れてしまわないように肝に銘じます


そして、皆さまのご相談にご返事を差し上げた自分自身が
野鳥に対する基本姿勢を実行出来てなかったこと、猛省しております



ヒナを拾わないで
ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ヒナが落ちていたら | コメント(14)

大家宅ツバメさん、お別れに来てくれました

2017年08月02日

大家宅の周りでは、
ほとんどツバメさんを見かけることはなくなり
季節の移り変わりを感じている今日この頃


軒下さんのご夫婦でしょうか

軒下の巣


きっと来年もここで会おうね~
ちゃんと覚えておきましょうね
軒下の巣




空には数羽のツバメさん
そのうち3羽さんが下りてきてくれた

こんちは~~
若ツバメさん



立派に育ったヒナちゃんの姿

ご訪問


若ツバメさん


お別れに来てくれてありがとう~~




そろそろ玄関内の巣も下ろすときが

ちゃんと覚えておきますよ!
家の中の巣

奥さん、ご一緒じゃないんですね
お元気にしてるのかしら




玄関前ツバメさん専用電線は

シオカラトンボ

トンボさんの休憩所となっています


そして、聞こえてくるのは、セミの声ばかり



元気でね
ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2017年 | コメント(8)
 | HOME |