03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ツバメの親はヒナに貝殻を運ぶ、千年の時を越えて明かされたかぐや姫伝説の真相

2016年08月29日
バードリサーチニュース
ツバメの親はヒナに貝殻を運ぶ
千年の時を越えて明かされた、かぐや姫伝説の真相

2016年08月29日 著者:神山和夫さま


とっても興味深い内容ですので、ぜひご覧くださいね



さて、上記の記事に出てくる「子安貝」について

「子安貝」というのはタカラガイ科の巻貝のこと

タカラガイは、主に暖かい地域の熱帯から亜熱帯の海に生息する
世界中では230種ほどあり、日本近海には90種ほどが生息する
日本の固有種としては、リュウキュウダカラがある

大きさや色合いは種類によってさまざまである
貝殻の表面は滑らかさで光沢があり、美しい模様があり
まさに「宝→タカラ」と名付けるにふさわしい自然の芸術品と言える

ゆえに、
アフリカや中国では貨幣としても用いられていた
北アメリカでも神聖なものとして、儀式などで使う部族があった

日本においては、縄文遺跡から装身具として用いられたものが出土している
沖縄諸島においても、宗教的な装身具として使われてきた

その形状が女性器に似ていることから、安産のお守りとされた
その意味合いで「子安貝」と言われる


そして、
『竹取物語』に「燕の子安貝」として話にでてくるのであります



『竹取物語』の「子安貝」どんなお話だったかなぁ~、おさらい

かぐや姫に求婚したのは、5人の貴公子
それぞれに「かぐや姫」から難題を与えられるのですが
一人に、中納言石上麿足という人物がいました
(なぜか、この方だけは、実在の人物だそうです)
石上麿足に与えられた結婚の条件は
「燕の巣から子安貝を取ってくるように」でした

石上麿足は、家来たちから
「ツバメが子安貝を産むときがある
ツバメを殺してお腹の中を見たけれど子安貝はなかった
それは人が見ると消えてしまうものらしい」
と報告を受けます

石上麿足は、籠に乗って、ツバメの巣をのぞくと
まさに「子安貝」を産むところ、「子安貝」ゲット~~!
と、手のひらで「子安貝」を掴んだところで、
籠をつるした縄が切れて落下、気絶

そして、気絶してもなお大事に握っていた「子安貝」は、、
それは「子安貝」ではなく、ツバメの糞だったのです・・

うーーん、ざんねーん

腰の骨を骨折した石上麿足は意気消沈
病気も併発してしまって、力つきて亡くなってしまうのです

全く、頑張った甲斐=貝のない結果となってしまい
お気の毒な石上麿足でありました


という、お話だったのですが


本当は、ツバメが貝を産むのではなく
ツバメの親がヒナに食べさせるために貝殻を運んでいたのですね

ということになりますが

ツバメが貝殻を食べているとすれば
糞の中に貝殻が出てきてもおかしくはない

そうだとしたら、貝を「産む」と言うのも頷けるかな、などと考えております
石上麿足さんが握っていた糞の中にも
よーく探すと「子安貝」の貝殻があったかも?


私が観察した貝殻とペリットについてまとめてあります
ツバメが運んできた貝殻と、ヒナが吐き出したペリット

今のところ見つかっている貝殻は、タカラガイではないようです
本当に「子安貝=タカラガイ」の、貝殻が見つかると面白いですね



また、ヨーロッパのほうでは、バードリサーチニュースにも書かれているように
ツバメが海から運んで来て巣に置く石「燕石」というものがあり
これは、ツバメが雛の失明を治すために海から運んでくるものだそうです

『燕石と呼ばれるものをよく見ると、二枚貝の蔕のような形をしている。これは石のように非常に硬く、かつ、燕の巣のなかから出てくるので、燕石と呼ばれるようになった。これを瞼の下に挟んでおくと、目に入った小さなゴミを取り除く効用があることから、燕石には広く眼病を治す効果があると信ぜられ、ただ単に目の中に入れるのみばかりか、それを粉末にして服用するような習慣も生まれた。』
燕石考:南方熊楠の世界より)

その石は、人の眼病を治すこともできる、と信じられていて
見つけた人は果報者になれる、と言われていたのですね


「燕石」は、
二枚貝のヘタのような形、石のように硬い
ツバメの巣の中から出てくる
瞼に挟めるくらいのもの、、とあります

まさに、私が拾った貝殻と同じような感じ?
これは、石じゃなくて、やっぱり貝殻じゃないかしらね~

また、この「燕石」を女性が身につけていると安産となるとのことで、
「子安貝」ともつながる話ですね



話は、飛びますが
月の裏側にかぐや姫が見つかったというお話もあります
興味があったら、検索してみると面白いですよ


≪追記≫
タカラガイ全般を指して「子安貝」と言うが
特に安産のお守りとしては「ハチジョウタカラガイ(八丈宝貝)」を指すことが多い
ハチジョウダカラ
鳥羽水族館「ハチジョウダカラガイ」




(2016 8/31 一部手直し再更新しました)


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
巣の下で拾った虫、貝殻、ペリット等 | コメント(2)

ツバメが運んできた貝殻と、ヒナが吐き出したペリット

2016年08月26日
ツバメのパパママさん
ヒナちゃんへは虫のほかに貝殻を運んでくることがあります

その観察記録をまとめておきます


*2014年05月17日


給餌を受けたヒナが喉を詰まらせますが、
そのときに親からもらったのは貝殻と思われます
(1分過ぎぐらいをご覧ください)


この動画から切り取った写真
貝殻を食べさせているようです
白いもの

ヒナの口の中に貝殻が見えます
白いもの


そのあとのヒナの様子、上あごに貝殻
口の中の貝殻


飲みこめずに吐き出しました
吐き出しました



*2014年05月23日
貝殻を食べさせていました
貝殻2014/5


≪2014年に拾った貝殻≫
貝殻 貝殻




*2015年05月26日
貝殻2015/5




*2015年6月1日 これも貝殻かな
貝殻2015/6




*2016年05月19日
貝殻を運んできました
貝殻2016/5


≪2016年に拾った貝殻≫
貝殻2016/5/21 7月14日貝殻

7月15日貝殻 7月16日貝殻

 



巣の下には、虫や貝殻のほかに
ヒナが吐き出したペリットが落ちていることもあります

2015年6月8日
ペレット2015/6


2016年5月23日(裏表)
ペリット5/23 ペリット5/23


2016年5月30日
5月30日


貝殻は、吐き出したペリットの中にもありましたので
食べた虫の消化を助ける「胃石」の役目をしているのかもしれません

2016年に拾った虫、貝殻、ペリットについてはコチラにまとめてあります
貝殻とペリットについては、バードリサーチさんにて詳しく調べていただいています
ご報告をいただきましたらお知らせしますね


ツバメかんさつ全国ネットワークのブログもご覧ください
2016年06月15日 ツバメの巣の下に落ちていた貝殻
2016年07月22日 ツバメの巣の下で、また貝殻が見つかりました
2016年06月21日 ツバメが落とした貝殻はシジミの仲間でした




ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
巣の下で拾った虫、貝殻、ペリット等 | コメント(0)

巣の下で拾ったもの、ツバメのご飯(平成28年)

2016年08月01日
2016年(平成28年)
子育て中にツバメがヒナに運んできた虫
巣の下で拾ったもの、まとめ



(写真はクリックすると拡大します)

5月21日
卵の殻は5月14日に拾ったもの
右下の白いものは貝殻
5月21日


5月26日
5月26日


5月28日
5月28日


5月30日
下の4個はヒナが吐き出したペリット
5月30日


6月1日
6月1日


6月16日
6月16日


7月4日
7月4日


7月5日
7月5日 7月5日


7月6日
7月6日 7月6日 7月6日 7月6日 7月6日 


7月7日
7月7日 7月7日 7月7日 


7月8日
7月8日 7月8日


7月9日
7月9日 7月9日 7月9日


7月11日
7月11日


7月12日
7月12日


7月13日
7月13日


7月14日
7月14日 7月14日 
貝殻
7月14日


7月15日
7月15日 7月15日 7月15日
貝殻 
7月15日


7月16日
7月16日 7月16日 
貝殻
7月16日


7月17日
7月17日


7月18日
7月18日 7月18日


7月19日
7月19日 7月19日 7月19日


7月20日
7月20日 7月20日 7月20日


7月21日
7月21日


7月22日
7月22日 7月22日


7月23日
7月23日 7月23日


7月24日
7月24日



5月19日
貝殻を運んできた親ツバメ
運んできたものは、なあに
運んできたものは、なあに posted by (C)緋佳


5月23日
ヒナが吐き出したペリット拡大(裏表)
ペリットの中にも貝殻
ペリット5/23 ペリット5/23 



※この記事はコチラにも転載してあります

※貝殻とペリットについては、コチラにまとめてあります



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
巣の下で拾った虫、貝殻、ペリット等 | コメント(0)

ツバメが運んできた虫(平成27年)

2015年08月09日
2016年(平成28年)
子育て中にツバメがヒナに運んできた虫

ツバメは飛びながら虫を捕えて食べる
って言われているけど
さあて、どんな虫を食べてるのかな

もし、ヒナちゃんを保護することになった時
さあて、どんな虫を選んであげれば良いのかな

ヒナが食べ損ねて
巣の下に落ちていた虫の写真を撮りましたので
参考になさってください

こちらにまとめてありますツバメのご飯



給餌の様子も見てください
カゲロウや羽アリを口いっぱいに頬張って
たくさんの虫を一度にヒナちゃんの口に押し込んでいます
一度で食べきれないときは
二度三度と他のヒナに分けてあげることもあります

5.24 5.24
5.29 5.24
7.08 7.06
6.02 7.08


虫はとても栄養価が高く
将来的に万が一食糧難になったときは
蛋白源としての価値は高い、と言われています
ミネラルやビタミン類も豊富に含まれカロリーも高いそうで
完全食品といっても過言ではないとのこと

ツバメのヒナが、あれよあれよという間に育つわけですね

参考虫を食べるはなし
肉にまさる虫の栄養価

でも、そうは言っても
同じ虫ばかりでは栄養が偏る可能性はあります
(例えば、ミルワームだけでは病気になります)

いろんな虫を食べることで
ヒナちゃんが健やかに育つのでしょうね

我が家のヒナちゃんたち、こんなものを食べてました(二番子ちゃん)
虫の写真は、こちらでツバメのご飯
その日によって、
ハムシが多かったり、ハエが多かったり、トンボが多かったり、、
飛んでる虫だけを食べてるのでもありませんし
実にバラエティ豊かな食生活のようです

一番子ちゃんと二番子ちゃんでは食事内容が変わります
虫の種類による発生時期が違うためでしょう
また来年も、写真を撮って比べてみようと思ってます


虫は栄養満点
応援ポチthank you
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
巣の下で拾った虫、貝殻、ペリット等 | コメント(18)
 | HOME |