09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

明けましておめでとうございます

2017年01月01日
ツバメさんたちがやってくる方角の空に
今年も日の丸を掲げました


お正月

今年もよろしくお願いいたします


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
いろいろ | コメント(4)

ツバメさんのために窓を造る

2015年11月17日
ツバメのために新しく窓を増設するって
そんなの変かな~


大家宅、バスタブが壊れました、穴が開きそう・・
(バスタブが壊れるって、なんてこった~)

で、浴室のリフォームをすることになったんです

そうすると、職人さん、大工さんが入るでしょ

ついでに相談してみたんですよ

「ツバメさん専用の出入り口を造りたい」
・・とは、言いませんでしたが

「玄関の上の方に新しく窓を造りたいんです」
「安心して開けっ放しできるような窓がほしいんです」

そしたら、一日の工事で出来ますよ~ との返事

確かに、費用はかかるけど

ほしいなぁ~って、常々、思い続けていた


でも、ツバメのために、ここまでやるか、変なオバサン


こんなことにお金をかける人なんて、そうそういないよね
ちょっと普通じゃないよね、変だよね、変な人だよね。。 変じゃない?


でも、家族の言葉に後押しされた
「人の価値観ってそれぞれでしょ」
「ブランド物を買う人もいる、旅行三昧の人もいる」
「ツバメが好きなら、やればいいよ」


反対されるかと思ったけど・・
夫や母が賛成してくれた(感謝)

よっしゃ~~、やるよ~


ツバメさんのための、新しい窓
玄関壁を切り抜き増設、けってーい
さらに来春が楽しみになりましたワ

これで、ツバメさん来なかったら、、、うううう


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
いろいろ | コメント(9)

ウグイスが鳴いてました

2015年02月28日
わぁ~!もう明日は3月

今年のご夫婦は、どんなツバメさんかな
去年と同じご夫婦なら安心なんですけど・・
無事に帰って来てくれますように

2月23日 ウグイスの初鳴きでした
ケキョケキョ、ケキョケキョ、、、、
うーん、もう一息だね、頑張れ~
と聞いていたら、ついに

ホーーホケキョ ホーーーホケキョ

と、鳴いてくれました
(早速、初鳴きの登録

キジバトのディスプレイが始まってます
カラスご夫婦は巣作りの材料を口いっぱいにくわえて運んでました

春がきましたねぇ~


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
いろいろ | コメント(0)

今年も帰ってくるかなぁ

2015年01月01日
明けましておめでとうございます
日の丸と初日の出
日の丸と初日の出 posted by (C)緋佳

今年もよろしくお願いいたします



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
いろいろ | コメント(8)

ツバメ柄の手ぬぐいと認め印

2014年03月20日
雨降りで寒い・・
こんな日だもの、ツバメさん来ないよね~

ツバメの手ぬぐいでも、載せておこう

まあ、ツバメさんを思いながらの退屈しのぎ・・すみません

  

使うにはもったいない
けっこう人気あるみたい
額に入れて壁に飾るとステキになりそうですね   


ついでに、おもしろいもの見つけたつばめ 認印


よろしく~本日33位
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
  

こちらは31位↑ありがとうございます

大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
いろいろ | コメント(4)

鳥獣保護法・生物多様性

2010年06月01日
ツバメが巣作りのために運んでくる泥、そして糞、
特に子育てが始まると巣がある周辺が汚れますよね~
でも、大家は、そんなこと、ちっとも気にならないのですよ
いつもよりちょっとこまめにお掃除をすれば良いだけですのでね
巣の下に新聞紙を敷いておくと良いですね

ツバメの鳴き声が煩いと感じる方もいるかと思います
大家は、ツバメのサエズリや雛たちの鳴き声は、むしろ癒しですけどね~

まあ、それは、人それぞれで感じ方が違うと思いますので、
ツバメを嫌って迷惑と感じる方に「ツバメを愛せよ」と感情論でものを言っても
それは無理、何の効果もないのじゃないでしょうか~

ツバメに家の外壁や車を汚されることにガマンできない
ツバメが車に糞を落とす!あ~、大事な車を守るために、ツバメを追い払ってしまおう
そうですね、残念なことですけど、
高級車をお持ちの方の気持ちも分からないではありません・・

ですが、

ツバメを始めとして、鳥や獣は、なぜ守らなければいけないのか・・・
と、皆さんは考えてみたことはありますでしょうか

え~~、なんだか、今日は難しい話になりそうかなぁ~
でもね、たかが素人のオバサンの大家が考えることですので
ちょっとお付き合いくださって、拙い文章をお読みいただけると嬉しいです


**********************


鳥や獣を守るということは、
単に、その一種類の生き物を守るということではなく
大自然全体を守って行くことにつながるのだと思います
この大自然は、すべての命が複雑に絡み合い関係しあって、
大きな大きな生態系を形づくっているのです
そして、人もその中の一員なのですね

ですから、人が鳥や獣たちを迷惑に感じたときは拒否するだけではなく、
共存する方法をさぐり考えてゆかなければいけないのではないでしょうか

「鳥獣保護法」は、鳥と獣と人が共存できる社会を目指し、
鳥も獣も人も、ともに幸せになれる環境を作ってゆくことを目的としています
鳥や獣を守ることが、人が生きて行くための生活環境をも豊かにして行くのだと、
法律はそれを目指しているのですね

地球上では常にたくさんの生きものたちが危機に瀕しています
ツバメに関しても、いつどのような危機が突然に訪れるか分かりません
ツバメはもちろん、スズメやヒヨドリやムクドリのように
身近に見られる野鳥の存在も大事な存在と思います

最近では、スズメの数が急激に減ってきているとのことも聞きますが
数が減ってしまって天然記念物や希少種として指定される前から
ひとつひとつの種を守ってゆく配慮を心がけたいものですよね


ツバメに関して言いますと、
昔と比べて、巣作りに適した場所が少なくなってきています
自由に出入りできる土間はなくなり、
人家の外壁は泥のつき難い外壁が使われるようになってきました
昔と違って清潔志向が強くなった現在人は、
糞などに対して神経質になっている傾向もあり
ツバメが巣をかけることを嫌う人も増えてきたようです
巣作りに適した泥の確保も困難になってきてることもあるかもしれません

ツバメは渡り鳥ですから、幾多の困難を乗り越えて、
日本に帰ってきてくれます
私は、もうそれだけでとても尊く貴重なことと感じます
ツバメは、南の国では営巣はしない夏鳥、
雛を育てるために帰ってくるのです
ひとつひとつの巣を大事に見守ることこそ、
今、私たちに求められていることだと思います


しかしながら、一般の方に限らず、行政の方も、
「鳥獣保護法」についてあまり深く考えておられないように思うのですが、
どうでしょうか・・

「近所のツバメが糞を落とすから、どうにかしてほしい」

と、役所に相談があったとき、役所の方はどのように返事をするでしょうね

「鳥獣保護法で決められているから巣を壊すことはできません」
「野鳥には触らないほうが良いですのでガマンしてください」

でしょうか。。。

それでは、迷惑をこうむっている方が納得できるはずもありませんよね
「クソ法律だ!」って思うかもしれないじゃないですか~。。

そういうとき、
この「鳥獣保護法」が目指している趣旨を説明して納得していただけると良いですよね
相談を受けた行政の方も、法律の意図を理解し、
説得力のある対処をする努力をしてほしいと思うものです


「いのち」と「暮らし」を支える生物多様性を私たちは、
自らの手で危機的な状況に陥らせています。
すべてのかけがえのないいのちを守り
その恵みを受け続けていけるように、
今、行動することが必要なのです。


これは生物多様性とは?のページにある言葉ですが
ここには、このようなことも書かれています

生物多様性とは、
生き物の「個性」と「つながり」です。
地球上の生きものは、様々な環境に適応して進化し、
3,000万種ともいわれる多様な生きものが生まれました。

生物多様性のたくさんの恵みによって、
私たち人間を含む生きものの「いのち」と「暮らし」が支えられています。

地球上の種の絶滅のスピードは、化石記録からの推定値の1,000倍(40,000種/年)にも達し、
たくさんの生きものたちが危機に瀕しています。


どんな小さな命でも、大事な命、ですね

ツバメさんに関しても、子孫を残すための営みを守ってあげましょう
泥も糞も、少しガマンして、何か汚されない工夫をすれば良いのですよね


地球は、人間だけのものではありません
すべての命は、それぞれのお役目を担ってこの世に遣わされたのだと思います
それがたとえ、人間に害をなすものであっても・・
人間も、大自然の中の一員であり、
すべての命が巡り巡る恩恵を受けて生きているのですよね


 
ポチリと応援ありがとうございます
1位です、ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


こちらもよろしく!
   

あらぁ~、1位
web拍手
いろいろ
 | HOME |