09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

栄養障害が出たときの強制給餌用餌のレシピ

2012年10月22日
ながらく更新が滞りましたが
ツバメがいないので仕方ないというところでございます

でも、まだ、ツバメを見たよ~というご報告もいただいて
そっかーーまだ見られる地方もあるのですよね~

そろそろ朝晩は冷え込むようになってきましたし
明日は西高東低の冬型気圧配置とのことで
ツバメさんも急ぎ南へと向かわれることでしょう 

ママ~ママ~~

さて、ツバメさんの雛を保護せざるを得ないときってあると思います
ごく一時的な保護や親ツバメさんへの手助け程度であればまだしも
長期的にお世話をしなければならないときは特に
与える餌への気配りが重要になってきますね

本来は、昆虫だけを餌としているツバメですので
同じように昆虫をたくさん与えれば良いわけですが
与える数や種類は、とうてい人の昆虫採集で補えるものではありません

そこで、一般的に代替餌として
生餌として売られているミルワーム、蚕の幼虫、コオロギなどと
それから野鳥用のすり餌を与えることになります

ですが、やはり、人の飼育下では栄養障害を起こすツバメは多いのです
症状は最初に目に表れてきます
脚に表れてくることもあるようです

そんな時の
「ツバメさんの餌レシピ」をご紹介しておきます

傷みやすいので毎日少量作って冷蔵庫に入れておきます。
一度に作るのは米粒にすると5~8粒ぐらいの量が適当かもしれません。

・七分すり餌…2gぐらい
・かたゆで卵の黄身と白身を同量…すり餌と同量2gぐらい
・はちみつ…2、3滴
・ペット用栄養剤…3滴(やや大目)

これをゆで卵の白身の形がなくなるまでよく練って固めの練り餌にし、
米粒ぐらいの大きさにして口に放り込みます。
米粒2つ分ぐらいを1日1回与えます。


そして、可能な限りは生きた自然の昆虫を与えることが大事です
レシピは、鳥獣保護ボランティアをなさってる「のんじん様」より教えていただきました

のんじん様で保護なさっているツバメも瞬膜が閉じてきてしまう症状が現れ
獣医さんに診せても治らなかったのですが
『これを2日続けたところ、ぱっちりと目が開いて、とても元気になりました。』
と仰っています
『我が家のツバは今日も朝2粒食べておめめパッチリでとても元気です。
あとはミルワームと生きたショウリョウバッタを食べてご機嫌です。
最初はとても嫌がっていましたが、甘いからか、それほど嫌がらなくなりました。
これで少しでも弱った仔のお役に立てればと思います。』

(のんじん様より)

いずれにしましても、
ツバメさんを保護して育ててゆくことは難しくたいへんなこと
決して安易な気持ちでできることではありません
相当な覚悟でのぞまなければならない日々の作業となります

鳥獣保護ボランティアの皆さまのご尽力ありがとうございます

チビちゃんたちのシルエット
チビちゃんたちのシルエット posted by (C)緋佳

〇栄養剤として使用できそうなものを挙げておきます
全ての鳥類の栄養補助食品ネクトン
カルビタバード 基本栄養剤 鳥用サプリメント
小鳥の知恵 栄養飲料
小動物と小鳥用の特殊調整粉乳 ワンラック ペットミルク


応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
栄養障害を治す強制給餌レシピ | コメント(2)
 | HOME |