09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

SWALLOW Bowl について

2017年04月09日
大家宅、玄関外に取り付けてある
swallow bowlが入っていた箱です

swallow bowl

スワローボールは、2013年から設置しています
2013年3月19日

それからの3年間はツバメさん見向きもせず
ほとんど諦めていたところ昨年(2016年)に使ってくれました

大家は「日本野鳥の会」から頂きましたが
今、手に入れようと思ったら
こちらになるようです
Swallow Nesting Bowl(Wildlife World)

今は、デザイン変更になってるのかな

このスワローボールの形は
ツバメさん出入り用に真ん中上部に穴を開けて
天井にぴったり付けるか板などでふたをすると
コシアカツバメの巣としても利用できるようですが
こんな形のものも売ってました
House Martin Nest Box Bowls
イワツバメ用とのことですけど
コシアカさんにも使えるように思いますね


まあ、こんな外国製品をわざわざ取り寄せる必要もなし

大家作成の玄関内の巣のように
ご自分で、造ってみるのも一興かと思います

新しい巣


ツバメさんが来ないので
つまらない記事になってしまいましたが、ご容赦を

ツバメ


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(0)

ニッポンの里山「ツバメが来るため池の里」

2017年03月10日
朝7時[BSプレミアム]
ふるさとの絶景に出会う旅
「ニッポンの里山」

先日(2月23日)の放送ご覧になりました?
「ツバメが来るため池の里」

久しぶりにツバメさんを見て、心ほのぼの
家の中で子育てするツバメさんにわくわく
そして優しい家主さんのお気持ちに共感した番組でした

少々遅くなりましたが
以下、文字起こしにて番組紹介
ーーーーーーーーーーーーーーー

埼玉県のほぼ中央、たんぼと森が広がる滑川町です
ここには、たくさんのため池があります
その数、およそ二百、近くに大きな川がないため、古くからため池を利用してきました
この町に、毎年春になると南から渡ってくる鳥がいます
 
ツバメです

ツバメ

こちらのお宅では、なんと納屋に出入りしています

ツバメ

ツバメは人の住むところに巣を作る珍しい鳥
今年も、この場所に決めたようです


農家の〇〇さんです
ここ↓は、○○さんの家の玄関先

ツバメ

ここにもツバメの巣があります
もう何年も前に作った巣に今年もやってきました

〇〇さん
「おれが起きて「おはよう」っていうと飛び立って
「ピーちゃんおはよう」というと飛んで二回りしてさーっと行く

また賑やかな子育てが始まります

田んぼに水を入れる準備が始まりました
冬の間水路に溜まった落ち葉などを掃除する「堀普請」と呼ばれる作業
泥を掻きだすと、中から出てきたのはドジョウ
泥の中で冬を過ごしていたのです

この時をツバメも待っていました
集めているのは湿った田んぼの泥や藁

ツバメ

巣の材料に欠かせないものです
田んぼはツバメの巣作りにも大切な場所

ツバメは毎年、こうして泥を巣作りに使うのです

ツバメ

ようやく巣が完成しました



今年もツバメが巣作りした○○さんのお宅
どうやら交替で卵を温めているようです
数日後、ちょっと変わったことが起きました

親鳥が何かをくわえて飛び出しました
よく見ると、卵の殻です
雛が孵った証拠です

ツバメ

二週間後の早朝
○○さんが部屋を明るくすると、賑やかなヒナの声
すっかり大きくなったヒナは食欲旺盛

ツバメ

親鳥は食べもの集めに大忙しです
親鳥が行き来するのは、ガラスを外した玄関扉
狭いところを見事に通り抜け、一日に何度も食べ物を運んできます

ガラスを外したのは、
留守中でもツバメが出入りできるようにという○○さんの思いやりです

ツバメが飛び出した先に広がっているのは、緑豊かな田園の風景
向かった先は、
そう、集落にたくさんあるため池です
春になって、ため池から大量にわく小さな虫がヒナの食べ物になります
田んぼとため池がある滑川町は、
ツバメにとって過ごしやすい環境なのです

五月の終わり
ため池の栓を抜く日です
乾いた田んぼに水が流れ込みます
田植えの季節がやって来たのです

ため池にはこの季節、たくさんの花が咲き誇ります
ここでも多くの生き物が子育てをしていました

ため池は、生き物にとってオアシスのような場所なのです

○○さんの家のツバメはどうしているでしょうか

もう巣に入りきれません
羽ばたきの練習も始まり、巣立ちはもうすぐ

ツバメ

秋になると南へ渡り、また来年この里へ帰って来ます
田んぼとため池、そして人々の暮らしが、
毎年ツバメを見守っている里山です

ーーーーーーーーーーーーーーー

○○さんのお宅では、我家同様に玄関の中での子育てで
玄関の引き戸の、上部のガラスを取り外して
ツバメさんの出入り口としてらっしゃいました
そして、無事に6羽のヒナが育ちました

まもなく今年も、ツバメさんが帰ってくる時期ですね~


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(2)

日本人らしい発想、ツバメの糞避け

2017年02月02日

海外から見ると「日本人すごい!」
と、驚かれるそうです




ツバメが来ることは縁起が良いと言われていて
ツバメに来てほしいと願う方が多い一方で
ツバメを追い払う人もいる
その一番の理由が「糞が汚いから」

だけど、私にとっては
毎日の糞掃除は、むしろ、楽しみ
ちっとも汚いなんて感じない

糞嫌いの人からすると、私は「変な人」かも?


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(8)

ツバメさんが来たよ

2016年01月09日
ついに、待ちに待った
ツバメさんがやってきました~

ええ~~!うっそ~~

ほんとです

名称未設定-1b
 
ね、ツバメさんのフィギア、素敵でしょ

万葉集に詠まれた鳥

(写真はみこはんさんにお借りしました)


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(10)

ツバメさん専用の窓工事完成

2015年12月22日
壁に穴があきました
天井ギリギリの高さで、





そして、ついに、完成しました~



今までの窓と比べて、だいたい75センチ高くなりました


見た目、どんな感じになるか、、、心配してたけど
けっこう良い感じじゃないですか


・庭によその猫が来ていても、きっとジャンプ届かず
ツバメさんが出入りするときの危険が減ります
(そのようなことはなかったものの可能性に懸念)

・玄関内に人が立っていても
入って来ようとするツバメさんの邪魔になりません
(いきなりの顔合わせにビックリすることもなし)

・ガラス窓を外してしまえば、翼を広げたまま入って来れる
(開口部は高さよりも幅の広さが出入りし易い)

・なんといっても、窓を入ると目の前が巣!
(パパツバメの負担、多少なりとも減るかもね)



と、ツバメさんには、良いこと

大家自身も、いろんな面で楽になります


です、け、ど、


さて

大家とツバメさんとのお付き合いに、どんな変化が?



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(8)

窓工事の業者さんとの会話

2015年11月25日
本日は、浴室のリフォームと窓新設のための現場調査に
午前と午後に別れて5名の業者さんが来訪

ツバメさんの出入り窓を新設するにあたっては
どんな窓が欲しいのか、こちらの希望を伝えなければいけません

で、業者さんに、お話したんです

なぜ、ここに窓を造りたいか、を・・


そしたら、業者の皆さん納得

「いいですねぇ」
「とってもイイことですねぇ」
「そうすると完全に開放できないといけませんね」
「ツバメさんは、いったん止まってということはなく飛び込んできますよね」
「翼を広げて入ってくるので・・」
「横は広く開けられるほうが良いですね」
「そうすると、引き違いよりも横すべり出し窓がイイですね~」
「どのくらいの角度まで開けられるか、が問題ですが・・」
「調べておきます」
「窓の開放角度は90度にはならないのは確かなので」
「横すべり出し窓なら、サッシ縦サイズは30センチじゃあ、狭いかなぁ」
「ツバメさんが、うまく覚えてくれるかなぁ」
「やっぱり50センチ高さの窓にしましょう」
「それなら、きっと、ツバメさんも無理なく入れるでしょう」
「窓を上向きに開けるか、下向きに開けるか、ですねぇ」
「どっちがイイかなぁ~」
「具体的にどんな窓があるか調べさせて連絡します」

等々、熱心に考えてくださった

(私はやっぱり、無難に引き違い窓H300が良いと思うのですけど)
(うちのツバメさんは、30センチで入ってきます)
(なるべく高い場所にお願いしますね)


「どこに巣を造るんですか~」

ツバメに興味を示してくれるのは嬉しい
みんな、ツバメさんのこと、好きなんだ!

「来年はいつごろ帰ってくるんでしょうか」
「ああ、それで、工事は遅くても2月中に終わらせたかったんですか~」

話が早く進んで、今年中に工事が終わることになりました
ツバメさーーん、待ってるよ~~


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(10)

コシアカさんとツバメさん(写真紹介)

2015年09月10日
大家宅周辺では
もう全くツバメさんの姿を見ることはありません
ですので、日記のほうも滞りがち

そんな中
コシアカさんの南下組のお写真をいただきました
コシアカツバメ

確かにコシアカさん
コシアカツバメ


だけど、あれ?
コシアカツバメ


ツバメさんも混じっているようですよ
コシアカツバメ


ほらね
コシアカツバメ


mimiさんよりのごお写真でした
ツバメ家主の井戸端会議


みんな、台風に負けないで、元気でね~

今回の台風の被害に遭われた皆様へは
心よりお見舞い申しあげます


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(0)

(動画紹介)ツバメが網に捕まっていました

2015年05月26日
入ったら出られないようなネットは張っちゃいけませんでしょ




にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議

web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(6)

ツバメの一年(NHKの動画です)

2014年09月25日
何度見ても、心ほのぼの、ツバメさんの一年
ぜひご覧いただきたく、ご紹介しておきますね

題名をクリックしてリンク先でご覧ください

ツバメのくらし 春~夏


春。気温が上がり温かくなるとツバメは日本にやってきます。そして家ののき先などに巣(す)を作り、そこにたまごを産みます。それからおよそ2週間。ひながかえりました。親はこの時期、ひなのえさとなる虫を探して川原を飛び回ります。そしてつかまえた虫をせっせとひなに運びます。春から夏、ツバメは子育てをしています。夏。ひなは大きく成長しました。いよいよ一人で巣から飛び立ちます。



コチラでは↓南の国でのツバメさんたちが見られます
ツバメのくらし 秋~冬


秋。一人前になった若鳥が、親鳥といっしょに、えさを求めて飛んでいます。このころ、ツバメは川原にあるアシという植物の中でくらします。そして秋の終わり、気温が低くなるとともに、ツバメは日本からいなくなります。冬。ツバメは、日本からおよそ5000kmもはなれたあたたかい南の国にいます。春、日本があたたかくなるころにはまたもどってきて、子育てを始めます。




にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(6)

石垣島はツバメの群れの通り道

2014年09月11日


秋の使者・ツバメ飛来
八重山毎日新聞 自然 2014年9月10日


電線で羽を休めるツバメ。越冬地に向かう途中、石垣島に飛来している=7日午後1時30分、石垣市平得  フィリピンや台湾、マレー半島など暖かい南の国で越冬するツバメが石垣島に飛来している。
 ツバメは本州各地で繁殖。南の国々で冬を越すため、9月から10月にかけて群れで南下し、県内各地に立ち寄る。
 石垣島では養鶏場や牛舎の近くでエサとなる虫を捕食するため、群舞したり、電線で羽を休める光景がみられる。
 草木に朝露が宿り始めるころとされる二十四節気の一つ「白露」(8日)の時季を迎え、これからは残暑も次第に和らぎ、秋の気配が漂ってくる。



「ここはいいね」 ツバメ200羽、民家をねぐらに
八重山毎日新聞2014年03月08日


 東南アジアの国々で越冬し、春に繁殖地の日本本土などへ帰る途中に飛来したツバメ200羽以上が石垣市浜崎町の民家の車庫で羽を休め、近所の話題となっている。

 家主の男性によると、2年ほど前に5、6羽だったツバメは昨年夏から増え始め、現在では200羽以上が夕方にはねぐらとなる車庫の軒下羽を休め、朝方に飛び立っていくという。

 男性は「朝はツバメのふんがたくさん落ちて、掃除するのが大変だが、追い出すのはかわいそう」と話し、止まり木となる竹ざおをかけて、休憩場所を増やしている。

 日本野鳥の会石垣島支部の佐野清貴副支部長は「本土では住宅街で集団でいることもあるが、石垣島でこんなに多くのツバメが住宅街で見られるのは珍しい」と話した。

 


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(0)

つばめさんのクチバシの形は?

2012年08月20日
相変わらず猛暑続きの日本列島
大家も少しばかり夏バテ気味~~
なかなか、更新できずにすみませーん

さて、先日の問題の答え、お待たせ~

◎ツバメさんが口を開いたとき
その形は

(1)八角形をしている
(2)六角形をしている
(3)ひし形をしている
(4)楕円形をしている
(5)ほぼ円形をしている

正解は何番でしょーーか


まずは、この写真をご覧あれ~
くちばしー3

大きく開いたお口ですね~ 
ご覧のように(2)六角形をしている が、正解はでした~

自然界では、六角形がたくさんあります

雪の結晶は皆さんよく御存じ
ほかには、蜂の巣、昆虫の複眼、カメの甲羅、等々

つばめさんのお口が六角形をしているのも、
それなりに理由があって、そのように進化したのかも、ですね

つばめは飛びながら虫を捕食するので
できるだけ効率よく確実に虫を捕れる口であることが必要

●六角形は、前後左右斜めにもによく伸びる
●六角形は、耐強性に優れており変形にも耐える
●六角形は、面積を大きくとるのに適した形

六角形って不思議ですね~
人間世界でも、六角形はさまざまなところで使われているようです
どんなところに使われているか、探してみてね~

・・夏休みの自由研究にいいかもね~ なんて・・
参考自然が選んだ最強のデザイン



と、六角形が優れた形であることは分りましたが
つばめさんのお口を、もっと見てみますと、、、

大きく口を開いたときは、六角形ですけれど、、、

●小さく開いたときは「ひし形」に見えるかも
くちばし-1

まあ、見る方向にもよるとは思うのですが、、、
正面写真がなくって、すみません


●中くらいに開いたときは「八角形」
くちばしー2

大きく開いたときは一直線に伸びている左右の部分は
閉じるときには半分に折れ曲がるように縮むので、そんなふうにも見える

ただ、真正面からみると、やはり、六角形になってるか・・
これも、見る方向によるようで

●そして、ヒナちゃんが大きく開けたお口
くちばしー5
 
これって、六角形
大人になるとまっすぐになる左右の部分、丸みをおびて
どちらかというと「楕円形」と言っても良いかも・・

などと、写真とにらめっこしていた大家 

写真はたくさん撮ってるのですが、なかなか的を得た写真がなくて
よーし、来年はクチバシにも気を付けて撮ってみよう

あたちたちのお口どんな形かなぁ~ ビィビィビィ 
6月4日ヒナの口
  

●追加写真載せておきます(8/21)
お口は六角形だよ
クチバシの開閉に伴って
頬から伸びている腱(ピンク色)が伸び縮みして
両脇のクチバシ部分が真っ直ぐになったり
折りたたまれたりするのだと思います

(写真はクリックすると大きくなります)


応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議 
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(10)

ツバメさんのクチバシ

2012年08月15日
蒸し暑いです
ツバメさんはもういません

今年の観察日記も、もうボチボチですね
でも、たまには、思いついたことを記してゆきたいと思います

先日、ミスターパパのクチバシのことを記事にしましたので
本日も「ツバメのクチバシ」についてちょいと記しておこうかなっと

勝手ながら、問題にしちゃいましょうかね~
もし、気が向いたら、考えてみてくださいませ

◎ツバメさんが口を開いたとき
その形は

(1)八角形をしている
(2)六角形をしている
(3)ひし形をしている
(4)楕円形をしている
(5)ほぼ円形をしている

正解は何番でしょーーか
あ~、あまりに簡単すぎましたかな・・

応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議 
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(2)

大家の心配、パパのクチバシ

2012年08月12日
大家には気がかりなことが、、、
これは、8月7日のミスターパパの写真です 
来年も来るよ~
来年も来るよ~ posted by (C)緋佳

亀裂が入っているようにも見え?
大丈夫かなぁ~ 心配です

心配なクチバシ
心配なクチバシ posted by (C)緋佳
(クリック→他のサイズで見る→元画像でどうぞ)

どんなに気がかりでも
どうしようもありません・・・


たくさんの写真でつばめさんのクチバシばかりを見続けていた大家でしたが、
なかなかクチバシが鮮明に写っているのがありませーん

5月3日欠けているように見えます
ミスターパパ
ミスターパパ posted by (C)緋佳

5月16日やっぱり、これはパパかな
給餌
給餌 posted by (C)緋佳


少し欠けるくらいなら心配ないとしても
どうか無事に過ごしてくれることを祈ります


≪追記です↓≫

鳥のクチバシは、まずは骨があって、その骨を被うように真皮があり
さらに、その真皮の外側はケラチン質となっています

クチバシの折れについては、骨の部分までが折れてしまうのではなく
ケラチン質の部分が折れるぐらいでは心配することはありません

このケラチン質は、爪と同じで伸び続けるものです
伸びるのはクチバシの先の部分だけではなく
クチバシの周りのフチの部分についても伸びます

普段の生活においてクチバシは人の手と同じように
さまざまな役割をしていていますね
虫を捕ったり、巣材を運んだり、体の手入れをしたり
そして、クチバシの汚れを取るときなどに
木の枝等にこすり付けたりすることで
クチバシは常に程よい長さに保たれることになります
行動が制限されている飼い鳥では、伸びすぎることもあります

また、歳をとってくると行動が緩慢になるせいか
あるいは、伸びが早くなるのか、、、?
爪と同様にクチバシが伸びすぎる傾向にありますが
大自然で生活している野鳥においては
寿命等を鑑みるとあまりそういう例は見られないと思われます



ということで、ミスターパパさんのクチバシの先端が
ポキッと折れても、まあ、まあ、心配はないとは思うのですが
・・でも、やっぱり、こいう写真を見ると、
ちょいと、心配性の大家でございます~


応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(7)

この年が一番たいへんでした

2012年05月01日
2006年の階段の踊り場での営巣、懐かしいです
2006年

この年は、育雛中にママが失踪した年でした
我家のツバメ日記・雛誕生11~19日(2006年) 

大家は、毎日毎日、
エッチラオッチラと大きな脚立をかかえて階段を上がったり下りたり
そして脚立に上って、5羽のヒナたちに補助給餌をしたのでした・・

今となっては、それも、懐かしい思いでとなりましたが

毎年毎年、今日もご夫婦そろって無事でありますように
と祈る気持ちでツバメの営巣を見守っています

ミスターくんが、なかなか帰って来ないと心配になる大家です


ツバメさん専用の出入り窓の下に敷いてあります
よその猫が窓の下にひそんでいたりしないように

猫対策
   

木酢液も撒いています



【5月1日大家宅周辺のお天気】
曇り雨が降ったり止んだり
最高気温 20度
最低気温 16度
風向風速(m/s)南南東2静穏0静穏0南2西南西1南南西1南西1東南東1
午後9時 気温16 湿度88

◆問題をだしてますよ~

問題:お近くのスーパーで買ってきた玉子を
保存する方法として最もふさわしいのは何番


(1)洗ってから、とがったほうを下にして冷蔵庫へ
(2)洗ってから、とがったほうを上にして冷蔵庫へ
(3)洗わずに、とがったほうを下にして冷蔵庫へ
(4)洗わずに、とがったほうを上にして冷蔵庫へ
(5)洗わずにそのまま常温で保存れば向きは気にしなくてもよい

さあ、さあ、答えをどうぞ~~

ポチリと応援よろしく
ときどき3位ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

こちらは2位です
ありがとうございます
 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(2)

大家宅の家の中で営巣を始めたいきさつ

2012年04月30日
いまさらですが、皆さまご存じのように、
大家の家ではツバメが玄関の中で営巣しております
なぜ 玄関の中なのと思われる方もおいでと思いますが

いきさつはこうです

お天気の良い日に玄関を開けたままで庭仕事してました
そこへ、いきなりツバメさんがやってきました
ツバメさんが玄関の中に入って行きました
何度も出たり入ったりしていて
そのうちどこかへ行くだろうと思ってましたが
ツバメさんはそのまま玄関の中で寛いでいました
出ていかないまま夜を迎えて
追い出すなんてことできません
そのまま玄関を閉じました

翌朝早くに玄関を開けました
ツバメさんはどこかへ行ってしまうどころか
玄関の中を気に入ったようで
階段の壁の照明のところに早速泥を運び始めました
そこで、巣が作りやすいようにと電灯を外し
巣台をこしらえてあげました
そして、翌年も翌年も忘れずに帰ってくるようになりました

そののち玄関の照明へと場所を移したツバメさん
ここが、いつもの営巣場所となりました
2006 7 1
(2006年7月1日撮影)

このままでは照明の飾り傘が汚れます
やはりこちらにも巣台が必要なようです
2006 8 12
(2006年8月12日撮影)

今では、ツバメさんが来る前に照明器具を外して
巣台を取り付けるようにしています

ツバメさんが生活しやすいように
電線を張ったり止まり木をこしらえたりしました

玄関を開けておけないときもあるので
ツバメさん用に開けておける窓も考えました

ここら辺はツバメもそんなに多くはなく
まさか本当にツバメがうちで営巣を始めるとは思ってもいませんでした
ツバメを呼ぶために何かをしたということも全くありませんので
大家にもなぜツバメ夫婦がいきなりやって来て
迷いなく家の中での営巣を選んだのかは分りませんが
もともとツバメは自由に出入りできる人家の土間などでの営巣も多かったので
玄関の中での営巣も自然な形で選んだのではないかと思います

2005年以前の日記は保存されてませんが
2006年の日記はこちら
2007年、2008年の日記はこちら
ご覧になれますので、よかったら立ち寄ってみてください

 
ポチリと応援よろしく
ときどき3位ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

こちらは2位です
ありがとうございます
 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ | コメント(0)

つばめの夫婦30%が浮気の子(その2)

2012年02月15日
先日ツバメのヒナのうち約30%が浮気で生まれた子であると書きました
つまり、オスだけでなく、メスも浮気をしているってことになりますね

オスのみだけでなく、メスにとって浮気をするメリットってなんでしょう

『強い遺伝子を持つオスと夫婦になる機会に恵まれなかったメスでも
強いオスと浮気をすることによって、良い遺伝子を持つ子孫を残すことができる』
ってことでしょうか

そして、やはり、良い遺伝子を持ってる、もてるオスは浮気相手にも不自由せず
たくさんのメスとの間に子孫を残すことができるのでしょうね~

オスは、自分の巣が襲われて、育てているヒナたちが全滅することになっても
他の巣で自分の子孫がちゃんと育っているということになりますね

我家のミスターくん、留守の時間が長くて、心配したことが何度もありましたが
そっかー!やっぱり~!浮気してたのか~~!って感じですね~

でも、ミスターくんには、ちょっと注意を喚起しておきましょう

『あまり留守の時間が長いと、、、
奥さんにコッソリ浮気をする時間を与えてしまうことになりますよ~ん』


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
  (新しくなりました)
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
ツバメさんのこといろいろ

つばめの夫婦30%が浮気の子(その1)

2012年01月19日
一夫一婦制の鳥はけっこういますよね
ツバメもそうですね
特にハトの夫婦など見ていて恥ずかしくなるほどアツアツのラブシーンを見せてくれます

でも~~、一夫一婦制の鳥でもけっこう浮気をしているらしいのです

事実、私がハトをたくさん飼っていたとき
中には浮気性のオスがいたものでございました
奥さん以外のメスに対してもプロポーズをしつこく繰り返し
ときには若いメスをどこからか連れ込み
「ボクは君を愛してるんだ、きっと妻とは別れるから、云々・・」
と言ってたのかどうかは分かりませんが
ついに想いをとげる瞬間を何度も目にしました、ガーーン

でも、そのオスは奥さんとは別れるるようなことはせず
抱卵も子育てもそれは熱心にしていました
ちなみにハトは昼間はオスが抱卵、夜はメスが抱卵をします
抱卵を交代する時の相手を気遣うような優しい仕草は見ていて微笑ましいです

それでも、何度も相手を替えながら違うメスに対してプロポーズを繰り返す浮気な夫
奥さんバトも気が気じゃなかったでしょうね~

夫が浮気相手と想いをとげようとする瞬間に巣から飛び出してきて
二人の邪魔をして翼でパンチをくらわせて怒ってました
それでも子育て中はガマンするしかないですね
それに「もてるオス」でしたから自慢の夫でもあったのでしょうね
見た目にも立派で優秀な遺伝子を持っている強いオスという感じでした

でも、とうとう、そんな夫に嫌気がさしたのか、、、、
奥さんはある日突然に家出、そして帰ってこなくなりました

奥さんは後日近くの公園で新しい旦那様と一緒に並んでいるところを発見
うーん、こんどこそは幸せになるんだよ~、と
うちに帰ってこなくなったことに寂しいと同時に応援する気持ちになったものです

一方、オスのほうは、すぐに若い浮気相手と結婚
しかーし浮気癖は相変わらずでございました~
あ~ぁ、ほんと、どうしようもないモテモテぶり・・

・・というような、実体験をもっている私ですので
野鳥の世界で一夫一婦制であってもかなりの確率で浮気をしていたとしても驚きませ~ん


で、話はツバメにもどりますが、
ツバメのヒナのうち約30%が浮気で生まれた子だということです
これは、DNAによる親子鑑定の研究結果だそうです

むむむ、というとは、
ツバメの奥さんも浮気をしているってことになりますよね

夫(オス)が浮気するメリットは

自分の妻以外のどこかの奥さんに浮気をすることでより多く自分の子孫を残すことができる

ってことになることは分かるのですが

さて、奥さんが浮気をするメリットはなんなんでしょうか・・


皆さん、考えてみてくださいね~

続きはまた、後日にでも・・




にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


 
大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議


web拍手
ツバメさんのこといろいろ
 | HOME |