05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2016年初めてswallowbowl利用、二組営巣、ヘビ登場や巣からの落下もありドキドキ

2016年10月10日
2016年のダイジェスト版です
今ごろになって~ですよね
それを言うなら、2011年と2012年も手つかずのまま
全く、無精者の大家め、ですが
もしよろしかったらお目を通しください

(後日、日付けを変更し、2016年に移動させる予定)

================================

2016年
4月8日 ミスターくんのお帰り

4月9日 静かに寄り添うお二人さん
仲睦まじく
仲睦まじく posted by (C)緋佳

家の中の巣にするか、外のswallowbowlにするか
迷った挙句にお外のswallowbowlを選択したご夫婦さん
夜もここで仲良く寝ます

おやすみなさい
おやすみなさい posted by (C)緋佳

swallowbowlを使って営巣するのは初めて
さて、どんな感じになるのかなぁ~

4月21日 巣作り始めて一週間
巣の中は少々荒削りながらも
産卵おめでとう~

祝!産卵
祝!産卵 posted by (C)緋佳

一日おいて2個目を産んだあとは順調な産卵

4月27日 合計6個を産みました

元気に育っているかなぁ
元気に育っているかなぁ posted by (C)緋佳

平和な抱卵が続いて
お天気良い日は奥さんも日光浴

巣の中に座ってばかりじゃあねぇ~
たまには伸びもしたいよねぇ~
日光浴
日光浴 posted by (C)緋佳

ミスターくんの寝場所はここ
寝場所
寝場所 posted by (C)緋佳

奥さん留守の時は卵を見守ります
まだです
まだです posted by (C)緋佳


5月11日 長男さん、次男さんの誕生を確認

そして

5月14日 6羽のヒナちゃんたちを確認できました~

みんな、おめでとう~~

5月16日
末っ子ちゃん、少し小さいけど大丈夫
数えてみた
数えてみた posted by (C)緋佳

今日も元気
今日も元気 posted by (C)緋佳

ツバメらしくなってきた
ツバメらしくなってきた posted by (C)緋佳


5月24日 
午後2時半 「ツピー、ツピー、ツピー」の声
大家、あわてて、様子を見に行く
そしたら、その時まさに、ヘビが玄関に中に入ってきたところ
午後5時までの持久戦にてヘビを追い出す

長男さん誕生14日目 玄関内にヘビ侵入(5月24日)

巣の周辺の壁にビニールを張り巡らせてあったので
ヘビは上れず、ヒナちゃんたち無事でよかった~

swallowbowlは、大きいせいか糞汚れが目立ち
お掃除もしてあげました
長男さん誕生17日目 フンのお掃除手伝ってあげました(5月27日)


6月1日 大きい子だけ玄関周りでプチ巣立ち 

ここを下りるのかな
ここを下りるのかな posted by (C)緋佳

きょうだいたち
きょうだいたち posted by (C)緋佳


6月2日 全員、無事な巣立ち
末っ子ちゃんの巣立ちは、、、
ひとりぼっちになっちゃった
ひとりぼっちになっちゃった posted by (C)緋佳

みなに遅れて9時半 おめでとう~
末っ子ちゃんの巣立ち
末っ子ちゃんの巣立ち posted by (C)緋佳

初めてのswallowbowlでの子育て
いろいろ心配したけど、みんな無事な巣立ち

寝場所
寝場所 posted by (C)緋佳
(ヒナちゃんたち6月13日まで使用)


さて、二度目の営巣は、バトルから

バトル
バトル posted by (C)緋佳


新しく来訪のメスツバさんが、ひとり玄関の中でお泊まり開始

家の中のツバメ
家の中のツバメ posted by (C)緋佳

そこへ押しかけ亭主がやってきて
最初のうちはタジタジって感じのメスツバさん
押しの強さに次第に心を許して、新婚さんペアが誕生


結果、中に2羽、外に2羽
外から見学
外から見学 posted by (C)緋佳

大家宅初の二組営巣となりました~ヨシヨシ

新しく造ったツバメさん専用の窓で寛ぐ中組さん
あ~あ
あ~あ posted by (C)緋佳

中を気にする外組さん
ミスターくん
ミスターくん posted by (C)緋佳


いざこざもあったものの
そのうちお互いに住み分けができてOK
こんな感じ
こんな感じ posted by (C)緋佳


そして
6月14日 外の巣と家の中の巣と、同時に産卵しました~
なんとめでたいこと

家の中の巣
家の中の巣 posted by (C)緋佳

外の巣
外の巣 posted by (C)緋佳

家の中の巣では4個産卵
四個(家の中の巣)
四個(家の中の巣) posted by (C)緋佳

外のswallowbowlでは、5個産卵
五個目(外の巣)
五個目(外の巣) posted by (C)緋佳

抱卵中の奥さんに
ミスターくんたちも寄り添い
外のミスターくん
外のミスターくん posted by (C)緋佳

中のミスターくん
中のミスターくん posted by (C)緋佳


そして、
7月1日 ヒナちゃん誕生!
中の巣
中の巣 posted by (C)緋佳

7月2日 
4羽さん誕生
4羽さん誕生 posted by (C)緋佳

お外の方でも7月3日
3羽さんの誕生
3羽さんの誕生 posted by (C)緋佳

赤ちゃんたち
赤ちゃんたち posted by (C)緋佳


中組も外組も、みんな元気に育って
4羽元気
4羽元気 posted by (C)緋佳

ご飯
ご飯 posted by (C)緋佳  


四羽さん
四羽さん posted by (C)緋佳

4羽ともに
4羽ともに posted by (C)緋佳

4羽
4羽 posted by (C)緋佳

いよいよ巣立ちも近くなった日の夜10時半(7月21日)
中組ちゃんに異変が発生、な、なんと
巣から落下した子が大家の足元に飛んで来た
思案して、ティッシュの箱で確保
一晩を箱の中、翌朝早くに無事巣にご帰還

今年は、夜の「巣から飛び出し事件」が2度あり
同じ子なのかなぁ、、 ドジなヒナちゃん
7月21日(誕生21日目、巣立ち前日)
8月2日(巣立ち後12日目)


家族
家族 posted by (C)緋佳

頻繁な朝ご飯の給餌が一段落した午前6時すぎ
パパママの励ましに応えて、4羽目も電線に移動
みんな巣から出た
みんな巣から出た posted by (C)緋佳

午前8時40分
大家の知らないうちに2羽になって
初めての窓利用での巣立ち
大きく開けた窓がイイ具合に活用されてます
窓から外を
窓から外を posted by (C)緋佳

そして雨の中を
チュピチュピーと一気に飛んでったみたい
メデタシメデタシ


さて、一方の、外組ちゃんたち
中組さんより2日遅れての7月24日
午前7時半 もうみーんな電線に移動終了
巣から電線へ
巣から電線へ posted by (C)緋佳

ここも外組が占領
ご飯だよ~
ご飯だよ~ posted by (C)緋佳

可愛い姿を見せてくれて
無事な巣立ちおめでとう~

お外ファミリーさんが大家宅周辺を牛耳っているからか
家の中ファミリーさんの姿は全くありません
元気でいてくれることを願うばかり


巣の見学会
お仲間
お仲間 posted by (C)緋佳

来年もまたおいで~~ 


ところが、まだサヨナラじゃないんです
22日に巣立ってから、一度も戻ってきてなかった中組さん帰宅
初お泊り
初お泊り posted by (C)緋佳

外組さんは軒下でお泊り
中組さんは家の中でお泊り

そして、
8月3日から揃ってお泊りゼロとなりました

みんな元気でね~

swallowbowlの中には孵らなかった卵が一個
無精卵でした


ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2016年のまとめ | コメント(2)

2010年まとめ【チビへの給餌と巣立ち】チビちゃんお空飛べたのかな~

2016年08月09日
全くツバメさんは姿を見せなくなりましたので
ぼちぼちと、またダイジェスト版を作成しようと思います

まずは、2010年のチビのお話を先に更新しておきます

-------------------------------------------


8月1日
5羽かくにーん
5羽かくにーん posted by (C)緋佳

長男さん誕生から2日遅れ、末っ子ちゃんも生れた
たくさん食べて大きく育つんだよ~



8月2日
落ちちゃった・・
落ちちゃった・・ posted by (C)緋佳

誕生した翌日に巣の下に落ちていた
どうして落ちちゃったのかな~



8月3日
長男さん誕生 5日目
末っ子ちゃん誕生 3日目

末っ子がんばれ~
末っ子がんばれ~ posted by (C)緋佳

写真の写し方にもよるけど
それにしても末っ子ちゃん、小さい

昨日、落ちていたのは末っ子ちゃんかな
危なっかしいなぁ~



8月4日
5きょうだい
5きょうだい posted by (C)緋佳

小さい末っ子ちゃんの安否が心配になり 
目視するために巣を下ろしてみる
末っ子ちゃん一番左

右向き一番上=7月30日生まれ(長子)
右側2羽=7月31日生まれ
左側2羽=8月1日生まれ(上側が末っ子)

末っ子ちゃんは準備しておいた小さなミルを3匹
2番目に小さな子も、小さなミルを1匹
あとの大きな3羽は、
たくさん食べたあとだったらしく、お口を開けず



8月5日
きょうだい(3)
きょうだい posted by (C)緋佳

長男さんと末っ子ちゃんの大きさの差が歴然
下から2番めの子と比べても、明らかに成長が遅れている
成長の差が開いてゆくのが心配


きょうだい(4)
きょうだい posted by (C)緋佳

きょうだいが動いてひっくり返った末っ子ちゃん
狭い巣の中では押し合いへし合いに負ける末っ子
また落ちないと良いけど、、 大丈夫かな~



8月6日
末っ子ちゃん、やっぱり小さい
末っ子ちゃん、やっぱり小さい posted by (C)緋佳

巣台を下ろしての補助給餌、3日目

一番下に写ってるのが末っ子ちゃん
右隣が2番目に小さな子、同じ8月1日生まれ



8月7日
ごはんちょうだーい
ごはんちょうだーい posted by (C)緋佳

午前9時、12時、2時、4時、6時、の5回
・・末っ子への、餌やり
雛たちが大きくなって、巣から良く見えるようになったので
巣は下ろさずに脚立をたてての直接給餌

バッタ類はいくらでも捕れるのでバッタが中心
アブやハエ類、そして小さめのミルワーム

明かりに集まってきた蛾を数匹と大きなアブを
明日の朝ごはんのために捕えておいた 



8月9日
バッタですよ~

お兄ちゃんは羽が伸びてきて、ますます大きく見えるようになって
末っ子ちゃんとの成長の差の広がりを感じる

キリギリス、末っ子ちゃんには大きすぎる
ママさ~ん、末っ子ちゃん用には小さいのをお願いします~~


8月10日
大きく育ってるかなぁ

もし、うまく育たなかったらどうする
もし、末っ子に障害があったらどうする
もし、巣立つことができなかったらどうする
もし、末っ子がおいてきぼりにされたらどうする
そんなことを考えても仕方ない
そうならないように、できるだけのことをするだけ

今夜からママは外でご就寝
夜に給餌するチャンス
午後8時 蛾中1匹、小5匹 羽蟻1匹 
午後9時 蛾小3匹 ミル中5匹
午後10時 ミル中5匹
午後11時 蛾小8匹 ミル中3匹



8月11日
うーーん

大家は楽観的になったり悲観的になったり
大丈夫と思ったりとっても心配になったり・・

なかなか開かず心配していた目なのですが
右目のほうは開いてきています

午前9時 小型の蜂2匹 羽アリ1匹
午前10時 バッタ2匹
お昼12時 バッタ1匹

午後10時 バッタと小さなコオロギ 5匹
午後10時半 フンバエ1匹 ミルワーム中5匹
午後11時半 ミルワーム中5匹



8月12日
ちいちゃくたって負けないぞ
ちいちゃくたって負けないぞ posted by (C)緋佳

午前9時 ハエ1匹 ミル2匹
午前11時 ミル1匹
午後2時 バッタ1匹
午後3時 バッタ1匹

給餌が足りている時はお口を開けない

午後8時半 バッタ3匹
午後9時半 蛾1匹 バッタ2匹
午後10時半 ミルワーム5匹
午後11時半 蛾小5匹 ミルワーム3匹



8月13日
あっ、おおやしゃん
あっ、おおやしゃん posted by (C)緋佳

末っ子に給餌
12時 ミルワーム2匹 もっと欲しがる
午後1時 ミルワーム5匹 良く食べるね~
午後2時 ミルワーム5匹 今日はお腹すいてるんだぁ
午後4時 ミルワーム6匹 1匹はおまけだよ 
午後8時 蛾2匹 バッタ2匹
午後9時 蛾などいろいろの虫集めて10匹くらい ミル2匹
午後10時 ミル大1匹 中2匹
午後11時 ミル大2匹 中3匹



8月14日
こうやって飛ぶんだよね~
こうやって飛ぶんだよね~ posted by (C)緋佳

昼間はよく食べているようなので
本日より、昼間の給餌はパパママにお任せ

午後8時 大きめのバッタ1 小さいバッタ2 蜂1 大きめの蛾1
午後9時 ばった3 ミル5
午後10時 大きめの蛾1 バッタ1 ガガンボ1
午後11時 大きめのバッタ1 小さい蛾1

夜は大家の気配を察すると
チビだけが「ご飯ちょうだーい」の声
ほかの子たちは大家に知らんふり



8月15日
おおやしゃーん
おおやしゃーん posted by (C)緋佳

夜の末っ子ちゃんへの給餌
午後7時 大きめの蛾1 小さい蛾2 コウカアブ1 ミルワーム3
午後8時 ミルワーム7
午後10時 大きめの蛾2 小さい蛾5 ガガンボ1 羽虫2 
午後11時 ミルワーム5



8月16日
みんな元気に、ごは~ん
みんな元気に、ごは~ん posted by (C)緋佳

夜の末っ子ちゃんへの給餌
7時 バッタ3匹 ミル3匹
8時 バッタ3匹 ミル3匹
9時 大きめ蛾1 小さい3匹 小さいバッタ2匹 ミル3匹 
10時 小さい蛾と小さいバッタ 数匹 ミル3匹  
11時 ガガンボ系の虫2匹 アブ1匹 ミル3匹

夜は、大家が巣にいくと
ピイピイ、ピイピイ 鳴き よく食べる
少しでも早く成長してくれるようにと願って給餌



8月17日
末っ子ちゃん、みっけ!
末っ子ちゃん、みっけ! posted by (C)緋佳

夜の末っ子ちゃんへの給餌
8時 バッタ3匹 
9時 バッタ1匹 小さい蛾10匹 
10時 バッタ2匹 ミル3匹  
11時 バッタ大きめ1匹 小さめ1匹



8月18日
右端末っ子チビ
巣立ち間近か
巣立ち間近か posted by (C)緋佳

夜の末っ子ちゃんへの給餌
7時 バッタ2匹 ミル3匹 
8時 蛾(小)6匹 ミル3匹 
9時 ミル7匹  
10時 ミル6匹
11時 ミル6匹



8月19日
あたちだってがんばるもん!
あたちだってがんばるもん! posted by (C)緋佳

夜の末っ子ちゃんへの給餌
7時 セセリ蝶1匹 ミル2匹 
8時 バッタ1匹 ミル2匹 
9時 バッタ1匹  
10時 蛾1匹 ミル2匹
11時 バッタ1匹 ミル2匹
11時半 バッタ1匹



8月20日
セセリチョウ
セセリチョウ posted by (C)緋佳

第一子誕生 22日目
末っ子誕生 20日目

パパママが巣立ちをうながす様子は全くなく
末っ子ちゃんの成長を待っているのかなぁ~

夜の末っ子ちゃんへの給餌
7時半 セセリチョウ2匹 カゲロウ2匹 小さなハエ2匹 小さなハチ1匹 
9時 蛾 大1匹 小4匹 バッタ2匹 
10時 蛾 大1匹 小5匹 ハエ1匹 虫1匹 ミル7匹



8月21日
アタチもがんばろ~っと
アタチもがんばろ~っと posted by (C)緋佳

末っ子チビは全体的に色が薄く見える
骨格も細いように感じる
・・だけど、巣立ちは頑張れ~!

第一子誕生 23日目
末っ子誕生 21日目

チビひとり残して、4羽が元気に巣立った

でも、お昼前11時ごろには全員帰宅して、玄関の中で過ごす
家族みんな、チビのことも考えての行動のように感じる

夜はみんな一緒
おやすみなさい
おやすみなさい posted by (C)緋佳

夜の末っ子ちゃんへの給餌
7時半 蛾1匹 ミル5匹 
8時半 蛾1匹 蛾小たくさん ミル5匹 
10時 蛾1匹 蛾小たくさん ミル1匹
11時 ミル1匹



8月22日
 
第一子誕生 24日目
末っ子誕生 22日目

チビの巣立ち(1)
チビの巣立ち(2)


朝5時半
これからお外へ出ます
これからお外へ出ます posted by (C)緋佳

昨日の巣立ちで自信をもったヒナちゃんたちが
次から次へと、なんの躊躇もなく玄関を飛び出す
末っ子ちゃん、やっぱり、置いてきぼり

巣立ちお助け隊(お邪魔隊)が大勢来て
巣にいるチビを突いたりして、ちょっかいを出す

7時50分ごろ
チビが止まり木に移動
そのあと、チビずーっとひとりぼっち

末っ子ちゃん
末っ子ちゃん posted by (C)緋佳

9時15分ごろ
パパママとヒナちゃんたちが、近くの電線にもどってきた様子
でも誰も大家宅に帰ってこない
おーい、末っ子ちゃんのこと、忘れてないか~い

10時15分
末っ子ちゃんは、止まり木から玄関家具の上に移動
これは、大家が、末っ子ちゃんを心配して近寄り過ぎたために
止まり木から飛んで移動したもの・・
余計なことをしてしまったと悔やむも遅い

えーん一人ぼっちだよ~
えーん一人ぼっちだよ~ posted by (C)緋佳


午前11時
チビ、階段の下の段に落ちていて、大家が「ああ」と思った瞬間
チビは玄関外に向かって出て行った
空へ向かわずに、大家宅の裏側へ低空で回り込んだのが見えた

あわてて外へ出てみたけど
もう、どこへ行ったのか、わからない
空を「巣立ちお助け隊」と、巣立ったヒナちゃんたち、
パパママも入り乱れて飛んでいて、もう、だれがだれだか、、、

猛暑の中を汗だくで探すが、チビの無事が確認できない
時間をかけて何度も何度も数えてみるけど
よそのツバメさんたちと一緒になってしまって
チュイチュイ鳴いてないかと耳を澄ましても
セミの声と他のツバメさんの鳴き声にかき消されて分らない
こんな中でもちゃんとパパママと会えただろうか・・

12時40分
大家宅周辺は急に静かになって、ツバメさんはどこにも見当たらなくなった
チビちゃん、ちゃんとみんなに付いて行くこと出来たのかな

午後6時15分
パパママとヒナちゃんたちがピチピチ言いながら帰ってきた
2羽が家の中、2羽が玄関前電線で夜を過ごす
4羽しか確認できないままとなった
チビがどういう運命をたどったとしても、大家にはもうなす術はない

巣立ったツバメが一年先に帰ってこられるのは、
一割ぐらいにしか過ぎないと言われている
今年、大家宅で巣立った8羽のうち
いったい何羽が帰って来られるのだろうか

巣立ちは嬉しいことであるけれど、それだけではない
寂しい気持ち、切ない気持ち、心配な気持ち
いろいろと気持ちが交雑する

・・・


今年から、巣立ち後のお泊り場所に軒先を選ぶようになった

やっぱり毎日4羽
やっぱり毎日4羽 posted by (C)緋佳

末っ子ちゃんがどうなったのか、知るよしも無く・・

ヒナちゃんたちが家の中に泊まりに来ないのが、ちと寂しい・・
この軒下で寝るようになったのは
「巣立ちお助け隊」に教えてもらったのかな


9月8日  1羽最後のお泊り 巣立ちして18日間

9月22日 巣台を下す


特に外的な要因もなく
小さいうちに巣から落とされる
あるいは落ちるヒナちゃんは
生れながらに虚弱な子であることも多い

本来ならば、自然淘汰の対象
虚弱な遺伝子を持つ子は、結局は生きてはゆけない

同じ日に誕生したもう1羽は、みなと一緒に巣立ちできた
チビは大家がたくさん補助給餌しても成長遅れて
そういうことを鑑みると
チビも何しら遺伝子的に異常があったのかもしれない

でも、助かるものなら助けたい、と思うのが人情

不運なチビ、
それでもお空を飛べたかな・・


追記:コメント紹介
巣から落ちたヒナを保護した方から
『本当は淘汰されたのだから、大きなお世話じゃないかと思いつつも、
見殺しにできなくて(人間の勝手な思いかもしれない)、一生懸命お世話したことを思い出しました。
チビちゃんは、他の動物の命になったかもしれませんが、
命をつなぐ役割を果たせたことは、大きな意味があると思います。』



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2010年のまとめ | コメント(8)

2015年の記録、初めての大家手作りの巣

2015年10月01日
【2015年の記録】

巣台取り付け3月21日
7年間使用した古巣が壊れたため、今年は古巣がない
久しぶりに一からの巣作りの様子を観察できるかも、という大家の期待あり

初めて姿を見せたのは4月1日
 
4月6日お泊り開始のご夫婦
おやすみなさーい
おやすみなさーい posted by (C)緋佳

せっかく来てくれたのに低温続き
雪の日は玄関にストーブ4月8日
4月になって雪とは、ツバメさんもびっくりだよねぇ

そのあと、なぜか、ミスターくんが入れ替わり、新ミスターくんとなる
奥さんもなかなか定着しない、巣作りが始まらない
ミスターくんも夜帰ってくるだけの日々、お泊りの無い日もあり

自然に任せるか、人工巣で誘致するか、、、
ううーーん、、、、大家は思案

本当は、ツバメさん自身で、一から巣作りをしてほしい
本来そうあるべきでしょーー
一からの巣作りは時間かかるし面倒、だなんて言わせないぞ~
巣の造り方を伝承してゆかなくてどうする
巣台があるだけでも有難いことでしょ~

でも、結局は、大家宅初めての人工巣に挑戦
一からの巣作りの様子の観察断念

ワラの巣置いてみたけど完全無視され、昼間は姿なくサエズリもなし
ワラ巣取り付け

じゃあ、こで、どうだ!と
人工巣作成

大家がこねこねして作ったコルク粘土の巣を置いたら

大家作成人工巣威力絶大(4月23日)
すぐに気に入ってくれて、お嫁さんも決まり~
入ってみた

翌日から早速、ワラ運びが始まる
玄関外の人工巣の中からワラを取ってくる
ここから調達

面倒くさがりのご夫婦だなぁ~
大家が人工巣作ってあげなかっらどうするつもりだったんだよぅ

新しいペアのお二人さん、揃って初お泊り開始
夜のご夫婦

巣の中、一日でこんな感じ
巣の中

おかげさまで巣づくり楽でしたわ~
奥さん巣作りラクチンで満足
奥さん

奥さんの巣作り
奥さんの巣作り posted by (C)緋佳


そして、奥さん、5月2日に祝!産卵
祝!産卵

何個産もうかしら
何個になるかなぁ

最終的に
5月5日、4個目産卵
卵は4個
卵は4個 posted by (C)緋佳

と、思ったら、なんと、
1日おいての5月7日に5個目を産卵しました
5個目です
5個目です posted by (C)緋佳

1個目 5月2日 午前10時半確認
2個目 5月3日 午前9時20分確認
3個目 5月4日 午前10時確認
4個目 5月5日 午前9時確認 
 5月6日は産卵なし確認
5個目 5月7日 午前11時半確認

5月8日 得意げにさえずるミスターくん
歴代ミスターくんのお立ち台にて
ミスターくん
ミスターくん posted by (C)緋佳

そして、5月20日
祝!3羽のヒナちゃん誕生しました
長男さん誕生
長男さん誕生 posted by (C)緋佳
次男さん誕生
次男さん誕生 posted by (C)緋佳
三男さん誕生
三男さん誕生 posted by (C)緋佳

5月21日 孵化なし

5月22日 四男さん誕生
四羽目誕生
四羽目誕生 posted by (C)緋佳

だけど、末っ子ちゃん、孵る様子がありません
二日遅れでも心配なのに・・
(結局、五個目の卵は無精卵でした)

長男さん生後5日目、末っ子四男さん生後3日目
四男あらため末っ子ちゃん
四男あらため末っ子ちゃん posted by (C)緋佳

ご飯をたくさん運んでもらって
末っ子ちゃんも、みんな元気
トンボ食べれるかな
トンボ食べれるかな posted by (C)緋佳

そして、6月10日
長男さん誕生 22日目
末っ子ちゃん  20日目
玄関の中で飛ぶ練習をしてから
朝からにぎやか
朝からにぎやか posted by (C)緋佳

4羽のヒナちゃん、みーんな元気に巣立つことができました
大きく育ったね
大きく育ったね posted by (C)緋佳

メデタシメデタシ

巣立ったヒナちゃんたち、一度も巣に帰って来ず
さびしいなぁ~、と思うも

パパママは、すぐに巣のリフォーム開始


そして、6月16日
早くも二回目の産卵
祝!産卵1個目
祝!産卵1個目 posted by (C)緋佳

合計5個
無事を確認
無事を確認 posted by (C)緋佳

順調にママの抱卵が続き
パパもたま~には手伝って

7月3日 誕生しました
パパママ、おめでとう~
おめでとう!
おめでとう! posted by (C)緋佳

ところが、パパ帰って来ない
その間に、よそのオスツバくんが、自由奔放、ママに言い寄る
奥さん独りで闘うも育児と両方には限界が
来ないでね
来ないでね posted by (C)緋佳

赤ちゃんたち誕生するも!パパが行方不明!(その1)
赤ちゃんたち誕生するも!パパが行方不明!(その2)

ミスターパパ!心配させやがって~

以降
パパさん、がぜん育児熱心になり
5羽のヒナちゃん、すくすくと育ち
5羽のヒナちゃん
5羽のヒナちゃん posted by (C)緋佳

長男さん誕生5日目
元気でしゅよ~
元気でしゅよ~ posted by (C)緋佳

糞のお世話も滞りなく
トイレはそとに
トイレはそとに posted by (C)緋佳

黄色いお口でたっくさん食べて
黄色だよ
黄色だよ posted by (C)緋佳

大きく健やかに育ち
ママには甘える
ママには甘える posted by (C)緋佳

巣立ちの日を迎えました
7月25日
7月26日
給餌
給餌 posted by (C)緋佳

無事に巣立ちました
お助け隊さんとごちゃごちゃ
お助け隊さんとごちゃごちゃ posted by (C)緋佳

メデタシ、メデタシ~


二度目の営巣では、ダニが大量発生
それが巣立ちの前日に判明したものだから
ダニ駆除もままならず、大家は、びっくりおろおろ

巣立ちの日のダニ
ダニ対策のまとめ

まあ、みんな無事で良かった良かった~~

ご登場
ご登場 posted by (C)緋佳


そして、7月27日以降、ぱったり巣に帰って来なくなった

8月2日  巣に帰ってこなくなって一週間経ち
巣台を下しました
今年の人工巣は来年も使えそうです

今年は、9羽のヒナちゃんが育ちました
さようなら、みんな元気でね~


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2015年のまとめ | コメント(2)

2014年の記録、カゴ巣もお気に入り

2014年10月01日
【2014年まとめ】

3月19日 巣台取り付けました

3月25日 ミスターくんお帰り、早速お泊り

3月28日 わずか三日違いで奥さんお帰り
ミスターくん喜び
胸をはって精いっぱいさえずる
ベチャクチャベチャクチャピチクリピチクリベチャクチャ、ダジョー
愛してるよ~嬉しいよ~ここは僕らのおうちダジョー 

かのじょ~おかえり~
かのじょ~おかえり~ posted by (C)緋佳

間もなく古巣のリフォーム始まって
これでヨシ
これでヨシ posted by (C)緋佳

よそのツバメさんがお泊りに来るハプニングもあったけど
どちらさん?
どちらさん? posted by (C)緋佳

今年は特にすっごく仲の良いご夫婦
寒い夜はくっついて寝るとイイワよ
寒い夜は
寒い夜は posted by (C)緋佳

冷え込んだ早朝は
ひなたぼっこ
ひなたぼっこ posted by (C)緋佳

寒い日はリフォーム休み、温かい日には頑張り
4月12日 リフォーム終了か
あ~あ暇だわ
あ~あ暇だわ posted by (C)緋佳

と、思った翌13日からミスターくん帰宅せず
行方不明となる

4月14日 新ミスターくん候補ご登場
だれが奥さんを射止めるのかな

4月15日 新ミスターくん決定
・・顔洗ったらきれいになるのかな
ただの汚れだとイイけどね
へへへ、男は顔じゃないのサ~
顔洗っといで
顔洗っといで posted by (C)緋佳

大家を恐れない新ミスターくん
きっと育ったところで大事にしてもらったんだね
新ミスターくんの元大家さん、ありがとう


再婚が決まった翌4月16日 奥さん、早々に産卵
祝!産卵
祝!産卵 posted by (C)緋佳

だれの子だろうと守り抜く覚悟でっすの新ミスターくん
新ミスターくん
新ミスターくん posted by (C)緋佳

今回のヒナちゃんたち、だれが父親?
もとのミスターくん、新ミスターくん、ハンサムボーイ・・あれ?
卵の父親は?
鳥類のメスには「精子貯蔵腺」というのがありまして
ニワトリでの場合ですが、精子は約2週間ここで生きているとのこと
ツバメさんもそうだとすると
奥さんの「精子貯蔵腺」には
少なくとも、もとのミスターくん、新ミスターくん、ハンサムボーイの
精子が貯蔵されて受精に役立っているってことになる


ともあれ、4月21日
奥さん無事に5個産卵
5個目を産卵
5個目を産卵 posted by (C)緋佳


だ、け、ど、なんということでしょう
あああ~奥さーーーん、卵がぁ~~~1個減りました

ゴミと一緒に卵がぁ~!
ゴミと一緒に卵がぁ~! posted by (C)緋佳

という、ハプミングがあったものの


5月5日 赤ちゃん誕生
誕生しました
誕生しました posted by (C)緋佳

生後3日目
生後3日目 posted by (C)緋佳

うっかり落とした糞まで拾う清潔好きのママと

ウン拾い
ウン拾い posted by (C)緋佳

育児熱心な、パパのおかげで

たくさんの虫
たくさんの虫 posted by (C)緋佳

パパの頑張りすごいです

雨の中頑張ってます
雨の中頑張ってます posted by (C)緋佳

間もなく巣立ち
巣立ちもうすぐ
巣立ちもうすぐ posted by (C)緋佳

5月27日みんな無事な巣立ちおめでとう、末っ子ちゃんもがんばれ~

外で給餌
外で給餌 posted by (C)緋佳


パパママは、育児の合間に早速巣のお手入れ開始
巣のリフォーム
巣のリフォーム posted by (C)緋佳


無事な巣立ちが終わって一週間後
6月3日 ママ、産卵開始
産卵しました
産卵しました posted by (C)緋佳


だけど、ヒナちゃんたちは、まだ巣に愛着あり
巣に帰って来ては、パパママに叱られる 

怒るパパ
怒るパパ posted by (C)緋佳

ヒナちゃんたちは追い出されてもあとでこっそり巣へ
産卵2個目おめでとう、ヒナちゃんたちまた帰って来ました
親の目を盗んでの帰宅、困った子たちだこと

でも、3日目には、ほかの先輩ツバメさんたちの仲間入り
本当の巣立ちおめでとう

ようやくパパママもほっとして、6個の卵
六個目産卵
六個目産卵 posted by (C)緋佳

みーんな無事に孵るといいなぁ


長男さん誕生、6月21日
おめでとう長男さん
おめでとう長男さん posted by (C)緋佳

6月22日 次男さん、三男さん誕生
ニ羽目、三羽目が誕生
ニ羽目、三羽目が誕生 posted by (C)緋佳

そして、6月23日 6羽全員が無事に誕生
みんな誕生おめでとう
みんな誕生おめでとう posted by (C)緋佳


みーんな揃ってのおねだりも可愛い
6羽とも元気
6羽とも元気 posted by (C)緋佳

子沢山でパパママ大忙し
パパママそろって
パパママそろって posted by (C)緋佳

トンボやいろんな虫、たくさんもらって、
巣から溢れんばかりに大きくなった
けど、ダニ発生
ダニ発生
ダニ発生 posted by (C)緋佳

野鳥の巣にダニが湧くのは珍しくないこと
ヒナの成長に影響のない程度の数なら問題なし
しかし、大量発生すると、巣立ちも出来なくなる可能性もあり
生命の危険にもさらされることとなる


ダニ掃除をしたら、古巣はボロボロ
思い切ってカゴ巣にしてみた、ちょっと広め
新しい巣
新しい巣 posted by (C)緋佳


パパママ、警戒心ゼロ、さすがはツバメさんだわ~
他の野鳥では難しいですよね
パパ雨でもがんばる
パパ雨でもがんばる posted by (C)緋佳


みんな健やかに育ちました
きょうだい多かったので巣が広くてよかったです~ 
6羽ヒナちゃんたち
6羽ヒナちゃんたち posted by (C)緋佳


そして、

いよいよ巣立ちのとき
お二人さん、プチッと巣立ち 7月12日

お二人さんプチ巣立ち
お二人さんプチ巣立ち posted by (C)緋佳


玄関の中での飛行訓練は入念に 7月13日
オハヨー
オハヨー posted by (C)緋佳

今日も遠出はなく玄関前だけの巣立ち 7月14日
空を見上げて
空を見上げて posted by (C)緋佳

だけど、夜は5羽しか帰って来ない、大雨なのに
お助け隊に紛れて行っちゃったのか・・
無事であることを願うのみ・・
おやすみなさーい
おやすみなさーい posted by (C)緋佳


そして
いよいよ大空へ出発!本当の巣立ちおめでとう! 7月15日

きょうこそは大空へ~
きょうだいで電線
きょうだいで電線 posted by (C)緋佳

夜は5羽帰宅、あとの1羽の無事を祈る

それから次第に帰ってくるヒナちゃんの数減って
7月31日には、帰って来なくなりました
巣立ち後2週間、ヒナちゃんのお泊りあったことになります
メデタシメデタシ、みんな元気でね~


一方、パパさん、ママさんはというと
ママは3月28日から
パパは4月15日から
一日も欠かさずお泊り更新

でも、8月15日にはお泊り帰って来なくなりました

とても人懐っこく警戒心の薄いご夫婦でした
それだけに来年も無事に帰って来てね、と祈ります

ほっと一息
ほっと一息 posted by (C)緋佳

サヨウナラ・・

大家としては、今年も、一羽の落ちこぼれも出さずに
すべてのヒナちゃんたちを巣立たせることができて
無事に責任を果たせることができたことを嬉しく思う

8月16日から、一度もツバメさんのご訪問はありません
お泊りがなくなっても、時には姿を見せてくれても良いのにね
一羽のツバメさんも来てくれなくなりました

8月30日 巣と巣台を下しました 電線も外しました

今年は、計10羽のヒナちゃんが育ちました

また、来年ね・・


翼みどり色
翼みどり色 posted by (C)緋佳


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2014年のまとめ | コメント(0)

2013年の記録、抱卵中止は何故?

2013年10月01日
【2013年まとめ】

3月17日 巣台取り付け 

3月26日 初めましてのミスターくん
少し神経質そうだわ

3月29日 初めてのお泊り新米ミスターくん

新米ミスターくん、寒い日が続いたせいもあって
なかなかお嫁さん決まらず、寂しいひとりね寝が続く

そこへ、
昨年のママさん、帰ってきました~ 4月7日

新米ミスターくん、得意げにさえずって
ここに巣をつくるんだよ~
ここに巣をつくるんだよ~ posted by (C)緋佳

神経質なミスターくんと、太っ腹奥さま、カップル誕生
早速、お二人さん揃っての、お泊り

ご夫婦そろっての初めての夜
ご夫婦そろっての初めての夜 posted by (C)緋佳

今年は、ツバメさんの人工巣への反応を検証する取組に参加
swallow bowl を設置していたけど全く興味を示さず

ついに大家は、古巣を巣台にもどすことを決心 
そしたら、ご夫婦は二人とも、ごく自然に巣に入りました


ツンツン頭のミスターくん
ここで子育てしようぜ
ここで子育てしようぜ posted by (C)緋佳

リフォーム開始
リフォーム開始
リフォーム開始 posted by (C)緋佳

新米ミスターくんも、数日したら窓からの出入りを覚えた
奥さんの方は、三年目のベテランママ

こんにちは
こんにちは posted by (C)緋佳


そして、4月18日 祝一個目の産卵

祝!一個目の産卵
祝!一個目の産卵 posted by (C)緋佳

大家宅のツバメの歴史上では←おおげさなこと
一番早い時期での産卵となりました

順調に産卵すすんで、4個となりました

四個目の産卵
四個目の産卵 posted by (C)緋佳

5個目を期待しましたが
寒い日が続いたせいでしょうか
子育てのための虫が少ないのを心配して、4個に?

ときどき、よそのメスツバさん、やって来て
ミスターくんに色目使うも、今年のミスターくんは生真面目
抱卵中の奥さんをおいて
彼女と遊びに行ってしまうってことがない


そうこうしている間に、赤ちゃん誕生 5月7日
夕方になって生まれました

二羽が孵化
二羽が孵化 posted by (C)緋佳

3羽目の誕生を確認 5月8日夕方
三羽誕生
三羽誕生 posted by (C)緋佳

4羽目は孵らず 卵を放棄 5月12日
末っ子ちゃん誕生して5日目のこと
落とされた卵
落とされた卵 posted by (C)緋佳
(中は干からびていました)

よそのツバメご夫婦さん
ときにヒナちゃんにとっては脅威となる
よそのツバメ来訪
よそのツバメ来訪 posted by (C)緋佳

なんどかよそのツバメさんの来訪あるも
パパママのおかげで大きく育った3羽のヒナちゃん
生後17日目
カメラ目線
カメラ目線 posted by (C)緋佳

きょうだいの数が少ないせいか
給餌はほとんどパパ任せのママ

末っ子ちゃん生後20日目
ほら、みんなこっち向いて
ほら、みんなこっち向いて posted by (C)緋佳

そして迎えた巣立ちの日 5月29日

もらえたよ~
もらえたよ~ posted by (C)緋佳

ヒナチャンたちお泊りできたのは生後六日目まで 6月3日
翌七日目にはお泊り許されず追い出される
本当の巣立ち、独立、おめでとう
ヒナちゃんたちが叱られる姿を見るのは切ないなぁ~

あなた、こどもたちとも、もうお別れね
そうだな~、いよいよひとり立ちのときだな
朝のご夫婦
朝のご夫婦 posted by (C)緋佳


そして、早速に
6月5日 二回目の産卵開始
 
祝!産卵一個目
祝!産卵一個目 posted by (C)緋佳

5個産みました
今回は5個
今回は5個 posted by (C)緋佳

抱卵順調かと思いきや
なな、なんということでしょう~

抱卵5日目にて抱卵中止 6月15日

奥さん、夜は、swallow bowl でご就寝
ママ、夜は外で
ママ、夜は外で posted by (C)緋佳

庭にヘビがいたから危険を感じて抱卵中止?
ええ?まさか、奥さん入れ替わった?
パパはママを巣に誘うのに一生懸命でしたが
ママは頑として抱卵せず、理由不明です

次の日は、ご夫婦ともに外で寝ました
お泊りは外
お泊りは外 posted by (C)緋佳


そして
6月16日 巣のお引越し(新しい巣作り開始)

ここは、外から見えない場所
そもそもの大家宅最初の巣作りはここ
よいしょよいしょ
よいしょよいしょ posted by (C)緋佳

巣台を付けてあげる
頑張ります
頑張ります posted by (C)緋佳

奥さま真剣
奥さま真剣 posted by (C)緋佳

ご夫婦
ご夫婦 posted by (C)緋佳

6日間の突貫工事にて仕上がった巣は
泥の乾きもいまいちでしたが

6月25日(抱卵中止して十日目)
早くも、産卵1個目
もう産卵!
もう産卵! posted by (C)緋佳

4個の卵を産みました
お留守番のパパ
お留守番のパパ posted by (C)緋佳


7月12日 長男さん誕生おめでとう

誕生のしるし
誕生のしるし posted by (C)緋佳

長男さんです
長男さんです posted by (C)緋佳

パパの給餌
パパの給餌 posted by (C)緋佳

孵化しなかった卵あり
孵化しなかった卵あり posted by (C)緋佳

2度目の子育ても3人兄弟さんとなりました
おなかすいたよ~
おなかすいたよ~ posted by (C)緋佳

7月19日 無精卵落ちて割れていました
落とされた卵
落とされた卵 posted by (C)緋佳

3羽のヒナちゃん、すくすく育ちました
早くちょうだーーい
早くちょうだーーい posted by (C)緋佳

もうすぐ巣立ち
もうすぐ巣立ち posted by (C)緋佳


8月2日 夕方になってからの巣立ち
二階へ上がってしまったり
家具の隙間に入ってしまったりしつつも
三羽とも無事に外へ~

夕方になってからの巣立ち
パパがお家にはいるように促しても
2羽はこんなところに止まって夜を過ごしました
こんなところで寝たよ
こんなところで寝たよ posted by (C)緋佳

やっぱり、巣立ちは、午前中か昼間にしましょうね
いろいろと心配のつきない巣立ちの様子でしたが
とにもかくにも、無事な巣立ちおめでとう

翌日の夜は止まり木でご就寝兄弟
パパママは家の中では寝ずにどこかへ行ってしまいます
今夜はここでね
今夜はここでね posted by (C)緋佳

次の日からも、庭木で寝たり、巣で寝たりしながら
ヒナちゃんたちが帰ってきたのは、8月7日まで

パパママも未練なく去ってゆき、ご訪問者もなく
8月17日 巣台を下しました

卵の数は、4個、5個、4個、で13個
うち2個が孵らず、5個抱卵中止
で、今年は、6羽のヒナちゃんが育ちました
また、来年ね~

swallow bowlについては
ツバメさん自身が作る巣と比べて
大き過ぎ、深すぎ、
ではないかと思いました


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2013年のまとめ | コメント(0)

2009年の記録 とうとう雛の顔は見られずじまい

2012年12月15日
【2009年の記録】

●やってきた日 3月31日
≪一回目≫
●卵の数 1個 
●巣立ち 0羽
●卵を産んだ日 5月9日
●卵が孵った日 なし
≪二回目≫
営巣なし
●お別れの日 8月初旬

なかなか巣作りを始めない困った奥さんでした
巣を作る場所でも意見が合わず
寝場所もこんなところを選んで
今夜の寝場所
今夜の寝場所 posted by (C)緋佳

そこがお気に入りならどうぞと付けてあげた巣台
止まり木も気に入ったわ
止まり木も気に入ったわ posted by (C)緋佳

パパはいつもの場所で巣作り開始
奥さん、巣作りに不熱心

(5月2日)パパがひとりで頑張る巣作り、いつもの場所
よいしょ、よいしょ・・
よいしょ、よいしょ・・ posted by (C)緋佳

(5月11日)奥さん、そこ違うでしょ
よいしょよいしょ。。
よいしょよいしょ。。 posted by (C)緋佳

(5月12日)奥さんやっと泥運び
こっちにもも少し泥を・・
こっちにもも少し泥を・・ posted by (C)緋佳

芝生をうまく取れるかな・・
芝生をうまく取れるかな・・ posted by (C)緋佳

巣作りに日にちがかかる
ミスターくん、一人で巣作り 14日間
奥さん一人で巣作り仕上げ 4日間
な、なんと、巣作りに18日間もかかりましたぁ~

そして
やっと産んだ卵は一個だけ、しかも孵化せず・・
孵らない卵
孵らない卵 posted by (C)緋佳

孵らぬ卵を抱卵31日目に撤去 
無精卵でした

二度目の産卵は無し

ゆっくり過ごしましょうよ
ゆっくり過ごしましょうよ posted by (C)緋佳
(7月4日)産卵する様子のない奥さん

心を込めて造った巣だったのにな~
心を込めて造った巣だったのにな~ posted by (C)緋佳
(7月21日)

こんなこともあるんだ~、と
大家宅で過ごしてくれた4ヵ月の日々は興味深く楽しかったよ

ミスターくん心残り?
ミスターくん心残り? posted by (C)緋佳
(7月25日)

雛に恵まれなかったけど
毎日大家宅にて元気に過ごしてくれてありがとう


≪追記≫
この年に造った巣は、2014年まで6年間使用されました


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ  


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
2009年のまとめ | コメント(0)

2008年の記録 強運の一人っ子、三度目の産卵は放棄

2012年12月10日
【2008年の記録】

●やってきた日 4月3日
≪1回目≫
●卵の数 5個 
●巣立ち 5羽
●卵を産んだ日 5月2日~6日
●卵が孵った日 5月20日4羽、21日1羽
●巣立ちした日 6月9日5羽
≪2回目≫
●卵の数 5個 
●巣立ち 1羽
●卵を産んだ日 6月18日~22日
●卵が孵った日 7月5日、6日
●巣立ちした日 7月25日
≪3回目≫
●卵の数 3個 (抱卵7日目で中止)
●巣立ち 0羽
●卵を産んだ日 7月15日~17日
 
●お別れの日(最後のお泊りチビ1羽)7月27日


≪一度目の子育て≫ 

4月3日にやってきたオスにようやく奥さんが決まって
4月20日新しい巣を造るために泥運びが始まりました
巣作り開始
巣作り開始 posted by (C)緋佳

でも、わずかその2日後に
オスの帰宅がなく巣作りは中断しました

彼はどこ~~
彼はどこ~~ posted by (C)緋佳


一時は中断した巣作りでしたが
すぐに気を取り直し、その日のうちに再婚した奥さんでした

それまでのパパ
前のオス
行方不明のパパ posted by (C)緋佳


こちらが再婚相手のパパです
エッヘン、どお?立派でしょ
エッヘン、どお?立派でしょ posted by (C)緋佳

良いご縁に恵まれて・・
この時から、
我が家のオスはミスターくんと名付けられました
ここはボクのうちだよ~君はボクのお嫁さんだよ~
ここはボクのうちだよ~君はボクのお嫁さんだよ~ posted by (C)緋佳

今度こそ巣作りOK
あなた、今度は私よ
あなた、今度は私よ posted by (C)緋佳


順調に5個の卵を生んで
異常なし
異常なし posted by (C)緋佳

無事に5羽の雛が育ちました
さあ、なかないでね
さあ、なかないでね posted by (C)緋佳 


巣立った雛たちはいつまでも甘えん坊

ただいまぁ~~
ただいまぁ~~ posted by (C)緋佳

5羽揃ってのお泊りは巣立ち2日目まで
あとの3羽が9日目まで揃って巣で寝泊り
とうとう怒ったパパに1羽が標的にされ怒って追い出された~
何度も何度も・・・「パパ、お願い!」って言ってたのにぃーー
暗くなってから追い出され、初めての一人ぼっちの夜 大丈夫だったかなぁ~
パパの毅然とした態度に他の子もママも唖然
パパの動きに合わせて、アレ~アレ~、って雰囲気で見てました
あとの2羽には怒らなかったのに、、追い出された子は男の子だったのかしら~

翌日からは姿を見せるだけでもうお家には入りません
元気に逞しく生きていっておくれ メデタシメデタシ

 
≪二度目の子育て≫

一度目の雛たちの世話をしながら玄関外の巣台に新しい巣をつくり始める
巣作りセッセ、セッセ
巣作りセッセ、セッセ posted by (C)緋佳

大家が外に巣台を準備したのは初めての試み

大家さん、生まれましたよ
大家さん、生まれましたよ posted by (C)緋佳

5個の卵を産んで雛が生まれて 
あと1個
あと1個 posted by (C)緋佳


外での子育ても順調かと思ったのもつかの間

生後4日目に、た、たいへんな出来事が起こってしまった

一羽だけ残った雛  守るためにはどうすればいい 
赤ちゃん、一羽!
赤ちゃん、一羽! posted by (C)緋佳

大家はオロオロ、オロオロ、ドキドキ、ドキドキ ・・どうしよう

このままでは雛を守ることが出来ないかも
始終見張っていることもできないし
大家は気が気でなく、夜も安眠できないのは明らか
一度獲物の在り処を見つけたヘビは執拗にねらってくる
ヘビ避け対策が後手にまわった大家のせいだぁ~

よ~し! どう転んだってやるっきゃない!

ママつばめもヘビを恐れてか、夜は巣で寝てなかったので
大家は巣台をはずして巣を家の中に移動させる

チビちゃんお口あーーん
チビちゃんお口あーーん posted by (C)緋佳

さあ、ごはんよ
さあ、ごはんよ posted by (C)緋佳
一度目と同じ場所に巣をおいたら雛の世話を始めたのでホッ

そのあとママは卵を3個追加産卵

ママとチビ、お昼ね
ママとチビ、お昼ね posted by (C)緋佳

大きくなったね
大きくなったね posted by (C)緋佳

しかーーし、卵3個は7日目にて抱卵中止 
チビ誕生19日目のこと

ママとチビ
ママとチビ posted by (C)緋佳

巣立ちと抱卵が重なる・・・ 
卵よりも目の前にいる雛を選んだのか
つばめさんの思惑は?大家の想像の域をでない


強運の一人っ子
よし、行くぞ!
大家さん、お世話になりました posted by (C)緋佳

7月25日無事に巣立った
空を飛べる喜び
空を飛べる喜び posted by (C)緋佳

大空を舞う姿に生きることの素晴らしさを思って
大家は感動で胸がいっぱいになった

そして、小雨の中を
、、、巣立ち初めての夜を外で一人ぼっちで過ごす幼い雛泣き顔
ひとりぼっち・・
ひとりぼっち・・ posted by (C)緋佳

でも、どんなときでも、大家の感傷なんて意味のない世界
あくまでも逞しく生きていってくれることを願うばかり
翌日はパパママがお家の中でねなさーいと誘ってくれたので良かった~

※抱卵中止となった卵については後日中身を確認
それぞれに成長に差のある雛が中に、、合掌




応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議 
web拍手
2008年のまとめ | コメント(0)

2007年の記録 巣の撤去は大家のミスごめんよ~

2012年11月30日
【2007年の記録】

●やってきた日 4月11日
≪一回目≫
●卵の数 6個 
●巣立ち 6羽
●卵を産んだ日 5月11日~16日
●卵が孵った日 5月29日3羽、31日2羽、31日1羽
●巣立ちした日 6月18日1羽、19日4羽、20日1羽
≪二回目≫
営巣なし
●お別れの日 8月22日

≪一度目の子育て≫

前年2回目の営巣が玄関内ライトの場所だったので
今年は初めからこの場所のライトを取り外して巣台を設置

4月11日いきなりなんの躊躇もなくツバメが飛び込んできた
昨年のオスとは違うようだけど、、、
どうかな、燕尾が生え変わっただけかしら

しばらくしてお嫁さん決まって、ご夫婦力を合わせて巣作り開始
2007年4月30日
2007年4月30日 posted by (C)緋佳

が、そこへ、巣を乗っ取りにきたツバメのせいで巣は崩壊

2007年5月2日
2007年5月2日 posted by (C)緋佳

まあまあ、巣作り始まったばかりだったので
まだまだこれから、気を取り直してね

2007年5月5日
2007年5月5日 posted by (C)緋佳

お熱いご夫婦
交尾
交尾 posted by (C)緋佳

巣が完成してから五日後に産卵6個
2007年5月16日
2007年5月16日 posted by (C)緋佳

元気な赤ちゃん誕生
2007年5月29日
2007年5月29日 posted by (C)緋佳

気前のいいご夫婦
卵の殻 たくさんもらっちゃった~
2007年5月29日
2007年5月29日 posted by (C)緋佳 

6羽の雛、末っ子ちゃんはお誕生日2日遅れ
6羽きょうだい  

末っ子ちゃん巣立ちも2日遅れ
でも、問題なく無事に巣立つ
2007年6月20日
2007年6月20日 posted by (C)緋佳

雛たちは、末っ子が巣立ってから
ちょうど一週間、毎日帰ってきて巣で寝ていた

2007年6月23日
2007年6月23日 posted by (C)緋佳
(一羽足りないのが気になりますが)

6月26日から帰ってこなくなりました
何事もなく無事に元気で、メデタシメデタシ


≪二度目の子育て≫ 
巣立ちして一週間、雛たちが帰って来なくなったので巣を下ろしてみた
引き続いてその巣をそのまま使えるかと思ったが、
ダニのほかにもなにやら小さな小さなウジムシのような生き物が
もぞもぞとしているのを見てしまった

ツバメさんたちに悪い影響を与える虫たちではないかもしれなかったが
巣は家の中にあるので見てしまったものは気持ちが悪い

今年も二度目の巣は新築してもらおうと、大家は決心
いつも二度目の営巣は新築していたので大丈夫だよね
って思って、巣を撤去

しかし

これは大家の判断ミス

雛たちが帰って来なくなって3日目の6月29日
巣作りする間もなく産卵が始まって 
巣作りが間に合わずに止まり木で産卵
卵は床に落ちて割れてしまった

あ~! 大家はオロオロ、オロオロ、ドキドキ、ドキドキ ・・どうしよう

でも、割れた卵は、もうどうしようもない

ごめんよ~! ゆるしておくれ~~!

急いで大家の手作りで巣を作成したものの、使用してくれず。。
小鳥用の藁巣の周りを粘土で固めた巣、ダメ

帰ってきたピーちゃんご夫婦は、大家手作りの巣を見て
ピチーピチーピチー・・・と少々パニック状態になりました
見ている大家はハラハラドキドキ・・・・・
もーーどーすればいいのか・・・・・
じっとガマンで様子を観察

しばらく時間が経つと奥さんの方は興味が湧いてきたみたいで
周りを飛びながら偵察している雰囲気でした
でも、ピーちゃんは、警戒心取れず
奥さんに「行っちゃダメ、行っちゃダメ」の繰り返し

二人ともお気に入りの止まり木に止まることができずに
夜はとうとうご夫婦で初めての外泊となりました

と言うことは、卵は・・・・・
この巣では産まないことが決定したんだよね



止まり木にとまっての産卵
卵が床に落ちて無残なことになり
営巣は失敗に終わってしまった・・・

泥を運んできて新たに巣作りを始める気配もあったけど
奥さん、3回目の産卵は、ちょっと体力使うものね
結局、パパも巣作りあきらめ

でも、営巣失敗するも、南に渡るそのお別れの日が来るまで、
子育てに苦労することもなくノンビリと過ごされて
8/9ご夫婦
8/9ご夫婦 posted by (C)緋佳
離婚もなさらず、お泊りなくてもずーっと大家宅に通ってきて
まるで我家で飼っている小鳥のようで可愛かったよ

失敗に懲りずに
来年また、ご夫婦そろって帰ってきてね


応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議 
web拍手
2007年のまとめ | コメント(0)

2006年の記録 燕尾曲がりパパの頑張りと目のない雛

2012年10月29日

【2006年の記録】

●やってきた日 4月3日
≪一回目≫
●卵の数 5個 
●巣立ち 5羽
●卵を産んだ日 5月9日~13日
●卵が孵った日 5月27日2羽、28日3羽
●巣立ちした日 6月15日1羽、16日4羽
≪二回目≫
●卵の数 5個
●巣立ち 4羽
●卵を産んだ日 7月2日~6日
●卵が孵った日 7月19日1羽、20日3羽、21日1羽
●巣立ちした日 8月10日2羽、8月11日全羽
●最後に泊りに来た日 8月13日 

2006年ご夫婦
おお、昨年と同じパパだ!

≪一度目の子育て≫
巣作りは昨年と同じ場所に新築
息がピッタリと合った巣作りに同じ奥さんかな~と思ったけど
作った巣の感じが違うので新しいお嫁さんらしい 
5羽の雛が無事に孵化、しかし
雛たちの誕生10日目にしてママが行方不明となる

2006年ママとヒナたち
行方不明になったママ

パパ一人で5羽の雛を育て上げられるかどうか・・
あきらめて育児放棄してしまわないだろうか、、 心配で心配で

大家はオロオロ、オロオロ、ドキドキ、ドキドキ ・・どうしよう

育児放棄する前に手を打たねば
目の前で雛が弱っていくのを見過ごすわけにはいかんでしょ

よ~し! どう転んだってやるっきゃないわい!

ご飯が足りずにいつもビービービービー泣いてる雛たち
泣いている間はまだ良いけど、、、その元気のあるうちにやらねばね
大家は巣の横に脚立を立てて「大家ママですよ~~」
頭をつぶしたミルワームと いろんな昆虫を食べさせてあげたよ
巣立つまで、様子をみながら、一日に3回くらいね
毎日毎日たいへんだったけど、愛しい雛たちとの大家の思い出

育児熱心なパパのおかげで無事に巣立った5羽の雛たち
巣立ちの様子
http://plaza.rakuten.co.jp/wan2nyan1nikki/7006/
http://plaza.rakuten.co.jp/wan2nyan1nikki/7007/


巣立ったあとは、パパ一人での一週間の教育
さぞかし忙しかったことでしょうね

片燕尾曲がりのパパつばめ ご苦労様
こういうとき、動物を尊敬する気持ちになる大家ママ
小さな命がとっても偉大に感じられる
そして、そういう命を大事にしてゆきたいと決意する

2006年一番子たち
朝と夕暮れ時にはパパと一緒に子ども達が家の周りを飛び交いました
でも、夜はパパつばめだけが帰宅して玄関内でご就寝
子どもたちはどこで寝てたのかなぁ


≪二度目の子育て≫ 
雛を巣立たせて一週間後、新しいお嫁さんが~~
、、あらまあ、早い再婚ですこと

こちらの父さん、奥さん亡くしたのに立派に子ども達を育て上げたんだって~
ねー偉いヨねえ、こういう甲斐性のある旦那さんを持つと幸せだよね
燕尾が一本で男前じゃないけど、男は見た目じゃないよね~
うんうん すぐに新しいお嫁さん決まったらしいよ~~

2006年

・・・父ちゃーん、新しいお嫁さんと幸せにね
・・・おっ、息子たち、娘たちじゃないか、元気で立派なツバメになるんだよー 


新しい奥さんと一緒にお泊り
2006年

そして新しい巣作り本格的に開始
ところが、パパはいつもの巣台にせっせと巣作りしているも~
 
2006年

奥さまの方は夜の寝床にしていた電灯の笠の上に泥を運び始め

2006年巣


結局はパパが折れて、ママの希望どおり玄関内ライトの傘に新築
(以来、翌年から大家は毎年ここに巣台を設置)
あなた~ マイホーム新築ね~ ルンルンルン
ちょっといつもと場所が違うんだけどーー
あなた、お願い、ネ、ここで良いでしょ? 電灯の笠の上よ
仕方ないなあ、可愛いハニー 君がそう言うんなら


新築した巣では5羽の雛が生まれた
今度こそ、何事もなく、順調にね、と祈ってた大家だったのに・・   
生後一週間のときに一羽の雛に異変が

写真を見ていて発見、眼球のない子が一羽
2006年眼球のないヒナ

大家はオロオロ、オロオロ、ドキドキ、ドキドキ ・・どうしよう

でも、今回ばかりは
自然の掟に従わねばなるまい
それが、どのような形になるのか・・

そうだよね! パパママに任せるっきゃない!デショ

と思った次の日

気がついたらすでにその子は淘汰されていなくなってた
大家の知らぬまにその子は巣から運び出されていてどこにも姿がない

2006年ヒナたち

パパママの果敢なる決断と勇気に尊敬の念でいっぱいになった大家
身近に観察できるからこそ見ることのできた自然界の厳しさ
私などがあれこれ思い悩む必要などなし

無事に巣立ちしたヒナ4羽、一日目の夜は近くの木で夜を過ごす
翌日は巣に戻って寝てくれけど、巣の中にもどって寝たのは一日だけでオシマイ

メデタシメデタシ
 

応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議 
web拍手
2006年のまとめ | コメント(2)

2005年の記録 片燕尾曲がりご夫婦と瀕死の末っ子ちゃん

2012年10月27日
 

【2005年の記録】

●やってきた日 5月3日
≪一回目≫
●卵の数 5個 
●巣立ち 5羽
●卵を産んだ日 記録紛失
●巣立ちした日 記録紛失
≪二回目≫
●卵の数 4個
●巣立ち 4羽
●卵を産んだ日 記録紛失
●卵が孵った日 7月25日2羽、26日1羽、27日1羽
●巣立ちした日 記録紛失
●最後に泊りに来た日 記録紛失


≪一度目の子育て≫ 
燕尾曲がりパパご夫婦
玄関から二階へあがる途中の壁に巣を作る

もともとここは階段ライトが付いてるところ
ご夫婦が「ここで巣作りさせてくださーい」と仰るもので
ライトを取り外して巣台を付けてあげました
2005年燕尾曲がりパパご夫婦

やっぱり、止まり木あると良い感じ

雛が孵ってすぐのころ、他所のご夫婦が巣を覗き込み
雛にイタズラをしかけたことがあったくらいで
他には何の心配もなく5羽の雛が無事に巣立ちを迎える
巣立ったあとは、一度も巣には帰ってこない
ちょっと寂しい気もする大家でしたが
無事な子育て終了メデタシメデタシ


≪二度目の子育て≫
一番子が使って汚れた巣にはダニがわいて、撤去したところ 
ご夫婦は巣立ちから一週間後に新しい巣を同じ巣台に新築開始
だいたい一週間で新築工事終了して4個産卵抱卵

そして、無事に4羽が孵化、今回も順調に子育てが進むと思いきや
孵化して一週間くらいのときのことでした
あれれ~何度数えても3羽しか顔を出してない
心配でどうしたのかと思って巣の中の写真を撮って見たら
末っ子ちゃんが、逆さにひっくり返って瀕死状態になっているじゃあありませんか~

2005年瀕死の末っ子

大家はオロオロ、オロオロ、ドキドキ、ドキドキ ・・どうしよう
一瞬悩むも、、
よし! どう転んだってやるっきゃないでしょ!

末っ子には奇形などなく、また前日まで他の雛と同様に
元気であったことを考えると先天的な原因とは思われない
二日遅れで孵ったことでの他の雛との体力の差による
単純な餌の摂取量不足からの衰弱ではないかと考えられた

親ツバメは子育て継続中で救助はあくまでも補助的なもの
餌を食べさせた後は巣へもどすことが可能なので
親のもとで野生としての教育も受けて生きてゆくことができる

と言うことで、末っ子の救助を決心した大家でした
慎重に慎重に巣から取り出した雛がこの子

2005年救助した末っ子
 

大家は末っ子を巣から取り出して、小さなミルワームをつぶして口に押し込んだ

(ミルワームは大家宅にて常時飼育繁殖しています)
参考2009年01月12日記事


ひと口ゴックンした末っ子は、目を覚ましたように次々と食べる食べる
お~~~生き返ったかい
巣にもどった末っ子しゃん、それからは誰よりも元気いっぱい
テストステロンを多くもらってたに違いない

2005年末っ子元気

結局、私のお手伝いは1度だけで終了
弱るのもあっという間だったけど回復もめざましい
小さい命って、生か死かは、 ほんのちょっとしたことで左右される
危うい存在なんだなあ、と実感

2005年4羽きょうだい
(それぞれの孵った日です)

そんな末っ子ちゃんもパパママの愛をたくさん受けて
みんなより1日遅れとなったものの無事な巣立ち、メデタシメデタシ
巣立ってから数日間は、兄弟一緒に玄関外の電線にて夜を過ごす

2005年巣立ち雛たち
空にはもう秋の気配が・・

ちなみにこの年は「家の中にツバメの巣が」ということで
「ツバメかんさつ全国ネットワーク」の紹介番組のテレビ取材を受けました~
大家自身もバッチリ出演したのでありましたが
「ツバメを大事にしてください」とのメッセージはカットされてて残念でした

応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議 
web拍手
2005年のまとめ | コメント(0)
 | HOME |