05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

台風後にツバメさん見っけ~あらヒヨちゃんたちも

2016年08月23日
台風が次から次へときますね

台風9号では、
大家宅周辺地域でも、避難準備勧告が出ましたが

大雨がおさまった午後6時ごろ

あっツバメさんだ~!

あっツバメさんだ
あっツバメさんだ posted by (C)緋佳

ここのところ、全く、ツバメさんを見てなかったのですが
久しぶりに数羽のツバメさんを見かけました


1羽が、サーーッと大家の近くに飛んで来た

おおお~  挨拶ありがと

久しぶり~
久しぶり~ posted by (C)緋佳

元気でね~




台風の翌朝には、
巣立ち以来姿を見なかったヒヨちゃんが

里帰り
里帰り posted by (C)緋佳



3羽きょうだい一緒に水浴び

水浴び
水浴び posted by (C)緋佳

巣立ちして、ちょうど一ヵ月
まだきょうだい仲良く過ごしてるんだね~


パパママの姿はなかったけど、、

もう、ご飯も自分で調達

と、思ったら、食べ損ねて落としちゃった~

あっ落とした
あっ落とした posted by (C)緋佳

元気な姿を見せてくれてありがと

お水を新しくしておくから、また水浴びにおいで~



ポチッとthanks 
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(4)

ウグイスが鳴いていました

2016年02月18日
散歩中に、大きな白梅の木にさしかかったとき

いきなり

ホーホ、ホケッキョ
ホーーホケキョ
ホーーホケキョ


と、耳元で大きな鳴き声

白梅もほぼ満開に近く

空気は冷たくても、もう春なんだなぁ~


あああ、もう来月は3月じゃあないですか~

もうツバメの初認情報も届いているようです

バードリサーチ季節前線ウォッチ

私も、ウグイスの初鳴きを登録させていただきました


いよいよ、今年も、ツバメさんの季節の到来ですね!


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(6)

雪が積もると

2014年02月23日
今年は雪が多いです
雪が積もると普段以上にたくさん集まってきます

スズメたち
スズメたち posted by (C)緋佳


キジバトって、ふだんは
みんな一緒に仲良く食べるってことないのですけど

雪の日はお互いにケンカする余裕もなく
一所懸命に腹ごしらえしています

猫の楽しみ
猫の楽しみ posted by (C)緋佳

そんな鳥たちを窓越しに楽しむ猫です


今年もまたよろしく~
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ  


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(2)

大雪

2014年02月15日
雪の朝7時 キジバトとスズメ

集まってきたよ
集まってきたよ posted by (C)緋佳

雪の日は餌がとれないだろうと思って餌をまいてあげたら、こんな感じに
普段はこんなに一緒に集まって来ることない、雪の日は特別

もっとたくさんお食べ~とあげたいけれど
すぐに逃げて行ってしまう野鳥のキジバトさんたちです
スズメもキジバトも警戒心強いです

ヒヨドリは餌台でパンくずを食べました
ヒヨドリはまた違った可愛さがありますね

雪の日は鳥さんたちの観察
窓越しで楽しんでます


今年もまたよろしく~
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ  


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(2)

ツバメの巣の住人はスズメ 高畠町役場の北側軒下、“住宅難”で苦渋の選択?

2013年06月24日


ツバメの巣の住人はスズメ 高畠町役場の北側軒下、
“住宅難”で苦渋の選択?

山形新聞 6月24日(月)14時15分配信

 高畠町役場庁舎の北側軒下に所狭しと並ぶツバメの巣。東南アジアなどから日本に渡ってくるツバメにとって春から初夏にかけては繁殖の季節だが、飛び交っているのは間借りのスズメばかり。野鳥の世界の“住宅事情”とは―。
 現在の庁舎は1968(昭和43)年の完成。元町職員で町営体育館・町武道館長の安藤好さん(62)は「完成して何年後かにはツバメが営巣していた。季節のあいさつでよく話題になった」と振り返る。一方、30代職員らは「スズメしか見たことがない」という。

 本紙で「やまがたの野鳥を聞く」を連載中の簗川堅治日本野鳥の会県支部長(46)はイワツバメの巣と推測。「スズメは本来木の穴など隙間がある場所で子育てをする。隙間のない近年の建物は適さず、スズメにとって“住宅難”。ツバメの巣を横取りした可能性もある」と解説。ツバメは泥、スズメはわらなどを使い営巣する。巣の材料が違ってもスズメにとってはほかに場所がなく、消極的選択の結果のようだ。

 鳥の巣が多いと気になるのがふんの被害。使われている巣が半分程度とあって来庁者は「気にならない」「巣に気付かなかった」。簗川支部長は「特に問題がなければそのまま見守って」と話している。



スズメは、ツバメの巣にいたずらをする敵だと
言われることもありますが
ツバメにとって住みにくい世の中になっていると同じに
スズメにとっても住みにくい世の中になっています

ツバメは稲の害虫を食べてくれる鳥として大事にされてきました
スズメも、子育ての時期は、害虫をたくさん食べてくれるにもかかわらず
稲を荒らす害鳥として嫌われてきました

そういう歴史が積み重なって
ツバメは警戒心が弱く、スズメは人への警戒心が強い鳥となりました

ツバメのほうが、人への警戒心が少ないので
スズメよりもツバメを愛でる方が多いですが
どっちをより大事にするということではなく
どっちも大事にしてあげたいものだと思います


≪以下 追記≫
スズメは、お米を作っている農家にとっては、益鳥とは言えないでしょう
スズメは雑食性であり、虫のほかに、イネ科を中心とした植物の種子を食べるので
まさに農家にとっては、困った野鳥に違いありません

しかし、益鳥か害鳥か、って区別は、人の都合によるもの

もちろん、だからって、稲を食い荒らしても良い
と、言ってるわけではありませんので、誤解のなきようにお願いします


人は地球を支配しているつもりになっていますが
地球は人だけのものではないってこと
一つの種の命は、まわりまわって、人へも返ってくるということ

鳥獣保護法と生物多様性について

スズメがいなくなったら、どうなるか・・


世界史上最大の虐殺魔・毛沢東
毛沢東は1958年から62年にかけて、大躍進政策を推進した。全国の農村に原始的な溶鉱炉を築かせて、製鉄事業に着手させたのだ。農民は農作業を放棄して、鉄の生産を競い合いあったから、農業生産物は激減した。燃料の薪を手に入れるために樹木は切り倒されて、山は丸坊主になった。この結果激しい飢饉が起こり、中国全体で3000万人もの餓死者が出たといわれる。
1955年、中国の毛沢東が「雀は悪い奴だ」と言ったとたん、中国各地で雀の大虐殺が始まった。
雀抹殺専門の突撃部隊が2400作られ、1年で11億匹の雀を虐殺し、1967年迄に雀を浄化すると宣言した。しかし、雀を殺し過ぎて雀が食べていた昆虫が大繁殖して、大凶作に見舞われた。この愚行により、中国全体で4000万人もの餓死者が出たといわれる。

「文化大革命」は1966年5月に始まり1976年10月の「四人組」(毛沢東夫人江青をかしらとする反革命集団)粉砕までの10年と5ヶ月で終わりを告げた。それは共産党の最高指導者である毛沢東が自ら起こし、その指導のもとに億万大衆が参加するという長期にわたる特殊な大衆運動であった。
この期間、知識層などを中心に2500万人が虐殺されたといわれる。
http://current-affair.blog.so-net.ne.jp/2006-02-19-2



スズメの撲滅、6分50秒くらいから



昔ながらのカカシも役に立つようです
稲穂の番 今年も雀寄せ付けず

ツバメの巣の近くにカカシを立てておくことで
スズメなどがツバメの巣に来るのを防止できそうじゃないですか


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ  
 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(6)

釧路のタンチョウ給餌場で

2013年01月31日
 


つがいの絆 釧路のタンチョウ給餌場
2013年01月24日

■飛べない「K子」に雄は寄り添う

 【横山蔵利】冬を越すために、国の特別天然記念物・タンチョウが給餌(きゅうじ)場のエサを求めて次々と飛来する阿寒国際ツルセンター(釧路市)。その中に、1羽だけ歩いてやって来るタンチョウがいる。羽が折れて飛ぶことはできないが、つがいの雄が見守るように寄り添っている。

 このタンチョウは、足に個体識別リング「K02」がついていることから、「K子」の愛称で呼ばれている。@@@会員向け@@@2001年、タンチョウを自然に近いかたちで保護している釧路丹頂鶴自然公園(同市)で生まれ、今は人間の年齢でいうと30~40代。毎年、餌が少なくなる冬の時期に、同センターに飛んできていた。

 ところが昨年11月から、飛ばずに歩いて来るようになった。何かに引っかかるなどして、右の羽を骨折したらしい。治療をしても、再び飛ぶことが難しいほどの重傷だった。

 K子にはつがいの雄がいて、いつも給餌場で一緒にエサを食べている。センターの河瀬幸主任解説員によると、つがいは片方がけがをして集団生活ができなくなると、関係が解消されることが多い。だがこの雄は、「一緒に飛んで帰ろう」とばかりにK子の前で飛ぶしぐさをするなど、仲むつまじいという。

 飛べないK子は毎夕、上空を回って仲間のもとへ戻る雄の姿を見送りつつ、センター近くのねぐらへ歩いて戻っていく。エサの心配がなくなる春になると、タンチョウは湿原へ帰っていくが、センターの職員たちは「2羽の絆が続きますように」と願っている。




ニュース記事の写真での
翼についてる氷の塊は給餌係さんが取ってくれたそうです

K子ちゃん始めタンチョウさんたちの毎日の様子を
阿寒国際ツルセンター主任解説員のミキィさんのブログでどうぞ
鳥さんたちの美しい写真が満載です
タンチョウ&ミキィ


応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(2)

移住アホウドリ初の産卵を確認

2012年12月11日
ツバメが減ってしまった
コウノソリがショック死した
若いシマフクロウが死んでいるのが発見される件数が多くなった
と、いうような悲しい話ばかりが耳に入ってきますが

そんな中で

移住アホウドリ初の産卵を確認
12月7日 16時25分

という記事をみつけましたので
一部を転載ご紹介しますね

『アホウドリは羽を広げると2メートルを超える日本最大級の海鳥です。
かつては北太平洋に広く分布し、数百万羽ともいわれる数がみられました。

しかし、羽毛を採取するために乱獲が進み、一時は絶滅したとさえいわれ、戦後、伊豆諸島の鳥島で10羽ほどが確認されたのをきっかけに、地道な保護活動が続けられた結果、新たに再発見された尖閣諸島のものと合わせて現在ではおよそ3000羽まで数が増えました。

しかし、アホウドリの8割以上が繁殖する鳥島は日本でも有数の活火山。
最近では、平成14年8月にも小規模な噴火をしています。
もし、繁殖の時期に大噴火が起きれば、せっかく数が増えてきたアホウドリが一気に全滅してしまうおそれがあります。

そこで、世界でも例を見ない大がかりな作戦が始まりました。
鳥島から南に350キロ、かつてアホウドリが生息していた小笠原諸島の無人島、聟島(むこじま)に新たな繁殖地を作ろうというのです。
アホウドリは育った場所を覚え、そこに戻って繁殖する習性があります。
幼いヒナのうちに聟島に移して育てれば、そこが自分の生まれ育った場所として認識し、戻ってくるのではないかと研究者は考えたのです。

移住作戦が始まったのは平成20年2月。
10羽のヒナがヘリコプターで鳥島から聟島に初めて運ばれました。』


(中略)
2012年までの5年間で合計70羽のひなが鳥島から聟島に移されて飼育され、69羽が巣立ち

『朗報が入ったのは去年2月。
最初の年に巣立った10羽のうちの1羽が聟島に戻ってきたのです。

順調にいけば1月半ばにもヒナが誕生するとみられています。』



聟島への繁殖地移動作戦 
興味深い試みで気になっていました
成功への第一歩が踏み出され嬉しいことです

これから、若鳥たちが、どんどん聟島で繁殖を続けて
アホウドリの楽園になるとイイですね

ここまでの取組をがんばってこられた方々に感謝です、そして
こういう取組に真剣に打ち込むことができる方々が羨ましくもあります~
さぞかし感無量でらっしゃることでしょう


アホウドリ 復活への展望(山階鳥類研究所HP)

アホウドリについて、もっと知りたい方は
アホウドリ復活への軌跡(東邦大学)


そういえば、、、デコイ作戦のときには
実物そっくりの模型に恋したアホウドリ「デコちゃん」の話ありましたね
人に翻弄されたアホウドリの悲恋物語、9年間も続いたとか
もっと早くにデコちゃんが選んだ模型は使わないようにすれば良かったのに、
とかオバサンは思うのですが、

お読みくださいデコイNo22
ああ、良かったですねぇ


≪追記 2013.1.30≫
【 2013年1月21日 期待のアホウドリの初ふ化、無精卵だった 】
残念でしたがこれからが期待できそうですね


応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(0)

コウノトリ捕獲でストレス死、足環をつけたツバメ

2012年12月01日


コウノトリ:捕獲作業中に3歳の雄死ぬ…兵庫・豊岡
毎日新聞 2012年11月30日 17時56分(最終更新 11月30日 18時20分)

 兵庫県豊岡市の県立コウノトリの郷(さと)公園は30日、国の特別天然記念物・コウノトリが捕獲作業中に死んだと発表した。3歳の雄で、今年5月、放鳥2世同士のペアとなって国内初のひなを誕生させた貴重な親鳥だった。捕獲作業中にコウノトリが死んだのは初めて。

 同公園は野外で生息するコウノトリの性別やDNAを調べるため、個体を識別する足輪を付けている。職員7人が同日午前8時ごろ、同市森津地区で、筒から網が飛び出すネットランチャーで捕獲。足輪を付けて採血した後、血圧低下などの異常がみられ、心臓マッサージをしたが約30分後に死んだ。捕獲に伴うストレスでショック死したらしい。

 大迫義人・同公園研究部長心得は「野生復帰を前進させていくペアだっただけに、非常に残念だ」と語った。現在、野外にいる国内のコウノトリは約60羽で、うち55羽に足輪を装着している。【山田英之】



ツバメも研究のために足環をつけられることもありますけれど
渡り鳥と足環(山階鳥類研究所HPより)

ねぐらにカスミ網をしかけて、いっせいに捕獲
きっと放鳥されるまでに息絶えるツバメもいる
足をひねったりして怪我をする子もいる
ツバメにしてみれば、研究なんて、余計なお世話だよね~
ツバメのためとは言いながらツバメを苦しめる
人間の知識欲は時にして残酷

応援ポチッ
ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ 

コチラも
ポチッとありがとうございます 


大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(0)

鳥の首ってなぜグルリとまわるのかなぁ~

2012年06月20日

ミスターご夫婦の様子はなんら特記するようなこともなく、、、

でも、
ミスターくんが留守にする時間が短くなってきたように感じるのは
気のせいかな~

玄関の中の電線で寛いでるのをけっこう見かけた一日でした

パパ、のんびり~
パパ、のんびり~ posted by (C)緋佳
(本日の写真ナシ 5月28日撮影)

とにかく、
一日も外泊することのないご夫婦

夫婦そろってご就寝の姿を確認して

あぁ~今日も無事に~と安堵する大家でございます

本日も、ご夫婦お揃い~


【6月20日大家宅周辺のお天気】
くもりときどき晴れ
最高気温 27度
最低気温 23度
風向風速(m/s)南9南東3南5南南西3東2南5南6南3
午後9時 気温25 湿度72

ああ、蒸し暑い一日でしたね~

さて、
鳥が首をグルリと回すことができるのはなあぜ~
特にフクロウなどは270度も回転可能だそうです
その一番の理由として考えられることは・・

(1)首の筋肉の構造がねじりに強いから
(2)体に対して首が細くて長いから
(3)骨が軽くできているから
(4)首の骨の関節が伸びるようになっているから
(5)首の骨の数が多いから

正解は(5)首の骨の数が多いから でした~

私たち哺乳類は、頚椎の数はふつう7個と決まっています
これは、首のながーーいキリンも同じ、首がないように見えるクジラも同じ

ところが、鳥類は、頸椎の数が他の脊椎動物よりも多く
首を柔軟に動かすことができるようになっています
関節が多いほど柔軟に曲がることはお分りになりますよね

フクロウの仲間の頚椎の数は、14個
私たちの2倍の数あるんですね~

では、では、
首のながーい白鳥さんの頚椎の数はいくつあると思いますか~

これ、また、問題にしちゃいます
首のながーい白鳥さんの頚椎の数は・・

(1)25個
(2)22個
(3)20個
(4)18個
(5)14個

哺乳類は、みんな7個でしょ、首のながーいキリンもね
フクロウは、14個だってことだから~
首がながーくても同じ鳥類だからフクロウと同じ数かな
それとも、違うかな~~

鳥の首の不思議にポチッ
本日は3位ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ

2位ありがとうございます 


日本野鳥の会消えゆくツバメを守ろうキャンペーン
バードリサーチツバメの駅プロジェクト(ツバメの里親さん募集中) 

大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ | コメント(0)

つばめの夫婦30%が浮気の子(その2)

2012年02月15日
先日ツバメのヒナのうち約30%が浮気で生まれた子であると書きました
つまり、オスだけでなく、メスも浮気をしているってことになりますね

オスのみだけでなく、メスにとって浮気をするメリットってなんでしょう

『強い遺伝子を持つオスと夫婦になる機会に恵まれなかったメスでも
強いオスと浮気をすることによって、良い遺伝子を持つ子孫を残すことができる』
ってことでしょうか

そして、やはり、良い遺伝子を持ってる、もてるオスは浮気相手にも不自由せず
たくさんのメスとの間に子孫を残すことができるのでしょうね~

オスは、自分の巣が襲われて、育てているヒナたちが全滅することになっても
他の巣で自分の子孫がちゃんと育っているということになりますね

我家のミスターくん、留守の時間が長くて、心配したことが何度もありましたが
そっかー!やっぱり~!浮気してたのか~~!って感じですね~

でも、ミスターくんには、ちょっと注意を喚起しておきましょう

『あまり留守の時間が長いと、、、
奥さんにコッソリ浮気をする時間を与えてしまうことになりますよ~ん』


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



大家のブログエステルの生活
  (新しくなりました)
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ

つばめの夫婦30%が浮気の子(その1)

2012年01月19日
一夫一婦制の鳥はけっこういますよね
ツバメもそうですね
特にハトの夫婦など見ていて恥ずかしくなるほどアツアツのラブシーンを見せてくれます

でも~~、一夫一婦制の鳥でもけっこう浮気をしているらしいのです

事実、私がハトをたくさん飼っていたとき
中には浮気性のオスがいたものでございました
奥さん以外のメスに対してもプロポーズをしつこく繰り返し
ときには若いメスをどこからか連れ込み
「ボクは君を愛してるんだ、きっと妻とは別れるから、云々・・」
と言ってたのかどうかは分かりませんが
ついに想いをとげる瞬間を何度も目にしました、ガーーン

でも、そのオスは奥さんとは別れるるようなことはせず
抱卵も子育てもそれは熱心にしていました
ちなみにハトは昼間はオスが抱卵、夜はメスが抱卵をします
抱卵を交代する時の相手を気遣うような優しい仕草は見ていて微笑ましいです

それでも、何度も相手を替えながら違うメスに対してプロポーズを繰り返す浮気な夫
奥さんバトも気が気じゃなかったでしょうね~

夫が浮気相手と想いをとげようとする瞬間に巣から飛び出してきて
二人の邪魔をして翼でパンチをくらわせて怒ってました
それでも子育て中はガマンするしかないですね
それに「もてるオス」でしたから自慢の夫でもあったのでしょうね
見た目にも立派で優秀な遺伝子を持っている強いオスという感じでした

でも、とうとう、そんな夫に嫌気がさしたのか、、、、
奥さんはある日突然に家出、そして帰ってこなくなりました

奥さんは後日近くの公園で新しい旦那様と一緒に並んでいるところを発見
うーん、こんどこそは幸せになるんだよ~、と
うちに帰ってこなくなったことに寂しいと同時に応援する気持ちになったものです

一方、オスのほうは、すぐに若い浮気相手と結婚
しかーし浮気癖は相変わらずでございました~
あ~ぁ、ほんと、どうしようもないモテモテぶり・・

・・というような、実体験をもっている私ですので
野鳥の世界で一夫一婦制であってもかなりの確率で浮気をしていたとしても驚きませ~ん


で、話はツバメにもどりますが、
ツバメのヒナのうち約30%が浮気で生まれた子だということです
これは、DNAによる親子鑑定の研究結果だそうです

むむむ、というとは、
ツバメの奥さんも浮気をしているってことになりますよね

夫(オス)が浮気するメリットは

自分の妻以外のどこかの奥さんに浮気をすることでより多く自分の子孫を残すことができる

ってことになることは分かるのですが

さて、奥さんが浮気をするメリットはなんなんでしょうか・・


皆さん、考えてみてくださいね~

続きはまた、後日にでも・・




にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


 
大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議


web拍手
鳥の話題いろいろ

元気なモズくん

2011年10月13日
大家宅の隣地の木には
毎日モズくんがやってきて高鳴きを聴かせてくれています

この子は目の周りが黒、オスですねバードリサーチ 雌雄調査
トップの座
トップの座 posted by (C)緋佳

今年はモズの初認情報を登録するのを忘れました季節前線ウォッチ
先月9月15日ごろから鳴き始めています

皆さまのところではいかがですか~


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ


 
大家のブログエステルの生活
大家の掲示板ツバメ家主の井戸端会議
web拍手
鳥の話題いろいろ

卵について

2010年06月07日
1個目の産卵が5月23日月曜日でした
3個目の産卵が5月27日木曜日でした

いよいよ、今週は孵化ですよ~


さてさて、本日は、孵化をむかえる前に
鳥の卵の不思議についてお勉強してみましょうね~


**********************

複数の卵を産む鳥は、最後の卵を産み終わるまで抱卵を開始しないことが多く、
先に産んだ卵は暖められることもなく、ほとんど放置されていることになります。
これは、雛たちが孵化する日をできるだけ同じにするための知恵なのですが、
卵って死んでしまったり、腐ってしまう心配はないのでしょうか。

ニワトリの卵を念頭におきながら、卵の秘密をちょっとだけ考えてみましょうね。

腐らないわけは卵が生きているからなのですが、
その卵を守るために、卵には・・・

【その1】:卵のカラの表面にはバリアが張ってある

産卵する時に卵のカラの表面にバリアが張られるのです。
産まれた直後の卵は触るとベトベトしていて濡れて光っています。
これは産卵するときに卵管内で出る粘液です。
これがカラの表面を覆うクチクラ(キューティクル)というバリアなのです。
卵は生きていて、気孔という小さな穴で呼吸をしているのですが、
このクチクラが、気孔から卵内部へ微生物や細菌、ウィルスが侵入することを防いでいるのです。


【その2】:卵白に抗菌物質が含まれている

卵白にはリゾチームという抗菌、抗ウィルス作用、免疫を高める作用のある天然酵素が含まれています。
風邪薬で「塩化リゾチーム配合」って聞いたことありませんか?
この卵白に含まれるリゾチームを利用して各種の医薬品が作られているのです。
卵白中のリゾチームは、卵の細胞分裂が始まると分解されてしまいますが、
卵の細胞分裂が始まらなければ、室温で数ヶ月卵を放置してもその効力が残っているそうです。


【その3】:卵黄にもバリアがある

卵黄にも卵黄膜というバリアがあります。


以上のような仕組みで、卵は細菌やウィルスからガッチリ守られているので、
痛んで死んでしまうこともなく、細胞が生きているので腐りにくいというわけですね。

付け加えますと

有精卵は抱卵をしなくても温度が高いと細胞分裂を起こしやすいので、
その場合はリゾチームが分解されて効力がなくなるため、夏場には腐敗しやすいことになります。
雛が正常に育っている場合は別です。

生卵よりもゆで卵の方が腐りやすいことになります。
これは、細胞が死んでいるからなのですね。

【クチクラ層について】
クチクラは表面を保護する役割として、いろいろな生物に見られるものです。

クチクラはCuticleキューティクルとも呼ばれて、哺乳類の毛の表面に存在し毛の艶はこのクチクラによるものです。
また、カブトムシなどの甲類の昆虫の羽根の表面や、椿のようなツヤのある植物の葉の表面にも多くあるのです。

卵の表面のクチクラは水で簡単に取れてしまうのですが、卵の表面には雑菌が付着していることから
売られている鶏卵の多くは出荷前に洗浄されているので、クチクラ層も洗い流されています。
そういう意味では、細菌に対して無防備な状態となっているわけですので、
買ってきた卵は冷蔵庫に保管したほうが良いことになります。

新鮮な卵は表面がザラザラしている、と聞いたことはありませんか。
クチクラは乾くとザラザラした感じになるのですが、
古くなってクチクラがはがれてしまったり、洗浄によって水に溶けてしまったりすると
卵の表面はツルツルになります。

【卵の色について】
鶏の卵の色は、白色、褐色(濃いものから薄いものまで)があります。
この色のもととなるものは産卵直前に分泌されるポルフィリンという色素なのですが、
このポルフィリンは、血液の赤血球の中にあるヘモグロビンを構成している物質で、
卵のカラの外表面とクチクラを着色します。
着色は卵の表面だけですので、カラを割ってみると内側は白いのです。

このポルフィリンは内部の卵自体には関係ないわけですので、
「赤い卵の方が栄養価が高い」というようなことはありません。

また、茶色い鶏は茶色の卵、白い鶏は白い卵を産むような印象がありますが、
卵のカラの色と鶏の羽の色とは無関係なのです。
実際、我が家の真っ白な烏骨鶏が産む卵は薄い褐色をしています。

ツバメやその他の鳥の卵の模様を形成するのもこのポルフィリンなのですが、
『卵殻質としての卵殻強度は、褐色卵が少しまさる。
特に、内容が漏れ出るような破卵の発生率が低い。』
との記述があり、また、野鳥の卵の模様について、
『卵の模様というとカモフラージュ機能を思い浮かべますが、
それ以外にも卵の殻を丈夫にする機能も重要なのではないか』
という論文がに発表(バーダー2006年11月)されたとのことで、
ポルフィリンは卵のカラの強度を増す役目も果たしているのではないかと思われるのです。

また、卵の色は鶏が年を取るとともに退色し、飼料や体調によっても影響されるとのことです。

ところで、青い色の卵もあるのです。
南米チリ原産のアローカナという鶏が産む卵は薄い青色をしています。
しかし、この青色はポルフィリンとは違って、胆汁の色素であるビリベルジンと言われるもので、
卵の表面だけでなくカラそのものが青色をしているとのことです。


【卵の取り扱いについて】
卵を保管するときは、たまごの丸い方を上に、尖ったほうを下にします。
尖ったほうを下にして保管する理由は、卵黄がカラに接触すると外部からの細菌等の影響を受けやすくなるからです。
卵黄は日にちが経つにつれて上に上がってくるのですが、丸い方には気室があり、
卵黄がカラに触れずにすむわけです。

また、卵は生きていて呼吸をしていますが、この呼吸をする気孔から冷蔵庫内の匂いを吸収しやすいので、
強い匂いのするものをそばに置かないなどを考慮して保管すると良いですね。

買ってきた卵を家庭で洗う場合は、食べる直前であれば問題はないと思うのですが、
洗うことによって、水と一緒に気孔から細菌類が入り込むこともあるので止めた方が良いのです。

また、一旦、冷蔵庫で冷えた卵を常温に出しておくと、卵の表面に結露して、やはり同じ理由で
雑菌が入り込みやすくなるので気を付けなければません。
洗浄していないクチクラ層の付いたままの卵も、冷蔵庫で冷やしたあとに常温に出すと結露して、
クチクラが溶け出し、雑菌で汚染されやすくなるので注意しましょう。
溶けると触った手がベトベトするので分かります。
いずれにしても、卵を汚染から守るためには、一旦冷蔵保存した卵については必要量だけ取り出して使用し、
卵に温度変化を与えないようにすることが大事なこととなります。

また、卵は腐りにくい食材ですが、サルモネラ菌による食中毒を防止するためには、
各家庭での適切な取り扱いが大事です。
外からの汚染だけでなく、近年では産卵した時点ですでに内部がサルモネラに汚染されている場合もあり
賞味期限をしっかり守って、割った後はすぐに食べるようにしましょう。
そして、ひびの入った卵は、そこから雑菌が入るので、できるだけ早く調理して食べてしまいましょう。


**********************


以上 2007年5月23日に私がまとめた記事でございました
怠け者の大家は、今回は古い記事でごまかしました



チビちゃんたち、無事に孵ってね 
ポチリと応援ありがとうございます
2位で~す
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


【7日のお天気】
曇り晴れ 
最高気温27度 最低気温17度 
南東1 北北西3 西北西2 北北西1 北東1 南南東3 南4 南2
午後9時 気温18 湿度78

ミスターくんと奥さん、いつもと変わらず
事件も起こらず 平穏にすぎた一日でした

小窓からの出入りも、もう、完璧



こちらもよろしく!
   

2位で~す

web拍手
鳥の話題いろいろ

ヒナを拾わないで、と、ツバメ放鳥の記録

2010年05月29日
産卵が終わって抱卵にいそしむ奥さん
奥さんが留守のときには卵を守るミスターくん

穏やかに時間が過ぎる一日です

特に今日のようにお天気が悪く気温が低い日は
ミスターくんのお喋りもなく静かに時間が過ぎます

さて、本日は、
ちょっとミスターくんから離れての
お話をしてみたいと思います


**  **  **  ** 


この季節になると、地面に落ちている野鳥のヒナ鳥を見かけて、
その小さな命を助けたいと思ったことがありませんか
でも、ちょっと待ってくださいね~
その小さな命を助けたいという優しい気持ちが、アダとなる場合も多いのです
巣立ち=巣から飛んで出る=自由に飛べるようになってる
と思ってはいませんか?
ツバメは、確かにそうですよね
巣から出ることは、すでに大空を飛べること
でも、このイメージを他の野鳥に当てはめることは出来ないのです
ほとんど飛べない状態でも巣から出て一生懸命に親のあとを付いて
飛ぼうとする、その努力こそが野鳥として成長するのに必要な努力でもあるのです
まだ飛ぶ力が十分についてない巣立ち直後の野鳥のヒナが
地面に落ちているのを見つけた時どのような対応をすることが正しいのでしょうね

巣立ち直後のヒナはあまり動かずじっとしていることが多いのです。
人がヒナの近くにいると親鳥はヒナのところにやって来られません。
ヒナのためを思えばこそ、なるべく早くその場を立ち去ってあげましょう。
可愛いとか可哀想と思って、ヒナに手を出さないでね。
親子を引き離すことは「誘拐」になってしまいますのでね。

野鳥のヒナは、羽が生え揃ってくると飛ぶ力がまだ十分とは言えなくても
すぐに巣立つことが多く、うまく飛べずに地面に落ちている子もいるのですが、
怪我や病気でなければ、親鳥の給餌で体力が付き、親鳥の後をついて行こうと
ヒナ自身が努力することによって飛べるようになっていくのです。

でも、猫やカラスが心配なことがありますよね。
そのときは、ヒナを近くの茂みの中に置いたり、近くの小枝に止まらせてあげてください。
親鳥は姿が見えなくても、必ずヒナに注意をはらっています。
姿が見えなくてもヒナと鳴き声を交わすことでヒナのいる場所が分かるのです。

人が手でさわったことでヒナを放棄することはありませんので心配は要りません。

人がヒナを育てる場合には、たくさんの虫を与え続け適切な給餌が出来れば、
見た目の身体的には大きく育てられることもありますが、
どうしても栄養不足になりがちで丈夫に育たないことが多いのです。
親が与える自然の食餌に勝るものはありません。

巣立ち後は親鳥と過ごすわずかな期間で野生で生きていく術を学びます。
「どのようにして餌を得るか」「食べられるものは何か」「どのようにして我が身を守るか」
などを親から教えてもらってひとり立ち出来るようになるのです。
その親鳥から教育されるわずかな期間を人の手で奪ってしまうと、
ヒナは自然の中で生きていけなくなることが多いのです。

ママ、もっとちょうだーい
ママ、もっとちょうだーい posted by (C)緋佳

保護して育てた雛を飛べるようになったからといって
いきなり放鳥しても親のいない子は大自然で生きてゆく術を学べません。
これはツバメの雛を保護したときも同じです。
その後に待ってる一人ぼっちの過酷な運命を思うと
野鳥の雛を保護するということは
単純に体を大きく育てて放せば良いということではないのですね。

これからお子さんの学校での行き帰りの途中などで
ヒナを見かけることが増えると思いますが、ヒナを持ち帰らないように、
それは「誘拐」であることを、お子さんへもお話くださるようお願いいたします。
ヒナが、明らかに怪我をしていたり、病気に罹っているときは
各都道府県鳥獣保護係に連絡してください。
相談して指示をあおぐようになさってくださいね。
数少ない希少種のヒナが落ちている可能性もあるとのことです。

羽が生えていない裸のヒナが落ちていたときは、近くに巣があるはずです。
可能であれば巣にそっと戻してあげてくださると良いかなぁと思います。

「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護法)」によって、
保護のために飼育する場合にも許可が必要であることをご承知おき下さいね

ヒナを拾わないで!!キャンペーン
(日本野鳥の会HPより)
野鳥を保護したら
(各都道府県の野生鳥獣担当機関の連絡先リストが載っています)

そして、先日もご紹介しましたが
ツバメの雛を保護したときに参考になさってくださいね
ツバメの雛、保護から放鳥までの記録
京都野鳥の会 会誌「三光鳥」第50 号 寄稿より)
ツバメの雛の保護は他の野鳥よりも難しいことが多いのです
そういうことに関しても書かれてますので
ツバメファンの方にぜひお読みいただきたい文献です


ミスターくんも抱卵してるの?
ポチリと応援ありがとうございます
2位です、ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村
あれ~、たまぁに1位になることもあるようです


【29日のお天気】
ほとんど一日雨降り
最高気温15度 最低気温13度 
南東1 南東2 北北東1 2 北北東2 北北東4 東南東2 北北東2
午後9時(予報)気温15度 湿度88 

 
こちらもよろしく!
   

あらぁ~ うれしい3位です
 
web拍手
鳥の話題いろいろ

ガビチョウ

2010年04月23日
とっても寒かったです
一昨日よりも14度も下がりました

こんな日は、小鳥たちの声を聞くことができません
ツバメもスズメもウグイスも、シーーンとしていました

でも、そんな中で、時おりひとりだけは元気な声

それはガビチョウでした

常連さん
常連さん posted by (C)緋佳
(2009年6月23日撮影)

ガビチョウさんも寒いのは苦手なはずですが。。


えーっと、鳴き声はこんな感じです

野鳥のさえずり
by 緋佳(大家)

こちらでも聞くことができます 
    
外来鳥調査にご協力ください

スズメの調査も行うことになったとのことですので
皆さまも、ぜひ
スズメの繁殖調査にご協力ください


ポチリと応援ありがとうございます
にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村

【23日のお天気】
ほとんど一日中雨
最高気温8度 最低気温7度 
北北東3 北北東2 北北西3 北3 北3 北3 東1 北1  
午後9時(予報)気温8度 湿度90度 降水0

寒い寒い


こちらもよろしく!
   


 
web拍手
鳥の話題いろいろ

ちゅんちゅんスズメ

2010年03月17日
我家の餌台にはときどきはパンやご飯も置きますが
ほとんど毎日はウコッケイの餌の食べ残しが置かれます

冬の間、我家の餌台にはいつも1羽のスズメがきてました
たった1羽、、、、 スズメが群れていないのは寂しいですね

今日は3羽やってきていました
ちゅんちゅん、ちゅんちゅん、ちゅんちゅん、、、

今日は仲間が一緒で嬉しいよね~
スズメの鳴き声は馴染み深くて親しみがあって、私の心も和みます

スズメが減ってきているそうですよね~
昨年、スズメの個体数が、ここ50年で10分の1に減ってしまった報告が発表されましたが。。 

三上修のサイト
スズメについて(スズメの個体数推定、およびスズメの個体数減少に関する情報)

ところで、皆さん
ツバメは虫を食べてくれる益鳥、だけれど
でもスズメは稲の害鳥というイメージを持ってらっしゃいませんか

中国ではかつて農作物への害鳥としてスズメを撲滅させようとして
年に11億羽以上も捕獲したと言われています
その結果、農作物への害虫が増え、全国的に凶作となったんですって・・

日本においても、スズメは、稲の害鳥として認識されている面もありますが
むしろ稲の害虫を食べてくれる益鳥でもあるんですよね

『現在ヨーロッパの一部の地域では、日本のスズメと同じような
環境に生息するイエスズメという鳥が街中から消えてしまっています。』
という話もありますし・・・

スズメが珍しい小鳥になってしまうとしたらとっても寂しいです
日本のスズメを守ってゆきたいものですね


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


つばめの初認報告がふえてきました
つばめの場合は、ただつばめが飛んでるのを見ただけでなくて
ちゃんと巣に戻ってきた日を報告なさってくださいね
バードリサーチ・季節前線ウォッチ
ウグイスやツバメ以外の鳥の初認や初鳴きも集めています
いきものみっけでも報告を集めています


web拍手
鳥の話題いろいろ

ウグイスの鳴き声と語源

2010年03月16日
暖かな一日でした

つばめさんの声はまだ聞かれませんが
昨日から鳴き始めたウグイスの元気な声は今日も聞くことができました

ウグイスには「春告鳥」はるつげどりという別名があるんですって
なるほどねぇ~と感心する名前ですよね
他にもいろいろ別名があるみたいです
調べてみると面白いかもデスヨ

じゃあウグイスの語源は?
これは、ウグイスの鳴き声からきているとか・・

えぇ~ 「ホーホケキョ」という鳴き声からなぜ「ウグイス」に?

むかーしむかーし、鳴き声を「フークピチュ」と表現してたらしいんです
万葉集や古今集にでは、ウグイスの鳴き声は「うくいす」と記されているとのことので
当時は「ウクイス」と書いて「フークピチュ」と読んだらしいですよ
「フークピチュ」「ウクイス」「ウグイス」ってことでしょか
なるほどねぇ~

じゃあ、いつから「ホーホケキョ」に変わったんでしょうね
信濃なる鶯も法ほけ経哉
鶯や尿しながらもほっけ経
江戸時代の小林一茶はすでに「ホーホケキョウ」と詠んでいたんですね~

さて、
つばめの初認報告がふえてきました
つばめの場合は、ただつばめが飛んでるのを見ただけでなくて
ちゃんと巣に戻ってきた日を報告なさってくださいね
バードリサーチ・季節前線ウォッチ
ウグイスやツバメ以外の鳥の初認や初鳴きも集めています


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


web拍手
鳥の話題いろいろ

ウグイスの初鳴き

2010年03月15日
本日15日に、ウグイスの初鳴きを聞きました

2008年 3月16日
2009年 3月17日


そして

2010年 3月15日

毎年ほとんど同じ日に鳴き初めているんですね
あらためて気づきました

ウグイスさんすごいなぁ~

皆さんのところでは、いかがですか?

もし、初鳴きが聞けたら登録してみませんかバードリサーチ・季節前線ウォッチ
ウグイス以外の鳥の初認も集めています


にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ
にほんブログ村


web拍手
鳥の話題いろいろ
 | HOME |